2014年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

Mr.Chu ダンス3選

ファンの期待を受けてのカムバック、そして5冠の「Mr.Chu」がどこまで支持されるのか楽しみだった3週目でしたが・・・
ナムジュ誕生日の翌日に起こった事故発生から活動は止まったまま、華やかなステージと笑顔を封印しているK-POP業界の活動再開はいつになるのか分かりません。
追悼の念を歌い励ますのも歌手だからできること、そうした活動が大切なのではないかと思うと同時に、APinkもそれができるグループであってほしいと願っています。
そしてこの場をお借りして今回の事故で亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。


エントリーも躊躇する事が多いのですがこれから少しずつ更新して行くことにしました。
しかし今はステージ動画が上がらない時なので今回キャプチャしたのはダンスパフォーマンスです。
いつもはMVとは別にダンスバージョンを用意しているのですがACUBEがじらしているのか公開するタイミングを逸したのか・・・そんな訳で「1theK」の「LET's DANCE」と言う動画をピックアップしました。

Let's Dance: Apink(에이핑크) _ Mr. Chu(미스터 츄) [ENG/JPN/CHN SUB]
Let's Dance Apink_1
「1theK」とはLOEN(レコードレーベル)が社名変更した名前だそうですが、「Pink Blossom」のジャケット裏面にはしっかりLOENと書いてあるのでつい最近の事なのでしょう。
内容は「Mr.Chu」の3種類のダンスをメンバー達がレクチャーしてくれます、さらに衣装は4月13日の人気歌謡で5冠達成のステージ衣装踊る人も踊らない人も楽しい動画です。
最初のソロショットから可愛いです目元キラキラでたまりません
タイトルは「APinkのMr.Chu 彼氏作りダンス」


1組目はウンジと姫の演技ドル組
最近この組合せを2Eunとかナウンジと呼んでいる方がいて語呂の良さに感心しています(笑)
Let's Dance Apink_2
落ち込むウンジに声を掛ける姫「どうしたの?」
「なうな~」がオトコマエで笑えるウンジ
ウ「好きな人がいるけど・・・すごく会いたいし・・・」
姫「告白したら?」
ウ「だめ!鏡見て自信なくしちゃった!」
姫「彼を虜にする方法を教えてあげる!」
(セリフは全てYouTubeの日本語字幕なのであしからず)


Let's Dance Apink_3
おっとけ~ 字幕では「何?何?」ですが「どうするの?」と言ったニュアンスでしょうか。
そしてドラマで鍛えられた演技ドル達、頑張るんだけど照れて笑ってしまう素直なウンジと実際には恋の指南はまだできそうにない姫、2人の立場が逆転したらありえそうな話だけど・・・よく考えて作っていると思います。
そしてこの2人がレクチャーするのはSTEP1「○○○ダンスで自分の気持ちを伝える」
なぜ○○○ダンスと書いているかと言うと・・・決まっていないから


そして姫のサービスショット
Let's Dance Apink_5
「まだダンスは名前が決まっていないので募集します」と字幕を入れれば済むのにあえて姫が解説、制作側の意図が見え見えですがこんな可愛い姿を見ていればダンスの名前は何でも良くなってしまいます。
肝心の応募はもう〆切ったのか、ダンスの名前は決まったのかは確認していませんが・・・姫はいつも可憐です


Let's Dance Apink_6
①カップルリングをつけたい手を上に伸ばす。
②ペアリングがほしいという表情で右の手をくるっと回してください。
③指を自慢してください。
④微笑みながら腕を組んで完成!
「あなたとカップルリング指にはめて、一緒にこの道を歩きたいの・・・」
とこのように歌詞と振付がマッチしていて姫の輝きが増していますただでさえ眩しいのに。


2組目はボミとハヨン、最近は師弟のような2人
Let's Dance Apink_7
ハヨンの怒った表情など今まであったでしょうか
ボ「ハヨンどうしたの?」
ハ「実は好きな人がいるんだけど、彼は私にあまり興味がないみたい! 彼を振り向かせる方法ってないかな?」
ボ「ある!私に任せて!」
嬉しくなるようなオーバーアクションですが次なる演技ドルは彼女だったとしたら・・・


