2013年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

APinkの真実(さらに遅報ながらも後編)

前回エントリーしたインタビュー動画「APinkの真実を話せ」ではボミ・ウンジ・ハヨン3Pinkのインタビューで「お腹一杯」になってしまい(前篇)と名付けて終了してしまいました
画面の中の彼女達があまりに明るく楽しんでいるのでつい動画に見入ってしまい(後編)のエントリー開始まで時間が掛かってしまいましたが残る3Pinkのたまらなく素敵な姿をキャプチャしましたので改めてタイトルバックを・・・
100%真実だけを話す時間「APinkの真実を話せ」
その(後編) 行きます
 

A Pink - 真実を話せ!_16
(前篇)と同じよう並んだ彼女達、今回shusenjin(私)が選んだ「メンバーそれぞれお気に入りの表情」を集めてみました。

アイドルだからベストショットは笑顔ばかりかと思いますがじつは6人6様で・・・
好きな食べ物を想像して「ん~」と幸せを感じているボミ
今朝の事件でロンママに「また・・・怒られた」と回想+懺悔中のウンジ
文学少女と偽り、ツッコミを入れられてもこの表情 すごく可愛いハヨン
質問を用意していないのにマイクを受け取り「・・・」になってしまうAPink国の姫
ナムジュへの質問タイムを忘れ、マンネの話で盛り上がるロンママ
マンネいじりで見せる新しい姿「小悪魔風」なスーパーナムジュ

これだけでもかなり時間を費やしていますが今回はまだまだこれからです。


A Pink - 真実を話せ!_17
④「次はナウンの番
デビューから不動のセンターとして7人の真ん中(現在は6人なので真ん中ちょい下)に位置しているAPink王国の姫ですが、怪我が多かったりソロパートが少なかったりとその実力を発揮するまでに時間が掛かりました・・・
ドラマ「子なしが最高(邦題:限りない愛)」に出演し喜怒哀楽を演技する彼女は別人のように輝いています。ちなみにこのドラマ、WOWOWで字幕版が放送中なので要チェックです。


さて姫へのインタビューはロンママの質問から。
Q:「メンバーのここが羨ましいというものがある?」
A Pink - 真実を話せ!_18
ろんまま「なければちょっとね・・・」
絶対的なリーダーがいい感じにプレッシャーを与えるんですね・・・しかも笑顔で(笑)
「あります!」と答える姫に「誰と即座に聞くママの表情が「誰よ・・・」みたいで・・・最高です


A Pink - 真実を話せ!_19
姫が答える前にリクエストの声が(笑)
普段は大人っぽいのに「ウンジと言ってとはにかむ彼女が可愛く感じるのはメンバーとの会話だからでしょうか。
結局ハヨンの脚に落ち着きましたが、パシフィコ横浜でもボミが「ナンバーワン脚」と紹介していたのでみんな異論はなさそうですが、もう少しメンバーをどう見ているか掘り下げて欲しかったかなと感じます。


A Pink - 真実を話せ!_20
そしてお笑いはここから。
ボミが自分をネタにしてくれとリクエストすると、姫が「ボミの脚もすごい」とナイスな回答
ボミはテコンドーで引き締まった脚が気になるようですが・・・shusenjin(私)は好きですとても恰好良いです。


そして大御所の登場です。
A Pink - 真実を話せ!_21
⑤「次はチョロン
横浜で生のコメントを聞いてからとても気になる存在になったロンママ、容姿も声も好きですが日本語で話してくれた言葉に感動しました。
彼女がチームで最年長だった事や、妖精という名でステージに立った事、2年経過してもAPinkの持つコンセプトが揺るがない事は偶然なのでしょうか?
ロンママだからこそ大きな変化を求めないファンの気持ちに答えられている、変わらないコンセプトに引き寄せられてファンが増えている・・・そう感じます。


