スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

にほんブログ村

ひつじ年の彼女

もう改めて書くまでもありませんが、4日に活動を終えた「LUV」が想定外の1位に輝きました。

17th Win 1月10日 音楽中心 (5回目)

1位の獲得回数を更新した嬉しさと同時に感じたのは「LUV」を、そして彼女達をいつまでも応援し続けるピンクパンダの熱い気持ち。
それはAPinkのアイドル道に魅せられた全ての人達のこんな思いを表しているのかも知れません。
~夢は終わらない~
APinkの進撃は「LUV」から「PINK PARADISE」へと続きます。

初の海外遠征に着々と準備を進めているハズですが毎日のバーチャルA活に時間を取られ進むのはYouTubeのカウンタの数ばかり・・・
そろそろ準備を開始しなければ・・・
せっかくのコンサートに心残りがあってはならないから・・・
そう思うからまたネットの中のAPinkを・・・
と無限ループに入ってしまったようです(笑)

最近は「PINK PARADISE」で検索する事が多くなりましたが、どうも出てくる画像や動画が期待しているものと違うんです。
一般的にはPINKとかPARADISEと言うキーワードは官能的なイメージが強いようで・・・ですがパンダになった時からPINKのワードに免疫が出来たらしく全く気にもしていなかったものですから(笑)
しかしA活をして違う「PINK PARADISE」に入り込んだら大変なので良い子は特に気をつけましょう、これを読んで検索しないように。
ではそろそろカウントダウンしても良い頃なので、
「ピンクの楽園」まであと12日です


さて、2015年の干支は「羊(ひつじ)」です。
ひつじ年生まれと言えば・・・もうお分かりですね(笑)
1991年生まれの妖精 パク・チョロン
Cho Rong 2015_1
少し前のKstyle.comにこんな記事がありました。

1万人に聞いた、2015年を輝かせる羊年生まれのスターTOP10は

内容的には1991年生まれのひつじ年芸能人で活躍を期待する人ランキングで、調査会社が10代から60代の1万人を対象にアンケート調査を行った結果だと言う事なので一般論として捉えて良いかと思い注目しました。
結果はほぼ期待した通りで嬉しくて仕方がありません(笑)
1位 ヒョンシク(ZE:A) 1991年11月16日生まれ 得票数1686人(16.9%)
2位 ヒョリン(SISTAR) 1991年1月11日生まれ 得票数1058人(10.6%)
3位 サム・オチュリ(タレント) 1991年4月21日生まれ 得票数868人(8.7%)
4位 パク・チョロン(Apink) 1991年3月3日生まれ 得票数552人(5.5%)
5位 ソヒョン(少女時代) 1991年6月28日生まれ 得票数536人(5.4%)
6位 キム・ゴウン(女優) 1991年7月2日生まれ 得票数468人(4.7%)
7位 ハラ(KARA) 1991年1月13日生まれ 得票数442人(4.4%)
8位 CL(2NE1) 1991年2月26日生まれ 得票数381人(3.8%)
9位 ミンホ(SHINee) 1991年12月9日生まれ 得票数339人(3.4%)
10位 カン・ミンヒョク(CNBLUE) 1991年6月28日生まれ 得票数316人(3.2%)

「まだ10代のような容姿や可愛い声で、かなりのファンを持っている。拙い発音や愛嬌たっぷりの声のいわゆる“麻薬映像”を見れば、自然に彼女の虜になるしかない。」
寸評のピンクパンダのコメントにも納得です。
もしロンママを選んでくれた回答者の年齢層が公表されていたらさらに面白い事になったかもしれません(笑)



最年長の彼女は必然的にチームをまとめるリーダーに・・・
ハヨンと並ぶと「どっちがマンネLine」と表現したくなるロンママ、常日頃から声、容姿、仕草のどれを見ても末っ子キャラが似合うのはこれからの彼女の特権になるはず。
きっと30代、40代になってもこの可愛らしい姿で長寿ドルAPinkを牽引しているでしょう
誰よりも大人だけど誰よりも少女らしい不思議な存在、そんなロンママによってAPinkはこれからも・・・



韓国の干支を調べると未年生まれの解説にこんな事が。
「人情が厚く思慮深い平和主義者、純粋で優しく運の強い人が多い。ただし小心者で優柔不断な一面があり不平も多い。」
自分はリーダーのタイプでは無いとしながらも、いつも妹達を気遣い共に喜び涙する姿に責任感とは少し違う情を感じます。
shusenjin(私)の妄想の中でもパク・チョロンは自分が前に立つよりも妹達を推して見守るようなお母さん役、年齢的にはお姉さん役だけどより大きな愛情でAPinkを包んでいる姿はやはりママなのです。
彼女の愛情はグループだけには収まらず、私達ピンクパンダにまで・・・
アイドルグループが数多くある中で精神的な安定を感じさせてくれる事はAPinkの大きな魅力であり、その「癒し」エネルギーの源は間違いなくロンママだろうと思います(笑)



今回韓国の干支を調べるのに参考にしたのは韓国観光公社の「visit Korea」のサイトです。

韓国の伝統文化である十二支ガイド

酉年のボミ&ウンジ、戌年の姫&お嬢、亥年のナムジュ、子年の末っ子
ロンママに続くメンバー達の干支もそれぞれ的を得ているような、いないような(笑)
どんなにファンの数が増えK-POP界での評価が大きくなっても恐縮しまくりのスーパーアイドル、謙虚な姿と大胆な行動でAPinkと言う個性を最大限に演出して欲しいと改めて思うshusenji(私)でした。


今回は1991年生まれのロンママを中心に書きましたが年男、年女には吉と凶の説があるそうです。
吉も凶も自分次第ならばひつじ年パンダのみなさんはロンママにあやかり何事の前向きに「大吉」です
特に24歳になる方はロンママと同じ時間を生きている羨ましい世代、より多くの吉を呼び込めるかもしれませんね(笑)

あっ言いそびれたけど年男・・・
・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・
と言う事で
ひつじ年のパンダさん今年も張り切ってA活しましょう(笑)



ではまた。
関連記事


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。