FC2ブログ

2012年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

男子よアツい声援を!visits the Military (110705)

今日もAPink の新たな映像がないかwebをさまようshusenjin(私)です。
ところで、検索してまず見つける新しい画像はTV放送のステージパフォーマンスが多いのですが、中には熱心な方が撮影した「Fancam」もありその素晴らしさに感動したりします。
このFancamは撮影した方の趣味の世界なのでTVとは違った視点とか、こだわりだとか、APink への「愛」が伝わってきます。
もう1つ、Fancamはあまり編集せずありのままの映像なのも多く、特に音声!彼女達への応援が凄まじくリアルで笑ってしまうほど楽しいのです。
最近観たFancamでは女子の声援が多くて初めから歌い続けたり名前を叫んだりしてホント楽しそうです。

前置きが長くなりました・・・ココからが本題です。

そんなこんなで男子に元気が無いなと感じたので元気な男子がAPink に声援を送る動画をキャプチャしました!
A Pink visits the Military_1
A Pink visits the Military (110705)
まずはカワイイ姫のピース!(特に意味はありませんが・・・)

たまにTV放送で静かに観覧する方々がいらっしゃいますが、なにやらAPink としてはアウェー感が漂っていて思わず「ガンバレ~!」と応援したくなる時がありませんか?
A Pink visits the Military_1_2
まさにこんなの!LIVEで言う「地蔵」状態です。
こればかりは出演する番組によるとしか言えませんが・・・

そこで今回思い付いたのが彼女達にアツい応援を送るもので、動画中に映っているプログラムによると昨年7月5日に開催したイベントなのでAPink がデビューから2カ月ちょっとの頃です。
A Pink visits the Military_2
ボミ~ いちいちポーズがキュート!
それと後ろに立つ姫の驚異のウエスト(なんでも20インチだとか・・・)


A Pink visits the Military_3
ナムジュ 「It Girl」での活動は彼女の活躍が目立ちます!
えくぼもチャームポイントかと。


A Pink visits the Military_4
ウンジのツインテール (ウルトラ怪獣ではありませんよ。知らない方はスミマセン流して下さい・・・)
パッツンも決まってるし、ワクワク感が思いっきり表情に出ている・・・ような気がします。


A Pink visits the Military_5
そして姫
なぜかおたふくみたいにぷーっとしてます。


A Pink visits the Military_6
準備ができたら出発です。
ボミの座る車の一番奥の真ん中の席は遠足バスの特等席にあたります!
「えいぴんく よろぶん!」とちゃんと仕切ってちょっと狭い車中でごあいさつ。
横で窮屈そうにしているナムジュですがヘアースタイルも独創的で可愛らしい。


A Pink visits the Military_7
画面には6人しか映っていませんが、みんなそろって、
「忠誠!」
そうなんです。今日のステージは軍人さんの待つステージなのです。なんとも勇ましいAPink


A Pink visits the Military_8
さしづめ「APink 分隊」といった感じ?
最前列では94ラインの広報担当が積極的にアピールしておりますが、後方ではすでに仮眠体制に入っているようです!


A Pink visits the Military_9
現地に到着するといきなりチョロンリーダーが・・・
この時は「まるごとマイラブ」の収録があったのでメンバーとは別に移動してきたそうです。
最近ではウンジやナウン姫のドラマ出演が大きな話題になっていますが、実はチョロンもしっかり頑張ってます。


A Pink visits the Military_10
ステージまでの間にはサインしまくってます!
ハヨンは色紙を縦にして書いていますが器用なんでしょうか?サインのHの文字がスゴク大きく長~いのが特徴ですぐに分かります。
それとチョロンの姿勢の良い事!さすがはリーダー、こんなところもみんなのお手本です。

さぁ、それでは時間です!
待ちわびた男どもの前にAPink が登場します。
A Pink visits the Military_11
登場してはウォーッと大声援!歌って踊ってはワーッ大声援!!
やはりLIVEはこうでないといけません!
ステージサイズより応援のスケールが大きくしかもアツい!


A Pink visits the Military_12
トークタイムこそ椅子に座って大人しくしていますが・・・
「おっぱ~」などと言われようものならもう大騒ぎ!!
言葉など分からなくても彼らのはしゃぎっぷりに拍手をおくります。

APink よ、今日もありがとう・・・」

A Pink visits the Military_13
みんなで、「忠誠!」
ちなみにチョロンはお食事中でした(笑)


A Pink visits the Military_14
姫のピースで始まりボミのウインクで終わる今日の記事

APink の目標である「7人だけのコンサート」はどんなステージになるのか想像だけでも楽しくなります。
あと何曲持ち歌が増えて、何人ファンが増えたら実現するのかわかりませんが、きっと彼女達とファンが一緒になって楽しめる幸せな時間になる事でしょう。
お地蔵さんにならず、女子の声援にマケズ・・・できればその場にいたいものです(笑)

ではまた。
スポンサーサイト


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

HUSHとBUBIBU@Simply Kpop (121023)

久しぶりにAPink のLIVE映像をみる事ができました。
10月23日のArirangTV(アリランTV)での放送とありますが、当日は「龍仁大学のイベント」に出演していたそうなのでこちらは収録のようです。
arirang Simply K-POP Special - Hush + BUBIBU (121023)_1
arirang Simply K-POP Special - HUSH + BUBIBU (121023)
Simply K-POP 普通はスタジオ収録のようですが今回はスペシャル版で屋外ステージです。
HUSHとBUBIBUの2曲を歌ってくれているし、ちゃんと7人揃っているし、これだけでも満足度が上がります!

はじめは久しぶりのHUSHです。
arirang Simply K-POP Special - Hush + BUBIBU (121023)_2
APink の活動曲の中では大人をイメージさせる曲だと思うので「妖精」のコンセプトではないのかと賛否が分かれるところです。
shusenjin(私)としては表情にしても、振りにしても「大人っぽい」のであって「まだ大人じゃない」彼女達が見せるパフォーマンスはフツ―にAPink らしくて好きです。


arirang Simply K-POP Special - Hush + BUBIBU (121023)_3
最近ウンジの美人度がアップしてきたと言いましょうか・・・ドラマに出たりミュージカル出演が決まったりして一層魅力的になってきました
より大勢の人の前に出ることでウンジが自分に磨きを掛けているのでしょう・・・と勝手に想像してます。


arirang Simply K-POP Special - Hush + BUBIBU (121023)_4
みんな可愛く、今回お気に入りの1枚
リーダーチョロン ・ ユギョンちゃん ・ マンネハヨン  きれいに揃った3人娘
1991  >  1994  >  1996   生まれた年の話
163  <  167  <  169  身長の話
何が言いたいのかと、平均年齢は数えでも19歳!ちゃんと年齢に合った活動になってるなと、平均身長は165cmとけっこう背が高いけどハヨンはまだまだ成長するのではないかと。
ほかに意味は無く・・・スミマセン


続いて大好きなBUBIBUです。
arirang Simply K-POP Special - Hush + BUBIBU (121023)_5
この画像の編集さん、派手に動くカメラワークだけではなくメンバーの表情とかきちんと分かっていてくれてshusenjin(私)好みです。
ステージバックのLED照明がもう少し控えめなら最高ですけど。


arirang Simply K-POP Special - Hush + BUBIBU (121023)_6
ちゃんとshusenjin(私)が推す見どころ、3大萌えポイントもチェックできるし。
BUBIBU萌えポイントはもう何度も何度も紹介していますが ココ を観て下さい!


