FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

にほんブログ村

ハヨン卒業とその先にあるもの。

卒業シーズンの「おめでとう」には嬉しさだったり寂しさだったり様々な思いが込められています。
今年卒業されたパンダの方もいらっしゃると思いますが、APink最後の高校生である末っ子ハヨンもソウル公演芸術高校を無事に卒業したと報道されていました。
人気が出るにつれ高校にはちゃんと行っているのかと心配するときもありましたがとうとう黄色い制服ともお別れ、数多くアップされている笑顔の画像にはすっかり保護者目線で安心するshusenjin(私)なのでした。


日本の卒業式と言えば3月ですが韓国では少し早くファンミーティングや「Mr.Chu」リリースで来日した時にはすでに卒業した後・・・豊洲の手渡しでは舞い上がってしまいお祝いの言葉をすっかり忘れていました(笑)
すでに1ヶ月が経過しましたが改めて
「みんなの末っ子ハヨン、卒業おめでとう
今は芸能活動重視のためか進学しないようですがナウンやナムジュのように準備期間を取ってチャレンジするのも良いと思うし、視野を広げてより多くの可能性を引き出してもらいたいと思います。



ボミとウンジが高校卒業した年に中学卒業したハヨン、当時の3歳差はとても大きく感じましたが今は容貌だけでなくコメントや行動にも6Pinkを構成するメンバーとしてその存在感は増すばかり(笑)
日本デビュー時に「いちごいちえ」のメッセージを手渡してくれた笑顔はいまだに鮮明に覚えているくらいに。
これから成人し彼女の持つ独特の雰囲気がグループの中でどんな反応を引き起こすのか楽しみでもあり、またそうあって欲しいと願っています。


いよいよ海外でコンサートを開催するまでに成長したAPinkが次に目指すもの・・・
メンバー全員が成人する事でまた1歩大人に近づき独自のスタイルを作っていく・・・
もはや作られたコンセプトは不要となり彼女達の成長に応じた自然な姿で勝負していく・・・
彼女達同様に年を重ねているピンクパンダもまたAPinkと一緒に・・・


カムバックのたびに彼女達は大きな変化ではないけれど自分たちの成長に合った姿を見せたいと言います。
奇をてらったり、ブームに流されたりしないのが今のAPinkスタイル、5年目は次の目標へのスタートの年となるだろうし、またそこには彼女達自身の意思によるグループの存在があるでしょう。
日本を含む海外進出や本国での活動など、今まで以上に多忙な活動になればファンにとっても我慢する時も・・・しかしパンダの皆さんはお分かりだと思います。

APinkとは作られるのではなく、彼女達が作って行くグループである事を。

そしていつも思います。
パンダを自称する一個人として、それをまるごと受け入れられる存在でありたいと・・・


ではまた。
関連記事


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。