ダンスのレクチャーまでの前振りが長いのですがお姉さんの演技が素敵なので全く問題ありません(笑)
チームAPinkには親しみやすく明るい笑いを誘う彼女がいます。
Let's Dance Apink_8
ずっと前からドキドキさせられています・・・
美しく成長しながら今もクルクル変化する表情にはドキドキです



ではSTEP2の「ドキドキChuダンスで彼の気を引く!」レクチャー開始
Let's Dance Apink_10
①敬礼するようにMr.Chuを呼ぶ!
②両手を腰においてかわいく肩を2回バウンス!
③親指を唇につけてからChu!
ココで大切なのは「愛を込めてChu!」だそうです
「みすた~」で敬礼、「ちゅ~」で指さしするシーンはまさにこの曲の中心となる振り付け、カムバック前にイメージした「KISS」とは違う「Chu」なのです。


3組目はお待ちかね強力に推したいロン+ナム
Let's Dance Apink_11
ロ「何してるの?」
ナ「明日のダンスパーティーに大好きな彼が来るの!」
  「これで魅力アピールできるかな?」
「だめだめ!」
  「ダンスにも駆け引きが必要よ!私が教えてあげる!」

さすがはリーダー、何でも知ってます

Let's Dance Apink_12
多少バラエティ向きと言われる事もありますが、誰よりアイドル感が高くファンサービスも山盛りのナムジュにはいつも元気をもらい癒されます、同時に誰よりピンクが似合い何をしても可愛らしいママと言う名の若きリーダーからも目が離せません。
そう言えば、今月から「まるごとマイ・ラブ」の再放送が始まりました・・・彼女の登場は6月に入ってからなのでその日が待ち遠しいです


STEP3の「駆け引きダンスで彼を虜にする」 リーダーお願いします
Let's Dance Apink_14
①右の方にステップを踏みながら両手は可愛くクロス!
②両手は腰において右側のヒップを2回バウンス。
③今度は左側に移動しながら両手をクロスさせる。
④左側のヒップを軽く回す。
⑤左脚の膝を曲げて右の手は頭の上に伸ばす。
⑥反対側ももう一度繰り返す。
ロンママのレクチャーもあってとてもキュートな駆け引きダンス、ステージでの「falling falling」はキュートさ6倍と言ったところです。


動画では「○○○ダンス」「ドキドキChuダンス」「駆け引きダンス」を紹介していますが、ここではさらに個人的に好きなシーンをキャプチャしてみました。
Let's Dance Apink_16
マンネ、姫に続くロンママパート
「めいるめいるぼぁど なんどじょあじょ」(毎日毎日会っても私はもっと好きになる)
で見せるこの振り付けが、手足をピンと伸ばしてステップを踏む6人のシンクロがお気に入りです。


そしてもう1つ
Let's Dance Apink_17
「まち Dreaming Dreaming つくむるっくぬんどぅつ」(まるでDreaming Dreaming 夢を見てるみたい)
ロンママの後ろからナムジュが入れ替わってセンターに・・・後ろ向きのメンバーの中から「Dreaming~」と歌いながら登場するするナムジュとお尻フリフリの5人にのシーン。


Let's Dance Apink_19
「Mr.Chu」はMVもステージも素敵なシーンが多くて一瞬たりとも目が離せません。
これからの活動も見えない状況ですが「Mr.Chu」だけでなく「Pink Blossom」を持って日本のステージでパフォーマンスして欲しいと思うのは日本にいるパンダの皆さん全員の願い、去年の「We are Friends Concert」のような企画をお願いしたいものです。
ぜひ「We are Friends Concert 2014」を


この動画には日本語字幕がついているので嬉しいです。
sauce : YouTube 1theK (former LOEN MUSIC)

Let's Dance: Apink(에이핑크) _ Mr. Chu(미스터 츄) [ENG/JPN/CHN SUB]
**********
動画のお気に入りのポイントを追加しました。
0'33" とってもオトコマエなウンジの「なうな~
2'59" 大人なマンネの「もうあなたは私のものよ
3'56" ロンママの「うわっ」何か得した気分・・・
4'31" めいるめいるぼぁど
4'38" Dreaming Dreaming