arirang Simply K-POP Special - Hush + BUBIBU (121023)_7
最後のサビに向かうウンジパートでみんなで出島に移動します。
でもこのステージの出島が小さいんです!
ナムジュが最後尾ですがみんなと同じ列に入るのに戸惑っていて観ていてヒヤヒヤしました(汗)
APink は7人なのにこの出島は・・・


arirang Simply K-POP Special - Hush + BUBIBU (121023)_8
とまぁ、無事にステージを終えたAPink お疲れさまでした
今回も色々キャプチャした中で載せなきゃもったいない!レベルの画像を少々・・・
トップのユギョンちゃんパート、Dear boy・・・しっかり撮影してくれてありがとう!
1人座って指パッチンするチョロン、あまりないカットなのでしっかりキャプチャ!・・・美しい・・・
かなりの頻度でウインクするハヨンですが高速すぎてなかなかのキャプチャ泣かせ・・・
何か寂しげな表情も画になる姫ををキャプチャ と ドキッとさせられるボミの背中


arirang Simply K-POP Special - Hush + BUBIBU (121023)_9
と言う事で、最後はコレ!
ボミの「いるむまん とぅろど ちょあ」です!
なんとも良い映像で、最近は第4の萌えポイントにしようかと思うほどです。

最近はデビューから昨年の話が多かったので、ほぼリアルタイムなAPink を記事にできて嬉しいデス。
いつカムバックするのか、いつCDが発売になるのか、発表までジタバタせずに大人しく待ってます。
でももうすぐ11月に入りますので、そろそろ心の準備をして待っています(笑)

ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

APink 「 It Girl 」ジャンプ大会!

iPhoneに「It Girl Collection」をダウンロードしてからというもの、「イトゴル」依存症になってしまったようです(笑)
今もしっかりiTunesから流れています。

さて、前回のMVでは大量にキャプチャした画像がまとめきれず残念な結果となってしまい、shusenjin(私)調子に乗り過ぎたと反省中であります。
しかし個人的に盛り上がっている時に「イトゴル」以外のキャプチャをする訳もないので、今回はテーマを決めて画像をアップしようと思います。

そのテーマとは・・・
「yeah yeah yeah oh!でジャンプ!」 です。
曲の終盤にナムジュパートで oh! のタイミングでメンバーの誰かがジャンプするという・・・アレです。
A PINK(110702)jump
ちなみに上 のジャンプは曲の中盤のジャンプで、ココはナムジュがジャンプ担当です。
他のメンバーも素敵すぎます

残念ながら全ての動画を網羅していないのでそれなりに楽しむ程度でスタートです。
A Pink(110623)It Girl
A Pink(110623)It Girl
M!Countdown でのカムバック映像です。
衣装はパステル調でイメージは良いのですがあまり統一感がありません。
個人的にはボミが良い感じです。
肝心の初ジャンプ(110623)はナムジュが飛び跳ねたのに高速ズームのおかげでキャプチャ不可能でした・・・
次に行きます・・・


A Pink(110624)It Girl
A Pink(110624)It Girl
Music Bank のステージはバックのLED だけでなく床にもLED があってスゴイです。まるでコンサート並み?
そして衣装ですが、やはりAPink は「白」が一番似合います! スカート組は2人しかいない変わったパターンですね。
第2回ジャンプ(110624)はウンジ!高いです!!ポーズも素晴らしい!!!


A Pink(110625)It girl
A Pink(110625)It girl
Tシャツにショートパンツの軽快な衣装、年下2人は何故かTシャツが紫ですが赤が足りなかったのかと心配になってしまいます。
全員がショートパンツなので誰がジャンプしてもおかしくない中で、
第3回ジャンプ(110625)は誰も予想していなかったユギョンちゃん!
この頃まだまだ大人しいイメージの彼女が・・・大穴でした(笑)


A Pink(110626)It Girl
A Pink(110626)It Girl
この衣装は軍隊でのステージの時にも使っていました。A CUBEさんの動画でしたが、曲はやはり「It Girl」でした。
で、第4回ジャンプ(110626)ですが長身マンネ=ハヨン! 身長だけでなく足も長くてビックリです。


A Pink(110630)It Girl
A Pink(110630)It Girl
衣装は第2回と同じようですが・・・やはりAPink は白の衣装が似合います。 ←(しつこい!)
お待ちかねの第5回ジャンプ(110630)は、衝撃のボミ(へそ出し)ジャンプです!
APink は妖精コンセプトです。カワイイお腹とおへそを見せてしまって大丈夫なのかと・・・
shusenjin(私)的にはOKです! こんな娘達だから目が離せないのだと思いますが。


A PINK(110702)It Girl
A PINK(110702)It Girl
衣装は夏バージョンのようですが、2人だけだからかチョロンとナウン姫のスカートがフワフワで気になって気になって。
第6回(110702)ジャンプは再度ボミ! ただしおへそはしっかりガードしてきました!
セットが少し狭いので7人が歌って踊るとぶつかりそうになり、観ている方はヒヤヒヤです。


A Pink(110705)It Girl
A Pink(110705)It Girl
三度同じ衣装で登場です。でもAPink はやっぱり白が・・・
第7回(110705)ジャンプも3回連続のボミ! 
実はこのステージは屋外でしかも雨の中!滑りやすい場所でのジャンプパフォーマンスは危ないと思うのですが。
「雨降ってるけど誰がジャンプする~?」って話になった時、ボミが言いそうです・・・「私、飛ぶよ!!」


A Pink(110709)It Girl
A Pink(110709)It Girl
第3回と同じ赤Tと紫Tでとっても健康的です。
注目の第8回(110709)ジャンプはキレイもカワイイもお任せなチョロン!
ジャンプの仕方もメンバーそれぞれ、特にチョロンはカワイイ仕草や表情、スタイルまで良く分かってマス(笑)


A Pink(110710)It girl
A Pink(110710)It girl
これはまた衣装についてはコメントが難しい平凡さ。ステージ演出に彼女達のパフォーマンスが引き立つ仕事を希望します!
そして第9回(110710)ジャンプは前回に引き続きチョロンです!
画面ではジャンプを確認したのですがキャプチャできるカメラワークではなくて断念しました・・・


A Pink(110714)It Girl
A Pink(110714)It Girl
衣装はナムジが前回と同じで他のメンバーも第4回の時と同じようですが、ステージ演出のおかげであまり気になりません。
第10回(110714)ジャンプはナムジュ 1回のステージで2度飛ぶ元気はつらつさです。
またもやジャンプシーンがキャプチャできず・・・


A Pink(110715)It Girl
A Pink(110715)It Girl
今回はTシャツ+ショートパンツで統一しての新衣装です。演出も黒をバックに彼女達を際立たせて良い感じです。
そして毎回誰がジャンプするのか注目の的でしたが、とうとうやりました!
第11回(110715)ジャンプはボミ・ユギョンちゃん・ナムジュ・ハヨンの豪華4人飛び!
みんなで飛べばいつもより高くジャンプできる娘達です


