スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

にほんブログ村

D-0 +7 ~ 初のAPink遠征

APinkを好きになった頃はAPinknewsや音楽番組の動画を観てCDを聴く毎日、その当時はそれだけで十分楽しく、またそんなA活が当たり前だと思っていました。
思い返せばパシフィコ横浜へ彼女達に会いに行き、初めて見るライブステージで思いを直接声に出して応援できる嬉しさを実感、しかも彼女達が慣れない日本語を使ってコミニュケーションを取ってくれる姿は動画では見ることができない感動でした。

1st Showcaseから1ヵ月が経ちデビュー前では異例の(と言われているらしい)「2nd Showcase」開催が決定し、CDデビュー前の期間限定パフォーマンスを準備してくるAPinkに再び会うために・・・、ブログやツイッターで知り合えたパンダの皆さんに再び会うために・・・

いつ 3週間後間に合うのか(色んな意味で)
どこで なんば八角形だからHachi(笑)
すでに心が騒ぎ始め自覚するより早く大阪遠征を決めました。




会場について気付いたのは男性ファンと女性ファンの比率が品川の時とは明らかに違う事、前回は1:9と圧倒的に女性が多い会場でしたが・・・
今回周りを見ると3:7から4:6程度まで男性が増えてきた印象、「増えた」のか「当選」が多かったのかは別にしてAPinkを見たいと思う男性が集まった事には違いありません。
失礼とは思いつつ周囲のパンダと思われる方々を見ると、男同士、グループ、カップル、親子(父と娘)、ご夫婦など多彩なファン構成、彼女達が性別を問わず支持を得られるのは「男性が望むもの」や「女性が憧れるもの」を持っているから、それを惜しみなく拡散してくれるからだと思っています。
韓国デビューから3年間掛けての日本デビュー、「妖精アイドル」=「APink」を知ってもらうための「お披露目ステージ」第2弾が始まります・・・^^

セットリストは品川とほぼ同じで「HUSH」を加えたほぼベストオブAPinkメドレー 
実際の映像はありませんので歴代のライブパフォーマンスで9月13日を振り返ります。

① モラヨ
source : YouTube MBCkpop

A Pink - I don't know, 에이핑크 - 몰라요, Music Core 20110528
告知から開演を待ち続けたファンをライブモードに切り替えるオープニング、
ツアーだったら間違いなく「Mr.Chu」ですが、「お披露目」なのでAPinkの原点から・・・
ちなみにこの動画は彼女達のパフォーマンスをまじまじと観て、きっとハマってしまうと感じた印象深い作品なのです。
もしもこれを見逃していたら・・・


② BUBIBU
source : YouTube apinklive

[HD] Performance 120802 A Pink - BUBIBU ( Goodbye Stage )
shusenjin(私)にブログ開設のきっかけをくれた曲。
大好きだったお嬢が歌った最後の曲。
ステージにお嬢はいませんがハヨンとウンジが彼女のパートを歌ってくれている姿に涙・・・
彼女のために彼女の歌を・・・今でもお嬢を思い出す大好きな曲です。
そう言えば最近コメントを通じて「BUBIBU=すりすり」だと教えて貰いました(笑)


③ HUSH
source : YouTube MBCkpop

A-pink - Hush, 에이핑크 - 허쉬, Music Core 20120519
1st Full Albumのタイトル曲として期待されながら当時の反応は今ひとつだった不運の名曲、
言われるほどセクシーではないのに何がいけなかったのでしょう。
久しぶりなので一緒に歌おうと頑張りましたがロンママの早口言葉がどうしても歌えず・・・(笑)


④ MY MY
source : YouTube apinklive

[HD] Performance 111208 A Pink - My My ( Comeback 4th Stage )
ライブの定番なので声援も一段と大きくなりステージと客席が一体になる瞬間が気持ち良い
ナムジュの掛け声指導を期待していたのに、「声が小さいです」と煽られて大声を出そうと
思っていたのに、無茶ぶりを発揮する姿を見られなくて残念です(笑)
2部ではイントロで振り向くシーンでボミのタイミングがとんでもなく早くて本人もビックリ
おかげで姫のツボにハマった爆笑に近い顔を間近でガン見できてお得過ぎました。


⑤ U You
source : YouTube cam fan

20131020 A-PINK Taiwan Fan Meeting U YOU @ 南港101
公式ブログで1番リクエストが多かった曲、やはり「Pink Blossom」「Secret Garden」が多く聞かれているんだと実感、応援もシンプルで彼女達の振り付けにビシッとシンクロした時はスゴイ快感です(笑)
ライブだから体感できる一体感をしっかり記憶して次も気持ち良くなりたい!
*** お詫びと訂正 ***
こともあろうかU Youの収録アルバムを「Pink Blossom」などと書いてしまいすみませんでした。
mskmabokさんご指摘いただきありがとうございます。
全てのピンクパンダのみなさんに、そしてAPinkのメンバー達にお詫びいたします。


⑥ NoNoNo
source : YouTube ChannelK101

HD | LIVE 130728 A Pink - NoNoNo @ SBS Inkigayo
もうすぐ日本語歌詞となってリリースされると思うとワクワクします・・・
以前は不安だらけだったのに。
ショーケース終盤に生で歌ってくれたサビのコーラスは予想していた「取って付けた感」などは感じさせない新たな曲に変わっているかもと期待させてくれました。
お色直しをして登場した「黄色いNoNoNo」の衣装を着てパフォーマンス、
この動画を見る度なんばのステージを思い出す事ができそうです。