そんなみんなのママだから質問もイケてます。
Q:「鏡を見た時にマンネと感じる時があるか?」
A Pink - 真実を話せ!_22
普通であればロンママの「マンネで通る容姿について」笑いを引き出すところですが、以外にロンママが自分の心境を話出して・・・
あれっちょっと様子が違いませんか


A Pink - 真実を話せ!_23
姫「末っ子になりたい時は?」
 質問が核心を突く鋭さですが、姫のゆったりとした座り方と脚がとてもとても気になります
ろんまま「毎日 毎日
 かなり深刻そうですね・・・よほどリーダーとして苦労していそうです(笑)


A Pink - 真実を話せ!_24
シリアスな会話の中でもボミとの間には「トムとジェリー」が成立していて笑えます。


A Pink - 真実を話せ!_25
う~ん
「皆が言う事を聞かない時」・・・ですか・・・人数が多いグループなので結束した力は大きいと思いますがまとめる力も並大抵ではなく、こんな時には年下になりたいという叶わぬ言葉も言ってしまうんですね。
しかし誰がママの言う事を聞かないですって

一番早く謝った姫がまさかの???


A Pink - 真実を話せ!_26
さっそくみんな揃ってロンママに謝ります。
笑顔いっぱいであまり反省の色は見えませんが・・・
しかし楽しそうです(笑)
厳しくしないとならない時もありますがロンママがいるからみんなが笑顔を見せてくれるんでしょう。
パク・チョロンさまこれからもAPinkをよろしくお願いしますね(笑)


A Pink - 真実を話せ!_27
⑥「最後はナムジュ
必ず何か見せてくれる存在なので期待をしていましたが・・・期待以上のコメントです。
これはもはやパフォーマンスなのかと感じさせる芸達者なナムジュ、番組のトリを務めます。


彼女への質問も癖のあるものばかり・・・
まずはボミが妹の気持ちを確かめます。
Q:「愛か?友情か?」
A Pink - 真実を話せ!_28
ぼみ「溺れている好きな男と私、どちらを先に助けるか」
単純にして難しい質問ですが、ナムジュは迷わず「当然ボミを選びます」とほぼ満点の回答でボミを感激させます。
もっとも「先のことが心配なら」と但し書きが付け加えられていますが(笑)


A Pink - 真実を話せ!_29
ほらほらナムジュの言葉にボミ感動
異性間での友情は成立するか賛否両論で何とも言えませんが、ここで言うAPinkの友情は永遠であってほしいと願っています。
もちろんユギョン嬢もね。


そして満を持してハヨン投入。
Q:「一番感銘を受けた本」
A Pink - 真実を話せ!_30
次の質問はハヨンからと聞いたナムジュ、
「面白い質問をして」とリクエストすると、さっきまで感動していたボミからツッコミ発生
「私のはつまらなかった」って・・・ヒ~ッ

ハヨンの一芸に一同大ウケしつつ彼女の偽装文学少女について証言が集まります。
ハヨンが練習生時代から鞄に入れているという「モモ」・・・本を持ち歩く事で満足しているところは共感できるかも

モモとはドイツの作家ミヒャエル・エンデの児童文学作品、対象は小学校高学年から(らしいです)。
貧しくてものんびり生活している村に、効率こそ大事だと無駄なことをやめさせようとする「灰色の男たち(時間ドロボウ)」がやってくる。
主人公モモが時間ドロボウから奪われた時間を取り返して村人の生活を元通りにするために立ち上がる・・・


A Pink - 真実を話せ!_31
文学少女だと主張するのにメンバーから援護されず焦るハヨンが面白いです。
そもそもどうして本について質問したいのか分かりませんが、「もう・・・大目にみて」とロンママの袖を掴む可愛らしいオチがハヨンらしいというか、末っ子の宿命なのか・・・(笑)
ナムジュはと言うと、ハヨンの「モモ」におされて盛り上がりが今一つ、トイレに「ヘンゼルとグレーテル」が常備されている情報はファンにとってはちょっとした収穫・・・でしょうか?