A Pink(110716)It Girl
A Pink(110716)It Girl
またまた新衣装。白+赤と白+ピンクのシンプルな配色ですがカワイイ衣装です。
前日に4人飛びを披露したAPink ですが、他のメンバーも黙っていません。
第12回(110716)ジャンプはチョロン・ウンジ・ナウン姫のキュートな3人飛び!
そして何気に・・・祝  姫の初ジャンプ


A Pink(110717)It Girl
A Pink(110717)It Girl
今日のステージは会場中央に位置しているので360度観客でいっぱいですが、ここでこそ披露するとっておきの技がありました。
第13回(110717)ジャンプは・・・APink 全員飛び!!
「It Girl」の活動も終盤ですのでジャンプについてもこれが集大成かと・・・
衣装も4回目。「It Girl」好きな衣装ベスト1です


A Pink(110910)It Girl
A Pink(110910)It Girl
音楽番組での活動を終えてから少し後のイベントステージです。
季節も秋口なので衣装も夏から秋にモデルチェンジし、スカート率がアップしています。
第14回(110910)ジャンプは無難にナムジュ2回飛びでした。
結構ステージと観客席が近いのに驚きます!shusenjin(私)、前列で観れたらもっと興奮していると思いますが、みなさん冷静です。


いよいよ次が最後です。
A Pink(111016)It Girl
A Pink(111016)It Girl
バスケットの試合会場でのステージです。
何と言っても衣装は・・・APink だから許せます
スタジャンは良いとしてトレーナーのキャラクターはメンバーのイメージなのでしょうか?
チョロン → スカンク?
ボミ → バンビ
ウンジ → ドラゴン・・・ですか?
ユギョンちゃん → ひつじ
ハヨン → ヒヨコ
もう・・・「責任者出てこい!」のレベルですが、彼女達の笑顔は素敵だし、ひらひらスカートはアンマッチすぎるからこそ気になって仕方が無いし・・・スタッフもなかなかの確信犯です(笑)
で、最後の第15回ジャンプも・・・APink 全員飛び!
コレをリアルに観た方はほんとに羨ましいです。


さて、ここまで「誰がジャンプするか」というテーマで各回を見てきましたが、順位は付けられないので観てドキドキ・ワクワクする
これで良しとします。

ただ、いろいろ観た事で発見もいくつか。

①衣装は変われど靴は変わらず (いしょうはかわれど くつはかわらず)
 第14回は特別なのか黒い靴ですが、他はいつもの白いスニーカーっぽい靴でしたね。
②ジャンプする時ウンジの指差し (じゃんぷするとき うんじのゆびさし)
 ほぼジャンプするメンバーに向かって指差ししているのに気が付きました。こんな仕草も好きです。
③みんなできる娘すてきな娘 (みんなできるこ すてきなこ)
 センターだけでなく7人それぞれが魅力を発揮し始めたかと思わせます。
 MVを観ても個性が伝わってくるように、今回のジャンプだけでも楽しませてくれるAPink です。

キャプチャするための動画チェックがガッツリ観賞になってしまい、あげく寝落ちしました・・・
これもAPink の魅力にはまったがゆえのこと。
「It Girl」まだまだリピート中です!

ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

予告通りの「It Girl」MV(大漁!)

iTunes Store で見つけた「It Girl Collection」 毎日聞いています!
特に気に入っているのが2曲目のリミックスバージョンと3曲目のインストゥルメンタル。リピートマークが付いたままです(笑)
前回嬉しさのあまり「It Girl」MVをネタにすると予告していましたので実行する事にしました。
It Girl MV_0
MV自体がレコーディング風景と言う変わったコンセプトですがこれがまた面白いのです。
決まった振り付けも演技も無く、自由に、自然なスナップ撮影のような映像です。
キャプチャも予定より多くなってしまい収拾がつかないのですが、もう諦めてスタートします。

It Girl MV_1
まずこのMV何がスゴイかって、とにかくメンバーのアップが多い事!!
画面いっぱいフルスクリーンに映る彼女達は・・・イイ!

It Girl MV_2
ここはまだ前奏部分。スタジオ入りして出番を待つAPink の面々。
チョロンとボミは一緒にいる映像が多いです。ユギョンちゃんとハヨンが一緒に映っている事も多いデス

It Girl MV_3
I wanna be that girl who can be with you forever
so tell me will you be my boyfriend

歌い出しはユギョンちゃんの英語パートです。
「MY MY」の英語の歌詞はユギョンちゃん作ですがこの曲はどうなのでしょうか?

It Girl MV_4
いぇるる どるみょん いろん まりや すぃうん まろまん えぎ はるげ
ねが のる っちごっそ まめ どぅろっそ

いきなり「あなたに決めたわ」って言われたら・・・手でハートまで作って

It Girl MV_5
むろん みどじじ あんけっじまん くみんが くみんが はげっじまん
ねが のる じごっそ たんぶんがん まめ どぅろっそ

姫も「あなたに決めたわ」なんて・・・誰に言っているんですか!

It Girl MV_6
おるっとるとらん とぅっ に ぴょじょん みっき みっき ひむどぅるけっじ
もら もら もら ど いさんぐん くろん ぴょじょん ぼいじ ま

歌詞も振りも可愛いのがこの「もらもらもら」告白しておいて「知らない!知らない!」などと言う彼女達・・・

It Girl MV_7
ぱんちゃ ぱんちゃ びなぬん ねが ぶっくろっじ あんけ
もりぶと ぱるっかじ You have to change the your style

ナムジュも表情豊かな娘ですがココのナムジュが特にカワイイと

It Girl MV_8
のん ね っこや (boo ぶっくぶっく) むじょこん ね っこや (ぶっくぶっく boo)
照れ照れ 照れ照れ

It Girl MV_9
ってるるん いろなそ ちゃる ってっかじ ぬる なまん せんがけ
ね なむじゃや (ねっこ ねっこ ねっこ) よんうぉに ma ma ma ma my boy
しむじゃぎ とぅぐんとぅぐん ぱっぱじる こや yeah yeah yeah oh

ナウン姫のパートから全員コーラスに・・・

It Girl MV_10
間奏でのナウン姫とナムジュ
カメラに気が付いたナムジュがナウン姫にも伝えて・・・良い絵を頂きました。
もうすぐ2番の始まりです。

It Girl MV_11
ならん かち さじん っちぐる ってん じょるて おるぐる どぅいろ っぺじま
きぼんじょっ いぇいや (あぷろ が!) あぺ が いぇいいぇ

マンネから要求が!

It Girl MV_12
あぷろ が!
前に行って!とリーダーが申しております(笑)
リーダーを中心に、姫、ナムジュ、ハヨンと誰一人同じ表情をしていないところがなんとも言えず楽しいですね。
このハヨンとチョロンのかけ引きパートはステージでも2人の絡みがあったりの好きなシーンです。

It Girl MV_13
おぬる むすん よんふぁるる ぼるじど くっなご おっとん じょにょっ もぐるじど
ねげ むっじ ま なん あじゅ いぇみんはごどぅん

チョロンが得意のカワイイ仕草・・・とボミの首から伸びてくるナウン姫の腕・・・コワイ!