ではまた。
スポンサーサイト


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

あの日あの時から

4月23日はshusenjin(私)にとって忘れられない日です。
APinkのスタンダードと言われたホン・ユギョン嬢がグループから離れると報じられたのは1年前の事でした。
その報を知ったのは出張帰りの電車、言葉にならない時間が流れた車中・・・奇しくも今日同じ電車に乗りました。



2周年を迎えカムバックの期待が高まった時に突然の悲報・・・ブログでは「お嬢」と呼び、7人の中でも特別なメンバーだったので衝撃が大きく今持って残念な気持ちは消えません。

現在は普通の女の子に戻り中央大学演劇学科の2回生、たまに上げてくれるツイートが彼女の存在を伝えてくれています。
APinkに言及することも無くプライベートなツイートですが、変わらないホンワカした感じのお嬢に安心しています。



振り返ると4月8日のバンコクライブが7人一緒のラストステージでした。
6人となったAPinkにはメンバーの追加を考えていると当時の事務所はコメントしましたが、パシフィコ横浜、「Secret Garden」リリースと6人で活動し今に至っています。
これだけは良く思いとどまってくれたと感謝しています。

このブログでは7人揃ってオリジナルのAPinkとするローカルルールを作っています。
ユギョン嬢が離れてもなおブログを続けるのは6人と1人となった彼女達を応援するため。

将来メンバー追加の話が再燃したらこのブログどうするのか・・・
もっともお嬢が帰って来るのであればこんな嬉しい事はありませんが。



今回の画像は全て2013年4月25日のエントリーでアップしたものを使いました。
1年が経ち、今は涙を流すこともありませんが依然としてホン・ユギョン嬢のファンであります。
APinkとしての姿を振り返りながらも彼女の未来が光輝くよう願うばかり・・・それだけです。


ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

7Pink Anniversary

4月19日はAPinkデビューの日

7Pink since20140419

7人が運命に導かれ出会い、誕生したアイドルグループ

6人と1人がそれぞれの道を歩み始めて1年、今日は3度目の記念日

彼女達が目指すのは、ファンが望むのは№1になること

いやそれだけじゃない

いつまでも心を掴んで離さない魅力的な長寿ドルでいてくれる事がみんなの願い

まだ3年、まだまだこれから・・・



ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

ナムジュ大人の階段は1段目!

4月13日はAPinkと彼女達に関わる全ての人々にとって嬉しくも驚きの日となりました。
当日の人気歌謡で「Mr.Chu」が1位に輝き、ついに1週間5タイトルを手中にすると言う自己ベストを記録❗️水曜からは2週連続で支持が得られるかが注目です。

ですがその前に大事な事を忘れてはいけません。
年が明けたら誕生日リレーのAPink、2月10日は姫、3月3日はロンママときて4月15日は自称「元気なこども」キム・ナムジュの誕生日です。

Happy Birthday Kim NamJoo
Namjoo_BD_1
1995年生まれなので20歳(日本では19歳)の誕生日を迎えたAPinkの元気印
去年書いた誕生日の記事には彼女の親しみやすいキャラクターは大きな魅力だとありました。
秘めた魅力を拡散するために必要なのは笑顔
この1年のステージで見せてくれた笑顔とパフォーマンスは自身のアイドル度をさらに1段レベルアップさせたと思います。


Namjoo_BD_2
前作をリリースしてから「NoNoNo」ではいつも変わらない元気娘を、「Secret Garden」では白が眩しい可憐な少女を演出して、これまでのナムジュがちょっと大人に見えました
現在活動中の「Mr.Chu」に至っては他のメンバーと同様にビジュアルから仕草まで苦しいくらいにキュートさが増して、ソロパートの「Dreaming Dreaming・・・」の眼差しやロッカールームでの後ろ姿を見てからナムジュにハートを奪われてしまいました(笑)



今回のカムバックはこれまでにない声援と成果を得ています。
しかしAPinkの様に多人数グループの場合は個性をアピールすることも大切で、初見であってもきちんと印象付けて覚えてもらわないとなりません。
ですからナムジュのこの笑顔です
そしてもっと彼女の魅力が広まる事を願ってます。



MVでのワンシーン、これまでに無く仕掛けが多く楽しませてくれる映像ですが・・・
今回はコレです(笑)

プレゼントの箱の中にいるナムジュが外の世界を見ようとふたを開けるシーン
意味深なのに可愛らしくてイイです(笑)