⑦ Mr.Chu
source : YouTube MBCkpop

[Comeback Stage] A-Pink - Mr. Chu, 에이핑크 - 미스터 츄, Show Music core 20140405
やはりグランドスラム達成の最新曲は強いなと感じる盛り上がり。
あまり触れていませんがshusenjin(私)がいつも楽しみにしているサビに入る時の
ボミとウンジのフォーメーションチェンジが格好良過ぎでした。
特にステップを踏んでセンターに飛び出す時のウンジの笑顔がたまらなく可愛らしいのです(笑)

そしてアンコールは再び「NoNoNo」、恐らくこれが日本で聴く最後のオリジナルバージョンだと思い応援も全力でした(笑)

APinkが完成度の高い名曲達を披露してくれる事は分かっていましたが、予測できなかったのはMCでのマイクパフォーマンスです。
彼女達が使う日本語にもメンバーの色が出ていましたね、
丁寧なだけじゃない敬語も話す妖精♡ロンママ、
立った姿は華のようなのに何か話すとスパークリングだったボミ、
むしろ無理をしないで2カ国語ミックスが良かったウンジ、
大人しい口調と時々考え込む表情がグッとくる姫、
shusenjin(私)の韓国語教師になって欲しいくらいの日本語使いになったナムジュ、
日本のテレビやお笑いネタに敏感で1番共感してあげたいハヨン。

このトークで面白かったのはやはり質問コーナーでした。
彼女達が質問を読み上げる時の期待感、たどたどしくもちゃんと回答した時の安心感、そんなくだりがたっぷり30分。
濃密すぎて脚の痛みなど無視できるほどステージに集中していました(笑)
・・・しかしですね・・・あまりの幸せな時間、ずっと彼女達を見惚れてしまいトークの内容が今ひとつ思い出せないと言う(笑)

そこで今回は品川でお会いしたのをキッカケに仲良くなったパンダさんに助けて頂こうと考えました。
すみません、msk_mabokさんリンクしました(笑)
今回のステージも両部参戦し早々ブログをアップしてくれる頼れる仲間です。
こちらがそのブログ、最近特に注目しているのでみなさんもぜひ見てください。

「두근두근 한국ードキドキ韓国」
Apink - 2nd Japan Showcase (質問コーナー)


今回のステージは品川とほぼ同じ構成で歌ありトークありの2時間弱、2部構成で途中休憩しているとは言え4時間のステージを完走してくれたにメンバーとスタッフに感謝です。

そして・・・

なんばSCを終えて①
「GAPの紙袋」・・・品川でAPinkへのおみやげを入れた紙袋がなんばで復活(笑)
ブログに書いた紙袋を見つけてくださり、「ブログ見ました」とか「いつも読んでいます」と励ましの言葉まで・・・
それに1st SC終了後にアッパlineと明かしてからは同年代の方との出会いが増えたような気がします。
APinkでつながった仲間=「A友」との交流は大切な宝物、APinkが存在する限りこのつながりが続いてくれる事を願って止みません。
そして縁あってアッパと呼んでくれているヨジャペンさん、貴女達のおかげで素敵なA活満喫中です!ありがとう

なんばSCを終えて②
「オフ会」・・・これまでのA活では想像もしなかったオフ会やりました(笑)
記念すべき1stの参加者は運命のA友「かきぴさん」、コメントでのお付き合いはかなり長い「terucciさん」、showtimeにパンダの被り物で出演した「チロルさん」、少人数でしたがお好みを焼いてくれる店員さんの前でナムジュとかブビブとか海産物とかそれぞれの思いを熱く語り合いました(笑)
また機会があれば2ndも(笑)


大盛り上がりの会場でメンバーが話しをしている時の事でした。
この日のために覚えて来た日本語で気持ちを伝えている時に進行を妨げるような大きな声・・・それも何度も。
もちろんヤジなどでは無いことは分かっていますが、あまりの愚行に注意してやろうかと思っていたら・・・
諭すように笑顔のウンジが指を唇に当て「しーっ」
カッコ良かった

その時に思った事は、会場にいるパンダにとってはAPinkとの至福の時ですが、彼女達にとってステージはその瞬間が真剣勝負なんだと、声援をもらう事と同じくらいに自分達の声を聞いてもらいたい。
そう言う思いがあってのウンジスマイルだったのかなと。

ショーケースから既に7日が経ち何をしていたんだとの声も聞こえて来そうですが、その後は公私ともに忙しくじっくりPCに向き合う時間がないので他のブロガーさんのレポを読ませてもらったりツイッターで絡ませてもらったりする毎日でした。
ある日「早く(ショーケースのレポート)しないとリリイベ始まるよ」の一言で焦り始めましたがどこか話がまとまらないエントリーになってしまいどうしたものかと。

最後に・・・
APinkが日本で単独イベントを開催するのに費やす努力と時間は忙しい彼女達にとっては相当な負担であっただろうし、スタッフも試行錯誤の毎日だったと思います。
素敵な時間、素敵なショーケースを用意してくれたみなさん「ありがとう」
そしてともにAPinkを応援することができたパンダのみなさん「お疲れさまでした」
次第に繋がっていくAPinkの輪がこれからも大きくなりますように。


ではまた。

関連記事


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。