It Girl MV_14
な じょむ ぴごね tomato もっまら ちぐむ な rooibos
うぉんれ うぉんれ うぉんれ うぉんれ ぐれ that that that that that that that girl

喉が渇いたらトマトジュースを飲むのでしょうか?
ボミはがぶ飲みする仕草が面白いのですが、何よりユギョンちゃん「無表情なんてもう言わせない!」

It Girl MV_15
っぽそんっぽそん およぶん ねが しるじゅなじ あんけ
もりぶと ぱるっかじ You must to change the your mind

ウンジのパッツンも決まってます。彼女は笑顔もですがリアクションも目立ちます。

It Girl MV_16
のん ね っこや (boo ぶっくぶっく) むじょこん ね っこや (ぶっくぶっく boo)
ってるるん いろなそ ちゃる ってっかじ ぬる なまん せんがけ
ね なむじゃや (ねっこ ねっこ ねっこ) よんうぉに ma ma ma ma my boy
しむじゃぎ とぅぐんとぅぐん ぱっぱじる こや yeah yeah yeah oh

ここの最後のフレーズ、ナムジュの歌う「yeah yeah yeah oh!」で誰がジャンプするのか毎回違うんですね。
MVでは全員でジャンプでしたけど。
音楽番組のステージでは今日は誰だと話題になってた・・・かどうかは分かりませんが。


さて、歌詞などを載せていますが諸々の事情によりこの辺で止めておきます。
代わりと言ってはなんですが、おまけのキャプチャを・・・
その1 マンネ
It Girl MV_17
姉達を差し置いてどアップのキス顔でも何か可笑しい

その2 姫
It Girl MV_18
マンネに負けられません。ビジュアル担当の実力発揮です。

その3 ボミ
It Girl MV_19
ボミについては「あの時のモラヨ」以来の注目株
やはり彼女は何か持っている・・・shusenjin(私)はそう思います。
何かに付けて宣伝したいので「あの時のモラヨ」もよろしくお願いします!

その4 チョロン
It Girl MV_20
最後は大御所の登場です!
可愛くも美しいリーダー、存在感が違います。

ふぅ・・・まだ載せたい画像はありますが力尽きそうなので最後の1枚です。
It Girl MV_21
みんな揃って「お疲れさまでした~

今回は画像を貼り付け、歌詞を付けただけで手抜き感がありありですが、shusenjin(私)はこれを書いている時もiPhoneから「It Girl」を流し続ける至福の時間の中でした。
まだしばらくの間リピートは続きます・・・(笑)

ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

It Girl Collection 購入!

APink のカムバック情報を待つうちにすっかり「モラヨ」まで時代を逆行しているshusenjin(私)です。
ティザー、MVに続いて音楽番組の中でパフォーマンスする彼女達を見ているうちに映像が「モラヨ」から後続曲の「It Girl」に・・・

この「It Girl」、ステージではオリジナルバージョンでパフォーマンスしますがMVはリミックスバージョンなのです。
しかも、1st Mini Album 「SEVEN SPRINGS OF APINK」に収録されているのはオリジナルバージョンのみ!
つまりCD音源ではMVで流れる「It Girl」は聞けないのです。

・・・いえ、聞けないと思っていました。
なぜ気が付かなかったのでしょうか?
iTunes Store の存在を・・・

CDではありませんが、なんと!「It Girl Collection」というスペシャルなEPがありました。
さっそくダウンロードしてiPhone へ同期するとこの通り。

APink300(1)APink300(2)

ジャケット画像はMini Albumと同じですがタイトルは変わっているので良しとします。
収録曲はというと、これまたアルバム収録されていない「Let Us Just Love」もあったりして。
「Like a Dream」は少し音が歪んで音源としてはNGです(涙)←でもこの曲は2nd Mini Album 「Snow Pink」に収録されていたりして(笑)

全体的に音質はCDにはかないませんがココでしか入手できない事を考えると満足です!
個人的にはInstrumentalなども聞いていると口ずさんでしまうほどはまりそうで。

しばらくはこれでAPink 不足を補えそうデス!!

今度は「It Girl」MVをネタに何か書きそうな気がします(笑)

ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

まさに「モラヨ」なAPink ティザー

APink のカムバック情報いまだ流れずですが・・・
今回は彼女達がCDデビューに先駆けて公開された「モラヨ」のティザー映像まで戻って、
まだこの時点ではどんなグループなのかもよく分からない、
まさに「モラヨ」APink
をキャプチャします。
正確にはAPink Newsはすでに放送開始していたのですが、プロモーション映像として公開されたのはこれが始めてではないかと思います。

ティザーは2つあり、ひとつは「APink 」の、もうひとつは「モラヨ」の映像です。
Seven Springs of A Pink ( I don't know )Teaser_8
Seven Springs of A Pink ( I don't know )
デビュー直前のプロモーションなのでチーム「APink 」1度きりのお披露目ティザーになりますよね。
内容は「SEVEN SPRINGS OF APINK」のMVそのもので、1分33秒掛けてメンバーを紹介するという大作ティザーなのです!

このブログ、音は出ませんので「SEVEN SPRINGS OF APINK」を口ずさみながら、または自分の頭の中で曲を再生して彼女達を見て行きます(笑)
Seven Springs of A Pink ( I don't know )Teaser_1
先頭に立ったのはナウン姫ワンピースが超ミニで心配になります ←(何がだ!)
ナウン姫はAPink のメンバー公開も1番目でしたが、やはりビジュアル担当としてトップバッターを務めます!
花畑ではなくお茶畑(?)のような広大な風景の中、逆に彼女が引き立っていると考えるのはshusenjin(私)だけでしょうか?
多くの人がそうであった(と思われる)ようにshusenjin(私)もナウン姫を見た時にはその容姿に釘づけでした。


Seven Springs of A Pink ( I don't know )Teaser_2
2番目に登場するのはリーダー・チョロン
花を拾い上げる姿を遠目で見ている映像ですが、何だかのぞき見しているような気持ちになりちょっとドキドキします。(笑)
若いグループなので20歳でリーダーを任されていますが、あえて強く感じさせないリーダーシップと自由な雰囲気がAPink を妖精と呼ばせ、それが不自然ではなく今に至っている要因のひとつだと思います。
ちなみにメンバー公開でも2番目だったのですが、デビュー前から他のMVに出演したりしたため注目度は高かったみたいです。


Seven Springs of A Pink ( I don't know )Teaser_3
3番目はスーパーマンネのハヨン
先の2人と見た目の年齢は変わらないように感じますが、最年長のチョロンとは5歳違いです。
これから6人の姉達と一緒にどんな成長をするのか・・・歌手、女優、モデル、お笑い(は無いかも)・・・可能性は無限大です!
これまたメンバー公開は3番目なので、何か作為を感じますね・・・。


Seven Springs of A Pink ( I don't know )Teaser_4
折り返し地点の4番目は”元気子供”ナムジュ
映像中の1カットが長いので顔の向きとか傾きとか動きの小さなキャプチャになってしましましたが、キャッチの通り健康的です!
さて注目の公開順序ですが、なんとナムジュはウンジとユギョンちゃんの後なんだそうです。ここまで来たらバッチリ合わせてもらいたかった・・・こんな暗号みたいな作りにハッと気が付いたら嬉しいと思うのですが。