いつまでもこんな感じのアイドルでいてほしいと思っているshusenjin(私)、いつも安心して見ていられるグループ、見ていると癒されて元気をもらえるAPinkでいて欲しい。
そしてナムジュは・・・やっぱり変わらない笑顔でいてくれたら

箱を開けたら何が起こるのでしょう、「Mr.Chu」で開く未来という箱の中には何があるのか楽しみです。

APinkの進化とともに大人になる階段を上り始めたナムジュに注目です。
この1年が貴女の大切な年になりますように。

いつも通りに思うがまま書いていたらまずいですね・・・このまま書いていると日が変わってしまうので乱文のまま失礼してアップします。


ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

祝4冠!ですがあえて初タイトルステージ

3月までのAPink不足を解消するかのように4月に入った途端MV、CD、ステージと次々ソースが投入され世のピンクパンダは幸せいっぱいの毎日を送っている事と思います。
なによりあっという間の4冠、前作「NoNoNo」を凌ぐ勢いでチャート上位を席巻しています。
今年の春はK-POP界にピンクの風が吹いているようです
4月9日 Show Champion
4月10日 M Countdown
4月11日 Music BAnk
4月12日 Music Core
ランキングが全てではありませんが、この盛り上がりはAPinkの未来を開く追風です。


前回はShow Championでの1位獲得を取り上げましたが勢いに乗ったAPinkの栄冠にお祝いが間に合いません・・・
もっともリアルタイムで更新できないのでマイペースでライブステージをキャプチャしたりして(笑)
140409 Mr Chu_1
4月9日はShow Champion、週最初の音楽番組で1位になったのは注目度が高くて後の活動に弾みがつきましたね。
これまでカムバック曲とカップリングされるのは同じ曲に限定していましたが「Pink Blossom」の収録曲をローテーションするかのように日ごと楽しませてくれるのは予想外の演出です。
この日の1曲目は「사랑동화(愛の童話)」
今回のアルバムで注目しているロンママ作詞の1曲、shusenjin(私)はもう1つの作詞曲「So Long」にハマっていますがこちらもミディアムテンポの優しく語りかけるヒーリングソング。
ローリングミュージックティーザーでこの2曲を聴いた時に同じ曲かと思った事はロンママに内緒です・・・


140409 Mr Chu_2
「Wishlist」を思い出す横1列隊形、最近気になるナムジュのキャプチャが多くなっています
アルバム収録5曲のうち2曲を作詞したロンママの実力は周囲も認めるところなのでしょう・・・「4月19日」も彼女の作詞ですがこちらはファンへのメッセージ、メモリアルソングの意味合いが強く今回APinkのCD音源としてリリースされたことはこれからの楽曲に期待が高まります。
APinkはこれからも様々な曲に挑戦していくと思いますが、その中でロンママソングは自分達の思いや今を表現する曲、そんな位置づけであって欲しいと願っています。


140409 Mr Chu_3
記念すべき「Mr.chu」初タイトルステージ
白のテニスウェアVer.でのパフォーマンス、CD封入のトレカと同じで制服Ver.と並ぶ人気の衣装。
上手く曲とのイメージを合わせたなと、気が付けばハートをギュッと掴まれてMVをリピートし続けていました(笑)
もう何度書いたかはさておき白の衣装はAPinkに欠かせないカラーになってきたと思います。
他のアーティストを差し置き「専用色」のように表現するのはいけないと思いつつAPinkオンリーなので周りが良く見えていません
異論・反論はご容赦を・・・


140409 Mr Chu_4
ロンママは一歩間違うと医療関係者のようですがパフォーマンスは間違いなく(職業:アイドル)です・・・保守的だった髪型を変えてからは時間を逆行するかのような変化を見せてくれます。
同じコンセプトで制作された衣装ですがメンバーに合わせてデザインが異なるのも興味津々、ボミはお姉さんキャラ、姫やハヨンは妹キャラと言ったイメージで6人揃ってステージに立つと・・・これがイイ感じです。


140409 Mr Chu_5
shusenjin(私)的 Best Of Mr.Chu
見どころが多くキャプチャすると選べないほどのステージですが終盤の3-3のパートは外せません。
ボミと姫の間から現れるロンママ
「ね そうぉぬる とぅろぢょよ」 (私の願いを聞いて欲しいの)
思わずのけぞってしまうほどの可憐さ・・・