A Pink - 真実を話せ!_33
これまで数々のものまね芸を披露して来たのにウンジの誘いになかなか乗って来ないナムジュ。
ウンジとボミの「面白いじゃん」や「ケアしてあげるじゃん」と言ったスタートの合図にも反応しなかったのは新ネタの練習中なのか、バラエティ系はボミに明け渡すのか・・・
もしかしたらお笑い担当からの脱却を図っているのかも、個人的には彼女たちが笑いを取りにいかなくてもいいと思っています。
APinkは可愛らしさと清楚なイメージがウリですから


そして今回一番問題の・・・
Q:「APinkのコンセプトは気に入らない?」
A Pink - 真実を話せ!_34
なんでも練習室でAPinkのコンセプトから外れるパフォーマンスをしているとか。
どんなダンスを踊っているのか気になりますが・・・見てはいけない姿なのかも。


A Pink - 真実を話せ!_35
ほかのメンバーも心なし寂しそうな表情をしていますが、こんな時はロンママがガツンと言います
APinkのコンセプトは気に入らない

もちろん冗談で言っているのですが、成長するにつれ「コンセプトが気に入らない」と言うよりも「コンセプトも成長します」と言ってくれる事を期待しています。
「コンセプトが変わります」と言われることがファンにとっては一番辛い思いをするでしょうし、そこは彼女たちも理解してくれている・・・多くのファンが感じていると思いますがshusenjin(私)も「Secret Garden」の仕上がりを見てそう確信している1人です。


A Pink - 真実を話せ!_36
結局ナムジュのキャラクターの強さに笑っておしまいにしています。
ウンジがちゃんと「戻っておいで」と言ってくれて落着するところ、仲の良さやメンバー同士の信頼が伝わってくるようです。

う~ん
もう何をとってもどこを見てもAPink最高とコメントするほかありませんね


A Pink - 真実を話せ!_37
最後にナムジュがごあいさつ
もうすでに次のアルバムについて言及していることに驚きながら、「もっと素敵な」という言葉を「もっとApinkらしいファンが待ち望んでいる」と読み替えてワクワクする事にしました。
11月にニューアルバムリリースの報がありますが中旬と仮定すればあと3週間程度、先行するティーザー映像はもうすぐなのではと期待が膨らみます。
Apinkと言えばデビューした季節から春の妖精のイメージが強いのですが、今回は冬の妖精になってカムバックしてくれるのです

あぁ、早く公式発表をしていただきたい

このエントリーを書いている途中で何を伝えたいのか分からなくなってしまいました
と言う事なので動画を観て彼女達の笑顔に癒されましょう(笑)
source : YouTube y selbbar

KPOP ZONE A Pink 真実を話せ!

ボミパートの見どころ
 0'53" 「ボミが~」とロンママが切り出したとたんにボミの高笑い
 1'20" ボミへメッセージを送っていないメンバーの気まずい表情(笑)
ウンジパートの見どころ
 3'25" 可愛くて愛嬌があるのは誰なのか(笑)
 4'37" チョロン朝の叫び(再現:ボミ)
ハヨンパートの見どころ
 5'25" 身長偽装の真相を語るハヨン・・・可愛い・・・
 5'45" 愛嬌を求めるナムジュとウンジに末っ子MAX戸惑っています。
姫パートの見どころ
 6'50" 「みんなが羨むハヨンの脚」の答えに一同「あ~っ」と激しく同意。
 7'05" 「ボミの脚もすごいわ
ロンママパートの見どころ
 7'25" ウンジの「音声は変えています」インタビュー、意外にカワイイ
 8'45" 「反省してほしいです」・・・ハイ
ナムジュパートの見どころ
 8'53" 愛か友情か・・・
 9'36" 末っ子の愛読書「モモ」
 11'18" うんざり・・・
 12'03" 「せくすぃだんす」疑惑