Seven Springs of A Pink ( I don't know )Teaser_5
APink の中で生まれ順も5番目のユギョンちゃん
キャンバスが置いてありますが絵を書くのではなくユギョンちゃんは読書中です(笑)
やはり大人しいイメージに写っています・・・「深窓の令嬢」といったイメージでも良いのですが、彼女がときどき見せるはっちゃけぶりにギャップを感じて1人嬉しく思う事もしばしばです(笑)


Seven Springs of A Pink ( I don't know )Teaser_1
6番目に登場するのはウンジ
今やドラマで演技とお国言葉を絶賛され APink 屈指の注目株となっていますが、このティザーでは方言アイドルなど想像させない花束少女なのです。
この娘の笑顔はいつも変わらないナチュラルさが良いデス。これぞウンジスマイル


Seven Springs of A Pink ( I don't know )Teaser_7
そして最後の7番目のトリを務めるのはこの人、ボミ
はっきり言ってデビュー時のAPink の顔はナウン姫とボミというくらいメディア露出が多いのではないでしょうか。
彼女は何か不思議な(天然ではないですよ)雰囲気を持つ娘で気になります。美人だし。
衣装は春ですが景色はまだまだ冬の空と海じゃないですか。そんな中での無数の風車・・・シュールな感じさえ漂ってきます。

いかがでしょうか?
素晴らしい映像で言葉もありません・・・


ここからはいよいよ「モラヨ」のティザーに入っていきます。
Seven Springs of A Pink ( I don't know )Teaser_9
「寒い冬が過ぎて・・・」
のっけからボミとナウン姫のツートップで先制攻撃です!風になびく髪が美しい・・・


Seven Springs of A Pink ( I don't know )Teaser_10
「暖かい日差しに照らされたある日・・・」
大人でもあり、少女のようでもあり、コンセプト通りの姿に見入ってしまうのです。


Seven Springs of A Pink ( I don't know )Teaser_11
「春がやってきた。」
春とともにギグァン君もやって来ました。
爽やか過ぎる演技もこのMVの見どころかも・・・本編ではいきなり庭で寝ていることろをナウン姫に発見されます(笑)


Seven Springs of A Pink ( I don't know )Teaser_12
さてギグァン君ですが、
ナウン姫に待ち伏せされたり、ボミに通せんぼされたり
かなり羨ましいです!

Seven Springs of A Pink ( I don't know )Teaser_13
「いきいきとしたときめきと一緒に・・・」
そしてウンジは栞と一緒に釜山なまりで告白・・・ではなく恥じらいと一緒に栞をプレゼント
このウンジの笑顔は演技ではなく本気で照れているのでは?


Seven Springs of A Pink ( I don't know )Teaser_14
ウンジにつられたか、
ギグァン君を介抱していたナムジュは彼の額の汗を拭くだけで照れ照れ。
元気になったギグァン君に危うく(?)寝顔を見られそうになったユギョンちゃんも照れ照れです。

Seven Springs of A Pink ( I don't know )Teaser_15
ハヨンはクッキー(手作り!の設定で)を手渡しして・・・
チョロンは意味深な花占いの最中にギグァン君に見つかってしまう始末・・・でも嬉しそう・・・

Seven Springs of A Pink ( I don't know )Teaser_16
ボミはと言うと、通せんぼ作戦が成功し大喜びですが勢い余って後ろの扉に衝突!
とまさに主役級の役どころですが、やはり表情の豊かさと言うか見ていて楽しいボミの演技です。
ちなみにボミが壊してしまったセットもこの扉でした。

Seven Springs of A Pink ( I don't know )Teaser_17
「春はいつまでも私たちと一緒でしょうか?」
姫様・・・今日も笑顔が素敵です


Seven Springs of A Pink ( I don't know )Teaser_18
こうしていつまでも幸せに暮らしましたとさ・・・


shusenjin(私)が思うに恐らくMV本編をキャプチャしても同じ記事になってしまうのではないかと、それほどまでに「モラヨ」ティザーは「濃い」映像の塊です。
デビュー曲にして名曲と言われる事に対して何の疑問もありません・・・と思います!

今回も「モラヨ」の一言で長々と書いてきましたが、言いたかった事は、
「早く素晴らしい曲でカムバックして!」
ここ数日は「モラヨ」MVをリピートしているshusenjin(私)でした。

ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

APinkが紹介する「I don't know ~モラヨ~」

このところ連続して「MY MY」や「HUSH」について書きましたが、さすがに同じ時期の話が続くのはマンネリ傾向であります。
そこで今回はまだデビュー間もないくらいの時までグッと遡ります。
「THE STAR」のインタビューなのですが2011年5月あたりの映像のようです。

THE STAR Interview_1
APink TheStar Interview(20110519)

念願のCDデビューから1か月が経ったくらいですが、みんなで元気にあいさつから始まります。
デビュー曲「몰라요(モラヨ) -I Don't Know-」の代表的な振り付け「蝶ダンス」ですが、この頃は活動するいろんな場所でアピールしていたんでしょうね。
ジュエリーブランドの撮影の時よりアイドル度がグーンとアップしています。
過去の撮影風景は こちら をどうぞ!
メンバー1人1人が借りてきた猫のように大人しく(猫を借りる事あるのか不明ですが・・・)、清楚な「妖精アイドル」のイメージでスタートします・・・インタビューが進むにつれてメンバーの表情に強力な個性が見え隠れしているようですが(笑)

THE STAR Interview_2
APink は「キレイでカワイイ」妖精たちなので「クールでセクシー」ではなくひたすら笑顔です
背景のリボンなども当時の彼女達のイメージを表していますよね。


THE STAR Interview_3
次に自己紹介など・・・画面のテロップを直訳するととても?な所もあるのですが。
チョロン → ロングママ リーダー チョロン ← なんとなくわかります。
ボミ → スパークリング ボミ ← ハジケテルってことですか?
ウンジ → メインボーカル ウンジ ← まぁ、事実です。
ナウン → 藤堂女(トドジョ) ナウン ← 意味がわかりません!スゴイほめ言葉だと思います。
ユギョン → 牛乳のような ユギョン ← ホントに色白です
ナムジュ → 健康子供 ナムジュ ← 健康美は良いですが子供は言い過ぎ!
ハヨン → 成熟した末っ子 ハヨン ← マンネも重要なポジションですからね。

THE STAR Interview_4
初めは1st Mini Album 「SEVEN SPRINGS OF APINK」のタイトル曲の紹介から。
モラヨの曲解説にこうあります。
「クラシカルなメロディーの始まりに少女たちの爽やかな春を知らせる曲」とコンセプトを説明して、
「少女たちの感性と潜在的な才能を最もAPink らしく表現した」と期待を感じさせる解説です。

THE STAR Interview_5
ところが・・・
当の本人達は妖精が歌って踊るこの曲を「別名 ハエたたき」と言ってます(笑)
どうやら、「オッチョムグリ-ド・・・」の後の頭の上で手を叩くアレらしいです!
オッチョムグリ-ド! パン!! ってね。


THE STAR Interview_6
そしてこのMVのキーマンがギグァン君。
共演するだけでなく、演技やカメラ目線などアドバイスをたくさんもらったとハヨンが感謝!
いい先輩がいることも彼女達には幸せなことです。


THE STAR Interview_7
調子が出てきたハヨン、撮影時にセットを壊してしまったボミ姉さんにツッコミを入れ、ボミ照れながら釈明する姿が良い雰囲気。ボミの表情とか見ていると気持ちのおおらかないい娘だなとつくづく思います。

THE STAR Interview_8
ここからはチョロンがマイクを持ちますが、いきなり日本語で「こんにちは!」
すでに海外を意識しているのかと感心しますが、日本語もっと使う機会が増えるとお互い嬉しいですよね
海外デビューを果たし道を開いてくれたキューブファミリーの先輩達に感謝し、APink も頑張ると決意表明!