続くナムジュのソロパートも
「ぴょんせん なまん ぱらぼぁぢょ」 (一生私だけを見つめてね)
そして
「Baby ~  意味分かってるのか この娘達は・・・こうしてフツーの大人も彼女達の虜になって行くのです(笑)


140409 Mr Chu_6
first line を射止めたハヨンは前半集中型になりましたが全編通して見せ場が多いボミとウンジの93Line、「Mr.Chu」におけるサビパートの歌とダンスは2人の独壇場です。
今回ウンジ専売特許の高音パートをナムジュに託したからか物足りなさがありますが、ステージを見れば見るほどパターン化せずに進化し続けているメインボーカルです。
そして姫も
自信を持ってパフォーマンスできているようで笑顔全開 嬉しいです。


140409 Mr Chu_7
ラストの背を向けてフェードアウトする「Mr.Chu」
初めは「あれっ」と思いつつも最後までオリジナリティ溢れるステージで・・・もう慣れました(笑)
今日の人気歌謡でタイトルを取ってしまったら・・・APinkはどんな道を歩む事になるのでしょう。
期待と不安が入り混じる心境ですがブレイク中の彼女達を応援するファンとしては何ら変わりませんから・・・このまま突き進むAPinkを追いかけます。


ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

140409 は「Mr.Chu」の日になりました!

ついにその日がやって来ました。
あのミュージックビデオを観た時からAPink史上、最も勢いに乗って活動できる曲を手に入れたと感じたファンはshusenjin(私)だけではないと思います。

 「Mr.Chu」が4月9日の Champion Song になりました

140409 show champion Winner_1
あえて1位を狙うとか発言が無くても、1位になったらと言った公約を聞かなくても、勝手に想像していました。
きっとカムバックを待ち続けたファンが彼女達を後押しして「ココ」までくることを。
そして「ココ」がAPinkのターニングポイントになるに違いないと。

この曲(とPink Blossom)で勝負してK-POP界の頂点へ、そしてその先へ・・・


140409 show champion Winner_2
1位発表まで何処にいるのか分からない程の控えめさがAPinkの良いところ
そしてこんな事もAPinkを好きになった理由の1つ


全てはいつも通り・・・
1位獲得の喜びのコメントはロンママのリーダーとしての役目。
コメントでは感極まってしまいウルウルしながら少女のように。
そんなロンママを両サイドで暖かく見守り、励ますメンバー達。

姫に肩を抱かれて頑張るロンママ 彼女らしくて安心します(笑)


140409 show champion Winner_3
マイクを持ち感謝の言葉を伝えるナムジュ、そしてコメントしなかった末っ子はハートで気持ちを伝えています。
手の中から見つめる瞳が素敵


140409 show champion Winner_5
恒例のアンコールは自由なパフォーマンスでファンと喜びを分かち合います。
ウンジはもう観客席と同化してAPinkにエールを送っていて、どんな時もハッピーウイルスは健在です。

この感動のシーンに立ち会えた会場のファンの方々がとても羨ましいですね。
やはり日本のファンが待っているのは「6月30日をもう一度」
ライブステージで「Mr.Chu」を観たい 聴きたい 歌いたい応援したい


140409 show champion Winner_4
さっきまでロンママを励ましていた姫が涙ぐむシーン
今度はポスト最強マンネの呼び声の高い(かどうかは不明ですが)ハヨンがお姉さんっぷりを発揮
もう抱きかかえるわ、暖かく見守るわ、涙をぬぐってあげるわ


140409 show champion Winner_6
このブログの更新タイミングの悪さは時として致命的な事も・・・
早くアップしたいと思いつつ動画を堪能していたら「M Countdown」でも1位になったと
2夜連続でエントリーが追いつかないのでこちらはまた後ほど・・・
早くも2冠達成の「Mr.Chu」 どこまで続くAPinkの快進撃


sauce : YouTube apinklive

[HD] 140409 APink - Today's Winner (w/ Mr.Chu) @ Show! Champion


ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

Mr.Chuのファーストステージ

「Pink Blossom」リリースから4日、いよいよステージで「Mr.Chu」を披露する時がやって来ました。
何かが新しく始まる感じがするカムバックステージの日、APinkがステージに帰ってくるたびにその姿に癒され、現場のファンとピンスニ達が作る幸せのオーラを分けてもらっています。
既に4、5、6日のパフォーマンス動画が上がっていますが今回は記念すべき1stステージをキャプチャしてみました。