って結局どこを観ても楽し過ぎます、特にナムジュパートは最高でした
またこう言う企画やってもらいたいです。


ではまた。
スポンサーサイト


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

APinkの真実(遅報ですが前編)

またもリアルタイムな情報に乗り遅れている感がありありのエントリー、K-POP ZONEなる番組でAPinkの面々がメンバーからの質問に答えるという企画・・・
100%真実だけを話す時間 APinkの真実を話せ
和気あいあいとした中で繰り広げられるインタビュー、これまで聞く事の無かった(思いも付かなかった)質問に飾る事無く素直に答えてくれているのが好印象
そして何より他のメンバーとの絡みが面白く、フォローなのか暴露なのか分かりませんがとにかく素晴らしく楽しい13分、何度でも観たくなる・・・みなさんの「APinkだけを見ていたい」ライブラリに加えて頂きたい1本です。


A Pink - 真実を話せ!_1
これまでインタビューと言えばお行儀よく、答える役もほぼ決まっていたように感じるのですが今回は違います。
メンバー1人に対して残りの5人がインタビュワーとなり、しかも事前打ち合わせなどしていない様子なので回答も予想外だったりして(笑)
APinkの中での立場や役回りも良く分かります


A Pink - 真実を話せ!_2
①「最初はボミから
最近はバラエティやらデュエットやらとソロ活動が多くなってきた彼女への質問・・・「チョミ(チョロン+ボミ)」または「トム&ジェリーコンビ」のトムことロンママからのスルドイ質問。

Q:「メンバー達に寂しい思いをしたことは?」
A Pink - 真実を話せ!_3
1人で仕事をする時のメンバーからの応援メッセージはとても心強いものなのでしょう。
ハヨンとウンジ以外からはメッセージが来ないとお嘆きの様子・・・
つまりは「メッセージ頂戴と言う事ですね(笑)
shusenjin(私)も彼女達を応援している1ファンとして、いつか本当に応援メッセージを届ける事ができたら・・・とても嬉しいですね


続いて生まれ順は3番ですがボミとは同級生のウンジ
Q:「最近はまっている食べ物は?」
A Pink - 真実を話せ!_4
APinkの食べ物担当と言えばボミを思いだすほど食べるシーンが多い彼女、APinkNewsで紹介された好物のプデチゲの話題が少ないとウンジが申しております。
そこで「最近は何が好きなのか気になる」と完全に好奇心からの質問をするのですが聞かれたボミも嬉しそうに「ん~っ」などと考えながら・・・「おにぎり
時間が無い時でも食べられる手軽さとバリエーションが豊富なので「選ぶ楽しみ」があると・・・きっとおにぎりの差し入れが殺到しますね。

もうおしまいですか
あっという間でしたが超アップの綺麗なお姉さんにドキドキして、何故かおにぎりを食べたい気分になった1番手でした。


A Pink - 真実を話せ!_5
②「次はウンジの番
昨年からソロで歌手や俳優のお仕事を経験した彼女のレベルは急上昇しています。
彼女の活動でAPinkを知り、音楽を聴くようになったファンも多いはずです・・・デビュー当時から比べ眩しいくらいに成長しているウンジですがフレンドリーな性格は全く変わっておらず(笑)


まずはナムジュがウンジに聞きます。
Q:「共演者の中でAPinkに紹介したい俳優は誰?」
A Pink - 真実を話せ!_6
ナムジュも現役JKですからね 恋に恋するお年頃です
ウンジも考えた挙句に「キム・ボムさんはナムジュのような娘が好きなのでは」、とナムジュを喜ばせますが・・・

可愛くて愛嬌のある の一言に黙っていられないのがトムとジェーリーな姉2人
A Pink - 真実を話せ!_7
後ろの妹たちにはウケていますが・・・愛嬌の奥深さを感じさせる”少し控えめなロンママ”と”何かが始動し始めたボミ”の2つのポーズ。
同じ仕草もメンバーによって伝わる魅力が違います。
それぞれが可愛らしく、どちらも好きすぎて選ぶことなんてできません
まぁ、これから先2人のうち1人を選ぶ事などありませんが(笑)