THE STAR Interview_9
ナウン姫のデビュー時の思い。
一番みたかったテレビ局の控室のドアにある「Apink 」の名前。
「いよいよ私たちも・・・」と涙があふれそうになり、胸が熱くなったと。
なんともけなげなナウン姫


THE STAR Interview_11
APink の目標!
何とユギョンちゃんの口から大きな目標が・・・
「7人でAPink だけのコンサート」
スゴイよ! でも着実に目標に向かって歩いているとshusenjin(私)は思いますよ。
それにウンジは新人賞を取った時のために「涙の受賞」リハーサルまで!
ユギョンちゃん「やれやれ・・・」  ナムジュ「それやっちゃうんだ~」


THE STAR Interview_12
最後はチョロンの「視聴者のみなさん、APink でした~」
〆はナムジュ「後続曲も期待してくださいね
後続曲の It Girl  いい曲ですよね。


さぁ、オマケのコーナー
1つ目
THE STAR Interview_13
ナウン姫の表情と仕草

2つ目 分かってますよね。
THE STAR Interview_14
まだ魅力を出しきれない感じのユギョンちゃん
落ち着いて物事を見定めている彼女には何かを感じます。


さて、晴れて芸能人となった彼女達ですが、この頃のAPink News ではデビューまでの苦労や喜びなどが収録されていてなかなか楽しいです。
また過去に戻って彼女達を追いかけたいです。


ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

HUSH MV撮影現場から(120429)

なにやらカムバックの情報がありそうでなさそうで。
ただ公式発表であっても予定が変更される事もあるので今はまだじっと待っております。

待っている間でもAPink を応援するためあれこれ記事を書いて行こうと、そして必ずやってくる「その日」を期待するshusenjin(私)です。

前回まで「MY MY」のティザー、メイキング、「HUSH」のティザーと来ましたので、今回は(計画的に)「HUSH」のメイキング映像をピックアップしました。
HUSH MV making_1
HUSH MV Making(120429)
ティザー映像の時にも言いましたがこのMVは「歌って踊るダンスVer.」です。

HUSH MV making_2
MVの中で彼女達の衣装が変化します。
4パターンのうち映像時間が長いのが「例のデザイナーズ衣装」と「AロゴTシャツ」でしょうか。
「例のデザイナーズ衣装」は以前にもネタで書きましたが、一方の「A」の一文字がデカデカと胸に書かれたTシャツのインパクトと言ったらどうでしょう!
未だに違和感漂う衣装なのですが、いっその事公式応援グッズにしてはどうかと・・・
来るべき単独コンサート会場に足を運ぶピンクパンダ達の胸には「A」の文字があったりして。
ツアーTシャツとかタオルとか日常生活では出番はありませんが、こういうグッズは出演者とファンが一つになる絶好のアイテムだと思うのでA CUBEさん是非ご検討を・・・
余計なお世話ですが、「例のデザイナーズ衣装」については コチラ に書かせてもらってマス!


HUSH MV making_3
ところでこの撮影時にナウン姫は足を痛めていてアイシングをしています。
当然そんな表情は見せませんが、痛みにも負けず撮影する姿を見るとますます応援したくなります。


HUSH MV making_4
「キレイでカワイイ」がコンセプトのソロ映像だそうですが、スタッフさんもプロと言うかさすがです。
素人からすると近距離で笑顔を振りまく彼女達を目の前にしたら仕事なんでできませんから!


HUSH MV making_5
うわ~っ!このナウン姫の演技を真顔で撮影するスタッフさん達って・・・


HUSH MV making_6
巨大な「HUSH」セットです。
倒れそうで倒れない、チョロン「U」にチョコンと座っているのが何かカワイイ・・・


HUSH MV making_7
場面は変わって控室。ウンジがセルフカメラでチョロンとツーショット。
チョロンは表情豊かでヘン顔さえも愛らしく、ついでに言うと発声が特徴的で好きです!


HUSH MV making_8
そんなチョロンですが撮影前に反復練習をする姿を映像の中でよく見ます。
こんなひたむきな姿を見るたびにカワイイだけじゃないリーダーチョロンを、そしてAPink というグループを強力に推したくなるのです。


HUSH MV making_9
ボミの表情の切り替わる速さとダンスのキレはピカイチだとshusenjin(私)信じています!
何か惹き付けられるモノがあるので無防備な状態では危険です!心の準備をしてから直視しましょう(笑)


HUSH MV making_10
ハイ!ユギョンちゃん
あんなに長かった髪を切ってしまうのは女性では勇気がいりますよね。
でもこのショートもお似合いです、と言うか彼女の魅力を拡散するのに十分なインパクトがあったと思いますし、ファンが急増したのではないかと。
ツンデレとかではないクールさは彼女のオリジナル、なのに愛らしい


HUSH MV making_11
よくアイドルグループはメンバーが同じに見えるとか聞きますが、興味が無ければ当然です。
shusenjin(私)も人数すら分からないグループもあるし、顔と名前が一致するほど追いかけるのはごく限られた芸能人に対してだけですからね。
そんな中で推しまくりのAPink ですので彼女達の一句一挙動に同じものは無いと・・・そう思います。


HUSH MV making_12
アイドルとしてのスタイルもパフォーマンスも安定度抜群のチョロン
やはり普段の積み重ねとプロフェッショナル精神によるものか?何度も言います・・・好きです。


HUSH MV making_13
何故かビーストのヨソプ君が応援に来ました!
話の内容は分かりませんが、後ろにいるナウン姫とユギョンちゃんのウケっぷりが見ていて楽しい。
身内なので気楽なんでしょう、特にナウン姫の表情が素敵!


HUSH MV making_15
待ち時間のナムジュとハヨンは踊りまくっています。
その後ろで踊っている人影(黄色の矢印の人)が・・・
この人こそ事務所の「代表様」、あの携帯電話の約束は守っていませんがメンバーが家族と過ごせる時間を考えてくれるようなアーティスト思いな方です。


HUSH MV making_16
プロフィールの趣味にダンスと書いているユギョンちゃん
クラシックバレエかと思いきや、最後は仮面ライダー1号(古!)の決めポーズ!
奥でハヨンが声援を送っているように見えます。


HUSH MV making_17
後半にはユギョンちゃんの「編集にあわないための苦闘」と題していろいろ話てくれていますが残念ながら内容が分からない事と、「ユギョンアごめんね...編集した...」と無情のコメントが・・・
大丈夫!次があるから!