140404 Comeback Stage_0
カムバックステージは4月4日のMUSIC BANK
やたらとどぎついピンクとイエローでカムバックを祝ってくれています(笑)
Apinkのピンクは「桃色」のようなイメージを勝手に持っているのでちょっと一言いいたくてキャプチャしました・・・
「奇抜さはAPinkには似合いません、自然に見える演出が彼女達を引き立てます。」


140404 Comeback Stage_1
個人的には「So Long」を歌う(歌って欲しい)と期待していましたがアルバムの1曲目に収録されている「Sunday Monday」でした。
椅子に座って語りかけるような姫の歌い出し
もともと大人しい姫ですが最近は個人のお仕事の中で存在感をアピールできるようになり、結果ウンジと並ぶ広告塔ツートップに成長しました・・・今年から大学にも通う事になった姫、同期のみなさんが羨ましすぎます。


140404 Comeback Stage_2
振り付けは無いのかと思いきや、後半は前に歩み出しナムジュセンターだったり2列になったりと観てみればアルバム同様「Mr.Chu」のイントロに繋がる良い選曲だと実感
姫以外にも突然前髪を作ってみたり、ダイエット効果を一層感じさせたり、週間アイドルしてみたり、JKでは無くなったり、ソロにも挑戦してみたりと、妖精達は確実に成長し大人になって行きますがステージ上の姿は等身大のAPinkでファンの期待を裏切りませんでした。

それぞれにお気に入りのメンバーがいると思いますが今回shusenjin(私)が推すのは・・・
140404 Comeback Stage_3
「もう元気な子供じゃない、チームのビタミン キムナムジュ」



140404 Comeback Stage_4
そしてカムバック曲の「Mr.Chu」
先行公開されたMVは曲や映像、ピンスニ達の笑顔も含めて完成度が最高レベルなので同様にステージも大注目です。


140404 Comeback Stage_5
MVで垣間見た振り付けの一部が印象的だったのでステージパフォーマンスはとても楽しみでした。
前作「NoNoNo」は移動範囲が広く、ダイナミックなダンスでしたが、今回はキュートなイメージを先行させ特に6人のシンクロ率を強調しているように見えます。
動きがコンパクトになりましたが(色々な意味で)激しすぎず(誰でも)安心して見ることができるAPink、独自でアイドル路線を模索する彼女達の今の姿です。

140404 Comeback Stage_6
「NoNoNo」に続く曲の歌い出しはナムジュにと願っていましたが、マンネ・ハヨンは大穴でした。
ですが「予想が外れて残念」10%、「明らかにサプライズ狙い」10%、「前髪良く似合うし聴いてみたらOKOK」80%と個人的に評価しました。
普段は年上組と思われがちな彼女、前髪効果で少し実年齢に近づいたかもしれませんね。


140404 Comeback Stage_7
プロモーションでは今までと変化が少ないと思われたスパークリング・ボミ
APinkきってのパフォーマー、テレビ番組でセクシー路線について語っていましたが・・・演技の有り無しに関わらず1番変化する事に意欲的であっても1番縁遠いメンバーだと信じています。
キュート過ぎるビジュアルにキレキレのダンスでいつまでもステージの先頭に立ってもらいたい、ロンママの右腕としてAPinkのお姉さんでいてもらいたいと思います・・・これからも。


140404 Comeback Stage_8
APinkの歌姫としていつもサビと高音パートを引き受けるウンジ、バラエティやドラマで認知度と人気が上昇していますがやはりウンジは歌です(キッパリ
「Mr.Chu」でも他のメンバーが盛り上げたところをボミとともに歌とダンスでトドメを刺してくれます(笑)
ポイントは「フォーリン フォーリン」からサビに入っていくウンジ・オンステージこれからも変わらずメインボーカルの力を見せつけてくれるでしょう・・・ただこれまで以上に忙しく活動して体調管理は大丈夫かと心配する声も・・・ほどほどに休息とってくださいね。