A Pink - 真実を話せ!_8
そして次の質問に姫がマイクを受け取って・・・何も質問を考えていなかった姫
何にしようなどとハヨンに聞いてしまうほどにアドリブもなかなか効かない姫ですが、彼女に限って言えば、この「考えていない」姿が彼女の魅力なのかもしれないと思います。
超自然体の姿が素敵なソン・ナウン
  と
これまた超天然娘の実態が明らかなマンネの「感銘を受けた本は?」・・・(笑)


今度はボミからウンジへ
Q:「今朝起きてすぐに思ったことは何?」
A Pink - 真実を話せ!_9
・・・ ・・・
編集されているのか意味が良くわからないので、ここからは勝手な妄想タイムの始まりです(笑)
きっと昨夜のウンジは食事をしてお酒も飲んで帰宅・・・そう、ちょっとお酒の量が多かったかもしれませんが。
すでにみんなは休んでいるところへ靴やら鞄やらお土産の焼き鳥やらを散らかし、ウンジはそのまま夢の中へ。
そして前日に部屋の掃除をしたばかりの気持ちのいい朝にロンママが見たものは・・・


その時の様子はボミが実演
A Pink - 真実を話せ!_10

「ウンジ (あくまで想像です・・・ウンジごめんなさい)


A Pink - 真実を話せ!_11
③「ハヨンの真実を話せ
なぜか末っ子というポジションは愛嬌を求められることが多いように感じます。
この例にならえばAPinkの愛嬌担当と期待されるハヨン、しかし自身は全く自信を持てないようですが、shusenjin(私)が思うには代わりに素材自体が輝く超がつく美人さん
自己アピールでなかなか目立たない「奥ゆかしさ」と、彼女の一句一挙動がたまらなく「天然」だったりして、そんなマンネを絶賛応援中です。


きっとハヨンのことが大好きなウンジがこの質問
Q:「プロフィールではない本当の身長が知りたい!」
A Pink - 真実を話せ!_12
うんじ「私が見たところグループの中で一番背が高いんです」
はよん「誰が見てもそうよ 自虐的なところも良いです
背が高いがゆえに可愛らしさに欠けると説明するハヨン、しかしここから姉たちの連続ツッコミがいたいけなマンネを襲います(笑)・・・じゃなくて(泣)


A Pink - 真実を話せ!_13
はよん「可愛いイメージが私には全然ないから・・・」
そんな事いっているとボミから「じゃぁ愛嬌はどうなの」といきなり高いハードルが
「先に本当の身長を言います」と必死に愛嬌ネタを回避しようとするハヨンに今度はナムジュの会心の一撃
「愛嬌よく言ってみて」


A Pink - 真実を話せ!_14
戸惑いながらも頑張るハヨン、どうしてもマンネの愛嬌を引き出したい・・・というより楽しんで見ている姉達
「どうしよう・・・さっきから可愛くないって言っているのに・・・」
「罰ゲームって何? でも・・・いっそそのほうがいいかも・・・」


A Pink - 真実を話せ!_15
これぞ本人もビックリの愛嬌MAX ハヨンVer.
姉達には不評だったようですが、いつもと違うハヨン、頑張ったハヨンに拍手です。
でも次はもう少し頑張りましょう 期待しています



どうも書き出してから動画を見てはニヤニヤしてエントリーが進みませんね(笑)
あまりの密度の濃い動画なのでキャプチャの数もいつもに比べ多くなってきました。
まだメンバーの半分しか終わっていないのにこの疲労感と満足感はどうしたことでしょう・・・あと3人の記事を書くまでは終わない「真実を話せ!」を完結するため頑張っておりますがここで一度投稿してみようと思います。

ということなので、
ここまでを前編とさせていただき、次回後編をエントリーします。
残るメンバーは3人、いつも平常心を保つわれらが姫、絶対的な権力者ロンママ、何かをやってくれそうなナムジュ。
次回「APinkの真実(遅報ですが後編)」に続く


ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

【追加】U You ナムジュVer.