HUSH MV making_18
自由なAPink
「H」のセットでリンボーダンスするハヨン
代表ネタで遊ぶウンジとすぐ真似をするマンネ
いつも通りのギャグパフォーマンスのボミ


NGシーンも有ります!
HUSH MV making_19
その1 ナムジュのローキック?


HUSH MV making_20
その2 ウンジの1本足打法!!


HUSH MV making_21
その3 ウンジ「みんな!振りが違うよ!」


HUSH MV making_22
うた番でも間違った時があったような・・・
センターだし、踊りきれば分からないかも?


どうでしたでしょうか?
MVはシンプルですがメイキング映像ではAPink News級の自然な感じで良いデス。
HUSH MV making_23
ユギョンちゃん癒されてます


このメイキングを見ればMVの仕上がりや衣装などいろいろな見方が出来て楽しいかと思います。
次のMVも楽しみにしばらくは他のMVを見て待つことにします。

ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

APink不足に・・・HUSHティザー

最近APink が不足しており、shusenkin(私)の次期アルバムへの期待が高まる一方です。
昨年の11月22日に「 Snow Pink 」がリリースされ、その後タイトル曲「 MY MY 」でカムバックしているので 今回も同じ時期かと根拠も無く勝手に予想しています(笑)
ですが来るべき発表とティザー映像を待っているだけではAPink 不足は解消されないので前回の「 MY MY 」のティザーに続き、今回は「 HUSH 」で行きたいと思います。

HUSH MV Teasers_0
APink HUSH MV Teasers
APink のMVの中では唯一ダンスで終始する仕上がりです。
曲もこれまでよりスタイリッシュになったためかダンスバージョンで決めてきた・・・そんな感じがします。

と言うわけで何かしら演技とか演出とかあればいいのですが、このMVに限ってはただひたすら彼女達のダンスと表情を追い続けるしかありません。
HUSH MV Teasers_1
ダンスはキャプチャしきれないのでいつも通りにアップ中心で。
このティザー映像で「モラヨ」→「It Girl」→「MY MY」の妖精アイドル路線から離脱してしまうのかと心配するほど、「え~っ!?」という印象を受けました。
今考えれば1位には届きませんがランキング上位になるほど支持され、
「これまでと雰囲気は違ってもやっぱりAPink だ!」
と改めて思わせてくれるちょっと大人のAPink ナンバーだと思うようになったのです。

それとユギョンちゃんとナムジュのイメチェンがインパクト大で花丸でした。


今回はダンスシーンも少ないティザーなので各メンバーのキャプチャをまとめてみました。
もう説明の必要もないでしょうからいつものように歳の順で行ってみます。
HUSH  Teasers 1_chorong
チョロン
相変わらず美人さんです。



HUSH  Teasers 2_bomi
ボミ
ヘン顔もするけどそこがまた好き。



HUSH  Teasers 3_eunji
ウンジ
笑顔が幸運を呼んでマス。



HUSH  Teasers 4_naeun
ナウン
姫と呼ばせていただいてます。



HUSH  Teasers 5_yukyung
ユギョンちゃん
クールにカワイイところが魅力です。



HUSH  Teasers 6_namjoo
ナムジュ
成長著しいチームの元気印ですよね。



HUSH  Teasers 7_hayoung
ハヨン
美しすぎる期待の末っ子。



結局キャプチャを張り付けただけと言われそうな記事になってしまいましたが、それはそうとsyusenjin(私)が待ち望んでいる発表はいつになるのでしょうか?
明日?
明後日?
もう発表してる?
近頃はAPink 中心の毎日になりそうです(笑)

ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

続MY MY ・・・ MVメイキング

待ち遠しいAPink カムバック情報はまだですか?
カムバック促進のため「MY MY 1位獲得」とか「MY MY ティザー」とか古いsourceで応援していますが、去年11月にカムバックしたのがこの曲という理由でshusenjin(私)、非常に先走ってます(笑)
では今回のお題、MY MY MVメイキング映像からのキャプチャです。
APink My My MV _1
何故かB系なAPink ロゴですがMVを何回観てもこの謎は解けません。

APink My My MV _2
それとこの鋲打ちコンバース!危ないし、かなり重量アップしているハズですがトレーニングの一環なんでしょうか・・・
下の画像でオレンジのコンバースを履くのは誰でしょう?勿体ぶってますがこの後のどれかの画像に答えがあります。


APink My My MV _3
撮影前の控室でワイワイ楽しそうなナウン姫 このMVの主役級ですから。
初めはバスケットのジャージですが、メンバーそれぞれがゼッケンにかなりこだわっているように見えます。


APink My My MV _4_1
シカゴ・ブルズの1番
このジャージはNBAレプリカモデルですのでどれをとってもスーパープレーヤーなのですが・・・

APink My My MV _4_2
ハヨンは1番のゼッケンに満足そうです。
プレーヤーは関係なさそうです。この衣装でCAPは無くても良いんじゃないかと個人的に思いますが。


APink My My MV _5_1
続いて謎のチームの2番
しかも青地に黒文字なので良く見えなくて・・・

APink My My MV _5_2
ユギョンちゃん、少し不満げです・・・
でもこの後に見にくい黒文字が突然変化(?)して鮮やかなゼッケンになろうとは。


APink My My MV _6
何と言う事でしょう・・・ナウン姫はかなりご機嫌ななめです。
どうやらロサンゼルス・レイカーズの24番が原因のようですが、このジャージはスーパースター「コービー・ブライアント」のレプリカモデルなのでカッコイイよって教えてあげたいです。

APink My My MV _6_5
でも1番がイイもん!


APink My My MV _7_1
最後はボストン・セルティックスの9番

APink My My MV _7_2
しきりに「ナイン」を連呼します(笑)似合っていると思いますケド。
もうみんなゼッケンでジャージの奪い合いになるんじゃないかと、映像を見ていると何か切実なものを感じます(怖)


APink My My MV _8
妹達よ!余裕のボミ姉さんを見なさい!
もうかなりリラックスというか脱力して出番を待っておられます・・・さすがAPink のリーダー補佐です。
彼女のジャージはユギョンちゃんと色違いなんですね。「THE TEAM APINK」 製作数2着の激レア間違いなしアイテムです!


実はこの日の撮影にはメンバーの家族が来ていたそうで撮影スタジオは笑顔満開。
普段は忙しくて顔も合わせられないので何よりの応援になったと思います。
APink My My MV _9
もう張り切りモードのマンネ達
ところでココで気が付いたらスゴイ!
ユギョンちゃんのジャージの黒文字が・・・なんと黄色に変化!こんな短時間に貼り直したの?


APink My My MV _10
B系APink ロゴをバックに撮影しますが、ここでも足元のコンバースに注目すると・・・冒頭でオレンジコンバースを履いていたのはユギョンちゃんでした!
ただそれだけですがユギョンちゃんだから嬉しいんです。


APink My My MV _11
嬉しさ余ってウンジとユギョンちゃんのツーショット なにか珍しい組み合わせ?


APink My My MV _12
編集すると1曲4分になってしまうのにMV撮影って何時間も掛かるんですね。
みんなで食事してまだ残る撮影のためにエネルギー補給です。


さあ、ここからは撮影しては・・・
APink My My MV _13
みんなでチェックして!


また撮影しては・・・
APink My My MV _14
またみんなでチェックして!