140404 Comeback Stage_9
さて、いつもパフォーマンスの中でココと言う見せ場が数多くありますが、今回も見た瞬間にビビっと来ました。
「BUBIBU」の再現か、3ー3でのアピールタイムはボミと姫の後方から現れるロンママの優しく可憐な歌声に倒れてしまいそうです(笑)


140404 Comeback Stage_10
ロンママのソロが終わった直後はウンジとハヨンの前を行くナムジュの登場
高音パートをウンジからスイッチして熱唱のソロパートに感激しつつ、センターでのポーズも決まり過ぎです。


140404 Comeback Stage_11
曲の最後はアウトロがフェードアウトするパターン。
CDでは聴いているので知っていますがステージではそれ用のエンディングを用意するかと思いきや、予想に反し音源のままのラストに潔さを感じます。

こらからしばらくは衣装や演出を変えた様々な「Mr.Chu」でファンを楽しませてくれる事でしょう。
動画のアップ主さんに感謝しつつ彼女達のパフォーマンスに見惚れさせていただきます(笑)


source : YouTube apinklive

[HD] 140404 APink - Sunday Monday + Mr.Chu @ Music Bank (Comeback 1st Stage)


ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

「ピンブロ」お持ち帰りしました。

4月1日に「Pink Blossom」フラゲ計画を実行し見事失敗に終わった事は前回お話しました。

そして昨日電話が掛かってきました。
APink入荷しました
店頭では入庫日不明と言われましたが発売日の1日遅れ、本国発売から3日のタイムラグは許容範囲だと思います。

店頭のK-POPコーナーに行くと・・・
pb3
あっありましたね
APinkは日本での活動をしていません・・・それなのにコーナーを作ってくれていて嬉しいです。
声に出してお礼などを言うと引かれそうなのでこの場を借りて一言。
「タワレコさん、いつもありがとう。」
素敵なPOPもあるのでつい見に行ってしまいます・・・今度は「Pink Blossom」のPOPも作ってください

今はインターネットで音源をダウンロードしたりCDを注文する時代ですが、shusenjin(私)の初めての買物は店頭で買ったレコードでした(笑)
今はCDが主流ですがネットと店頭で半分ずつで、CDを買って帰るワクワク感はずっと変わりません。

帰宅するまではポスターが雨に濡れないように、電車の中でつぶされないようにと、しっかりガードしながらの一句。
帰り道 黄色い袋に えいぴんく
中には誰の 笑みの札かな・・・


pb1
我が家に帰って先ずはカードを確認、ここはドキドキする瞬間です。

「あっナムジュしかもテニスウェア
「あれっカードがいつもより厚いけど・・・あーっナムジュが2人いる
どうやら2枚封入と言う事ではなさそうですが・・・13種もあるので2枚(2種)入れて欲しいと思いました。

ブックレットもいつものクオリティです。
ソロショットのページに誕生日と星座が描いてあるのは気になります。
ロンママ  910303  Pisces
ボミ     930813  Leo
ウンジ   930818  Leo
姫      940210  Aquarius
ナムジュ  950415  Aries
ハヨン    960719  Cancer


fc2blog_20140317123026152.jpg
最後は特典ポスター、画像で見るより綺麗なのですがサイズが微妙に大きくてパネルに入りません
少し切り落とさないとならないようです。
そしてよく見ると分かる6色のアイシャドウ、結構奇抜で普通に見えるのはロンママとハヨンですが、shusenjin(私)的にはハヨンの大人っぽい雰囲気が一番似合っていると思いました。
メイクさんにかかるとこれ1つで印象が変わってしまうんですね・・・
肝心のCDはすぐにiPhoneに登録、リピート回数が順調に増加中、どこまでリピートするのかは本人にも分かりません。

本日4月4日はカムバックステージ、現地への応援には参加できませんが何時もの通り日本から応援しています。
そしてステージ映像を動画サイトにアップしてくださる優しいアップ主の方々、投稿お待ちしています。


ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

「Pink Blossom」フラゲ計画

忙しい年度末の最終日、彼女達は帰ってきました
ティーザーはあくまで広告手段のひとつなのですが、カムバックまでに公開された3つの映像はオヤジパンダの心配(ドキドキ)を期待(ドキドキ)に変え、待ち遠しくもこんなワクワクがいつまでも続いたらと考えることもありました(笑)