先月U Youのライブステージの動画を観賞しながらエントリーした時、メンバー毎のFancamさん映像が唯一発見できなかったのがナムジュVer.でした。
あれからナムジュ動画を探してみたものの探し方が間違っていたのか、気合いが足りなかったのか全くヒットせず・・・

そんな時に1通のコメントをいただきました。
「ナムジュバージョンありますよ~」
思いがけず救いの手が差し延べられワクワクしながら見てみると・・・
Namjoo UYou(130925)_1
source : knj415.com
お~っまさしく9月25日の円光大学祭
情報提供してくださった方はブログの拍手コメントという機能で書き込みしてくれましたが、非公開コメントでしたのでお名前は控えさせてもらいます。・・・が一言だけ・・・

「Kさん(仮名)ありがとうございます。今度はコメント下さい(笑)」

そしてこの動画を公開してくれているのは、そのURLの通り強力なナムジュ推しのサイトにも投稿されている方です。
knj415.com ですからね・・・APinkファンであればピンとくるハズです(笑)
残念ながらサイトで閲覧するにはユーザー登録が必要なのですが、実はツイッターでもナムジュ情報をつぶやいていて。

ナムジュドットコム
トップページには「キム·ナムジュのための、キム·ナムジュによる、キム·ナムジュのファンページです。」と書かれておりナムジュ一色のファンサイトです。
http://www.knj415.com/

ツイッターアカウント
@knj415com

このブログで特定のサイトを紹介する事は少ないのですが、今回のナムジュ動画で知ることができたので興味のある方はどうぞ。


Namjoo UYou(130925)_2
ナムジュのプロフィールには担当ボーカルとラップとありますが妖精アイドルAPinkにラッパーの需要があるのか不明です(笑)
メインボーカルのウンジを先頭にボーカル担当はボミ姉さんを除く全員、ユギョン嬢もボーカルとラップ担当だったので特に担当を決める必要はないと思いますが・・・
個人的にはメインボーカルウンジのサポートができるナムジュはボーカル多数の中でも筆頭ボーカルでお願いしたいところです。
そしてあの明るさ、あのノリ、あの歌唱力、そして来日すればあの語学力、もう好きになっちゃいますよね


Namjoo UYou(130925)_3
チームでメインダンサーと言うポジションのボミ姉さん
ですがナムジュのダンスもキュートで、ステージパフォーマンスを含めてボミ姉さんの後に続く存在だと注目しています。

それぞれのメンバーがAPinkの中でそれぞれの魅力を拡散していますが、歌であってもダンスであってもその存在が光り輝くナムジュの成長ぶりが楽しみです。

source : YouTube knj415com

[13.09.25] 원광대학교 축제 UYou 남주 직캠

この動画は見ていただくと分かりますが映像は円光大学祭のもの使い、音声はCD音源を合わせています。
動画作成技術が見事なのか、どんな時にも同じパフォーマンスを見せる事ができるAPinkが見事なのか・・・
そしてラストの3'15"からの3秒間は会場の声援で終了するセンスの良さ

改めてコレを紹介してくださったKさん(仮名)に感謝です

本来であれば先のエントリーに動画を追加するだけで済んだのですが、ナムジュについて思いを書きたかったもので無理やり1エントリーにしてしまいました。
来月カムバックの噂が出ていますので期待していますが、今回は「Secret Garden」から4カ月ぶりと短期間でリリースするアルバム、そのコンセプトや仕上がりが気になりますね。

ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

Marry me ~ K-HUNTER君とボミ姉さん

今回はエーキューブ家の次女がチームを離れ、個人のお仕事をしているので記録代わりのエントリーです。
この情報もいつもと同様にかなり突然でしたが・・・
デュエットですと

