スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

にほんブログ村

BEST OF APINK ~ 生まれ変わった名曲達

「LUV」がAPink史上最大の躍進を見せています。
前回エントリーの4冠達成の後も・・・

5th Win 12月9日 THE SHOW
6th Win 12月12日 MUSIC BANK
7th Win 12月13日 音楽中心
8th Win 12月14日 人気歌謡
9th Win 12月16日 THE SHOW トリプルクラウン達成

12月2週で地上波放送を制覇し、3週に入ってからは4番組2週連続のオマケ付きで8冠を達成・・・

ここまで来ると誰もが思うはず
トリプルクラウンも夢じゃない
そしてその夢を叶えてしまう
APinkは今まさに大ブレイク中


話は少し変わりますがK-POPアイドル達は公約好きだと思います。
今回「LUV」に掛ける彼女達も「1位になったら・・・」とプレミアムな約束をしていたそうです。


「単独コンサート」

これが意味するところはAPinkだけのためにハコを押さえ、ファンにお金を払って見に来てもらえるメジャーアーティストに成長したと言う事です。
今年あたりから言葉に出していた「コンサート」がとうとう目標から現実になるのです。

さらに攻める時は攻めるAPink、単独コンサートに続き日本でも待望のファンミーティング開催です
2015年2月15日 6Pinkは5,000人(かどうかは定かではありませんが)のパンダと「あんな事」や「こんな事」して盛り上がること間違いなしです(笑)



さて今回エントリーのタイトル「BEST OF・・・」とは日本国内盤としてリリースされたベストアルバムのこと。
2011-2014 BEST OF APINK ~KOREAN VER.~

以下はCDの帯に書いてあるコメントです。

2014年10月22日に待望の日本デビューを飾ったApink!!
2011年韓国でデビューしてから2014年3月までのミニアルバム4枚、フルアルバム1枚、配信シングル4曲の中から、Apinkの代表曲「Mr.Chu」、「NoNoNo」、「MY MY」を始め、ファンの中でも人気のある曲をセレクト!
人気絶頂の奇跡の妖精Apinkの活動の軌跡をまとめた全11曲を、オリジナル韓国語バージョンにて収録し、更に完全リマスタリング!魅力満載!究極のBest Album!!


初めはこの時期のベストアルバムって需要があるのかと思いました。
音源は全て入手しiPhoneに実装済みだし、「Secret Garden」の後にリリースした台湾盤ベストアルバムには初期の作品が入っているし。
ただし「おっ」と感じたのはジャケットで、これまでのアイドル色の強いデザインから海外アーティストっぽくなっているところには正直惹かれました・・・今回はジャケ買いになるかなと(笑)
とにかくパンダとしてはAPinkのCDは全て聴いてみないと。
そんな気持ちでいつものタワレコでフラゲして自分の耳で確かめることにしました。



なんと店内ではまさにCD演奏中でした。
実はタワレコに来る前に”運命の”リアルA友のKさんが既にフラゲして聴いてみたと、車の中で聴いてみて音が変わっているとの報告。
「これは期待できるかも」と勇んで行ったところで偶然の店頭演奏(笑)
ちょうどHUSHが演奏されていたのですが確かにボーカルの輪郭がはっきりして、音量は大きくないのに彼女達の声が響いて来るようでした。



いつも通り店頭POPも気持ちが込められていますね。
気持ち伝わる対訳付
POPを作ってくれているスタッフさん、きっとピンクパンダなんだろうと思いながら読ませてもらっています。
視聴もできるのですが、もう早く帰って聴きたいの一心でレジへ直行、帰り道はワクワクしながら「LUV」ではなく「HUSH」を聴いてみたりして(笑)

そして帰宅しすぐに聴いてみると・・・
・・・すみません 
単なるベストアルバムと甘く見ていました。


帯の最後に書いてあった「完全リマスタリング」がこれほどとは予想できませんでした。
詳しい事は分かりませんが彼女達が歌った音源に音質や音圧を編集してCDの原盤を作るのがマスタリングで、今回「Re」が付いてるのはこのベストアルバムのために全てマスタリングし直したと言う事なのです。(たぶん)

今やAPinkは「PINK LUV」をリリースし「LUV」の活動の真っ最中、当然視線が韓国に集中していますが、それでもこのリマスタリングについては何か書き残しておこうと思うほどの衝撃のアルバムでした。
当然ですが音には好みもあり感じ方も様々なのでshusenjin(私)個人の感想として読んで頂けたら嬉しいです。

そして興味を持たれた方はぜひ視聴する事をお勧めします。
このCDには特典ポスターもトレカも豪華ブックレットもありませんが、きっとこれまで聴いていた名曲が生まれ変わったように聞こえてくると思います。
日本でしかリリースされないリマスタリング盤なので聴かないともったいない

最後に・・・
CDの歌詞カード(対訳付)の裏表紙にはさりげなくこんな言葉が書いてあります。
ちょっと感動・・・

Special Thanks
All PANDA JAPAN , Apink's family of all & Apink's all friends


そしてこのリマスタリング作業を担当した「SUONO Mastering Studio」さん
良い作品をありがとう




ではまた。
関連記事


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。