「Mr.Chu」はテーマのChuが気になっていましたがMVを観たら・・・
「想像以上でヤバイ」、「まさにど真ん中」と全く文句の付けようも無く手放しで喜んでいました
現在はMVとアルバム音源を同時に猛リピート中ですが・・・
予約した「Pink Blossom(ポスター付き)」は未だ届きません

そんな中でMVの他にメイキング映像やレコーディング映像もアップされており、今回はレコーディングの風景を収めた動画をキャプチャしました。
Pink Blossom_ Album Recording_1
スタジオでのレコーディングを見ていると「It Girl」MVを思い出しだします。
あまりに懐かしいので後で見てきます(笑)


Pink Blossom_ Album Recording_2
ローリングミュージックティーザーを何度もリピートして曲調やサビはしっかり予習してのアルバム視聴。
実際に聞いてみるとどの曲もしっかり作られていて1曲もスキップすることなく、特に期待以上だったのは「SUNDAY MONDAY」、「So Long」。
イントロのアコースティックギターで癒されていると、突き抜けるようなサビパートで花開くAPinkワールド、意外なオープニングに感激の「SUNDAY MONDAY」。

そして「So Long」はアルバム終盤のロンママからのメッセージ
feel-me feel-me ・・・
tell-me tell-me ・・・
love-me love-me ・・・
次の6曲目があるのにこの曲でアルバムが完結しても良いくらいの聴きごたえ。
通勤電車の中で感動の涙がこぼれそうになるのを堪えるほど。


Pink Blossom_ Album Recording_3
全体を通して感じるのはAPinkの歌唱力がさらに一段上がった事でしょうか。
それはメンバーがそれぞれに力を付けてきたと言う事であり、特に今回は姫とハヨンのレベルアップが素晴らしくチーム力の底上げに貢献しています。

「Mr.Chu」収録の1コマ、ナムジュがナムジュらしくて安心します(笑)・・・今回のカムバックではナムジュのアイドル資質の高さを感じ、オヤジキラーの素質に目覚めたかと思わせる娘に成長してくれました
これはいわゆる「ナムジュ寄りオール」の兆候なのでしょうか


と言いつつAPinkの姫様からファンにお願いのメッセージです。
Pink Blossom_ Album Recording_5
たくさん聴いてくださいね~

これで世のピンクパンダはより一層「Pink Blossom」にハマっていく事でしょう(笑)


それでは・・・
ここからは今回のタイトルにあるフラゲについて書いてみます。
ネット予約した「Pink Blossom」は発送連絡が無いまま今日に至っています

これはアルバム音源を聴いた時から早くCDを聴きたくなり、ある事に気が付いたと言うお話です。
フライングゲット = 略してフラゲ
国内版CDであれば発売日の前日にショップに届くCDを1日早く手にすることができる何とも有り難いサービス。

もしかしたらAPinkだってフラゲできるかも・・・
すぐに向かったのは発売日が4月2日に設定されているタワーレコードさん、いつもお世話になっています(笑)
「あのっ 明日発売のAPinkありますか]
K-POPコーナーに「Pink Blossom」が無いのでカウンターのお姉さんに聞いてみました。
「あーっ APinkさんですね・・・すみませんまだ入荷してなくて
・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・完


結局韓国からの商品が届かなくては始まらない輸入品、ある意味「近くて遠い国」と言ったら怒られるでしょうか。
もうAPinkの人気を見たら海外ファンのために発売前に税関を通過させるくらいは考えて欲しいところです。

話しは再びタワレコさん、ガッカリしているとさっきのお姉さんがこう言ってくれました。
「入荷したら連絡しますね
・・・
と言う事でネット予約しているのに店頭予約もしたshusenjin(私)、これでは「Secret garden」の時と同じだと気が付いたのはお店を出た後の事でした(私)

早く来い来い「Pink Blossom(ポスター付き)」
到着したら感想も書いてみようと思います。


前後しますが今回キャプチャしたレコーディング風景の動画です。
source : YouTube pinkpandasubs

A-Pink "Pink Blossom" Album Recording (eng)



ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。