デュエット(英語:duet)
声楽的な意味で用いられ、特にポピュラーソングの分野における男女二重唱を指すことが一般的である。
ちなみに同性による二重唱の場合はデュオ(duo)として区別されることが多い。
(みんなの百科事典ウィキペディアより引用)

APinkの個性輝く彼女が・・・テコンドーとバラエティを得意とし、チームとプデチゲをこよなく愛するボミ姉さんが音楽番組でデュエットを披露します。
そのステージは10月4日のMUSIC BANK、以前にMV紹介のエントリーをしたK-HUNTER(高2なのでハヨンと同い年か)の「Marry me」(結婚しよう)です。



いつもと少し雰囲気が違う彼女・・・デビュー間もないモラヨな頃のボミが帰って来たようです。
デビューから900日、約2年半経っても「妖精コンセプト」未だ健在
そう・・・理屈抜きに可憐

ボミ姉さんがちょこっとMV出演している件についてのエントリーはコチラ
「結婚しよう!Bomi edit」


APinkは「恋する気持ち」を歌う事が多いのですが今回の彼の歌は「結婚」とテーマが具体的です。

APinkはアイドルグループです。
アイドルはファンに愛されるとともに、彼女達APinkは多くのファン1人1人と疑似恋愛しています(と思いたい)・・・もちろんshusenjin(私)も含めて・・・(笑)
いつかは彼女達も本当に結婚する時が来るのでしょうが、今はまだお仕事であってもこのキーワードがあるとドキッとします


K-Hunter BOMI Merry Me_3
この豊かな表情、このツボを押さえた仕草。
モラヨの時から変わらないハイトーンで歌う時の苦しそうな八の字眉は彼女ならでは。
これを見せられるとたまりません。
APinkを知った当初shusenjin(私)の心を射抜いた張本人ですから。


2人のデュエットはオリジナルと異なりアコースティックバージョンにアレンジされていますのでステージの模様は後の動画を観ていただくとして・・・
1週間前のMUSIC BANKでのオリジナルバージョンを歌う様子はこんな感じでした
ダンスチームの皆さんと一緒に(イチャイチャ含む)パフォーマンスを披露
K-Hunter BOMI Merry Me_5
前週まではご覧のパフォーマンス
MVにはオリジナルの他にダンスバージョンもあって、れっきとしたダンスナンバーなのですが・・・タイトルから想像できる通りにかなり甘い雰囲気のステージにフリコピをする方はほぼ皆無ではないかと・・・(笑)
これと同じ振り付けをボミ姉さんならやってしまいそうですが、幸か不幸か今回はアコースティックバージョン



2人とも笑ってしまうほどに直立不動で歌っています(笑)
それにこの距離感
かなり不自然です

もしかしたらボミ姉さんの「後ろ回し蹴り」を警戒して間をとっているのか、眩しいお姉さんに近づくことさえできないのか・・・
冗談は置いておいて、
shusenjin(私)が感じたのはもっと曲のイメージを意識するとステージの完成度はUPするでしょうし、彼らの魅力が引き出されるだろうと言うこと。
つまりはいつも通りに寄り添ったり手ぐらい繋いでもいいんじゃないかと・・・ファンとしては複雑かもしれませんがボミ姉さんはもう大人ですから。

では動画のコーナー、現K-POP界の妖精が歌います

source : YouTube KMusicLiveNew

131004 K-Hunter (Feat. A Pink's Bomi) - Marry Me (Acoustic Ver.) @ Music Bank [1080P]

いかがでしたでしょうか
恐らくこの歌をLIVEで聴くことは無いと思いますがこの衣装、このコンセプトで歌ってくれたら嬉しいですね。

次のカムバックの噂もチラホラありますが、できれば可愛さはそのままにファンの前に現れて欲しいものです。

ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。