またまた撮影しては・・・
APink My My MV _15
またまたみんなでチェックして!

こりゃ大変だ~!
こうやって1つの作品が仕上がるんですね~。本当にお疲れ様です!

最後は~
APink My My MV _16
ちょっとラッパーなユギョンちゃん

さて、今度の新曲もカムバックに向けてMV制作があると思いますがどんな感じなのでしょう。
メンバー、スタッフの努力の結晶、楽しみにしています!

ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

あの時のモラヨ♡DreamConcert(111006)

前回「M CountDown Smile Thailand」でAPink の登場シーンを「あの時のモラヨ」などと書いていますので、今回はそのモラヨについて書こうと思います。
何かに付けて過去にさかのぼりややこしくなったりしていますが、彼女達の成長ぶりを確認する事ができると思うのでご容赦を(笑)

APink I don't know@Hallyu Dream Concert(111006)_1
I don't know@Hallyu Dream Concert(111006)
「あの時のモラヨ」とは勝手に付けた名前ですが、昨年の韓流ドリームコンサートの時のことを言っています。
ちなみにこのステージはshusenjin(私)にとってはスタジオ収録以外で1番のお気に入りです。


APink I don't know@Hallyu Dream Concert(111006)_2
この時も会場入りにはレッドカーペットを歩きました。
インタビューにはナウン姫が答えていて、進行役から「今日の衣装のポイントは?」みたいな質問があったのですが、
「私たちはAPink なのでスカートはピンクにしました。」のようなとってもノーマルなお答えでした。(想像です!)
APink だからピンク」
ウケ狙いでも何でもない回答がナウン姫らしく、グループの雰囲気が伝わってくるようです。


APink I don't know@Hallyu Dream Concert(111006)_3
さて、タイでも同じ登場シーンでしたが、誰もいないステージに響く「いろじまよ~」の歌声。
そしてセリから登場するウンジ、ナウン姫、ハヨンの3人。


APink I don't know@Hallyu Dream Concert(111006)_4
出だしのナウン姫のパートが終了するといつの間にかチョロン、ボミ、ユギョンちゃん、ナムジュの4人が登場!
チョロンのパートに引き継がれて全員集合となるのです。
タイでのステージで思い出したのがコレだったんです。

そして少しアレンジされた間奏があったりしますが、初めて観た時は次のシーンに驚きます!
APink I don't know@Hallyu Dream Concert(111006)_5
ウンジブースターが発動すると曲がフェードアウトして・・・
でも他のメンバーは膝をついて静止したままです。

APink I don't know@Hallyu Dream Concert(111006)_6
そして、このウンジのドヤ顔!もとい素晴らしい笑顔!
曲も止まったままでどうなるのか気になってそのまま観ていると・・・!


APink I don't know@Hallyu Dream Concert(111006)_7
今度はボミが1人で出島に向かって歩き出します。
「なになに?どうするの?」「何するつもりなの?」
すると途中でボミは止まり、右手を高くあげ・・・


APink I don't know@Hallyu Dream Concert(111006)_8
いきなり!
「オッチョムグリ-------ド!!!・・・」と絶叫!?
曲の入り方とすると間奏が流れ → オッチョム・・・と予想していたので、それはもうビックリです!
もともと苦しそうな表情でこのパートを歌うボミですが、今回のこれはユン・ボミの存在感を強烈にアピールしたと思っています。
と言うのもshusenjin(私)がボミの姿を気にするようになったのはこれが始まりだからです(笑)


APink I don't know@Hallyu Dream Concert(111006)_9
ボミの絶叫とも取れる歌声にあわせて花火&照明オン!
曲の終りに向けてラストスパート!もうshusenjin(私)は鳥肌モノ。
何度観てもウンジブースターの辺りからドキドキしながら感動するのです。


APink I don't know@Hallyu Dream Concert(111006)_10
ステージの高さで撮影しているカメラですが、FANCAMさんがカメラを構えているようなアングルですね。
APink だからピンク」の衣装も素敵です こういうのも好きです


APink I don't know@Hallyu Dream Concert(111006)_11
「モラヨ」終了!最後もしっかり決めました。
この曲に関して言えばメインボーカルのウンジの歌声とボミ、ナウンの2人が前面にでるパターンになるのですが。


APink I don't know@Hallyu Dream Concert(111006)_12
映像的にはハヨンのアップが多めで、しかもメークが大人っぽくない所が良いと思います。
いつもと比べてより可愛らしいというかナチュラルというか・・・はいそうです可愛いです


ではオマケの画像
APink I don't know@Hallyu Dream Concert(111006)_13
舞台の奈落でリハーサル中の3人です。
みんな私服っぽいですが黒ばっかりですね。個人的にはナウン姫は黒が似合うと思います(笑)


APink I don't know@Hallyu Dream Concert(111006)_14
チョロンとユギョンちゃん


APink I don't know@Hallyu Dream Concert(111006)_15
チョロンとナウン姫


APink I don't know@Hallyu Dream Concert(111006)_16
最後はみんなで、お疲れさまでした~


この動画についてはいつか書きたいと思っていましたがなかなかタイミングが合いませんでした。
が、タイのステージでセリから登場するAPink を観た時に決めました。
「ココで書かなきゃ何時書くの?」と・・・
ずっと温めていたのでやっと思いが果たせて嬉しいやら寂しいやらですが。
嬉しさいっぱいの記事で自己満足になってしまった事は反省しつつ、またこんな風なものも書いてみようと思います。

ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

APink Live@MCD Smile Thailand(121011)

少し前にマレーシアでステージとファンミーティングを経験してきたAPink ですが、今度はタイで「M CountDown Smile Thailand」のステージに立ちました。

その国々で応援スタイルも少し違うようで、もちろんプラカード作ってきたりタオルを掲げたりする応援が多いのですが、今回観た動画で面白いと思ったのがこちら。
MCD Smile Thailand(121011)_1
M CountDown Smile Thailand(121011)
5つのアルファベットの電飾を5人が1つずつ持っているようです。
それなりの大きさでシンプルに光る「APink」のロゴはステージからも見えていたでしょう。 ← 一緒に参加したい!

MCD Smile Thailand(121011)_2
ステージで歌うのは「モラヨ - I Dont Know - 」と「MY MY」です。
このステージは屋外なのですが・・・モノスゴイ雨です!
これまでも雨の中で歌う彼女達を見ては「届かない声援」と「温かい眼差し」を送っていましたが、今回はあまりの悪天候で心配で、心配で・・・


MCD Smile Thailand(121011)_3
1曲目のモラヨですが、この登場のパターンは前にもありましたね!
まずはウンジ、ナウン姫、ハヨンの3人がステージ下からせりあがって来て・・・


MCD Smile Thailand(121011)_4
後からチョロン、ボミ、ユギョンちゃん、ナムジュの4人が登場するパターン。
そう!あの時のモラヨと同じです。 ←コレについてはまた別の機会に書きたいと思ってマス!


MCD Smile Thailand(121011)_5
ステージの床はすでに雨でびしょ濡れです。
普段でもヒールでステージにあがりますが、いつもと同じ調子でダンスをするものだから滑って転ぶんじゃないかとヒヤヒヤします。


MCD Smile Thailand(121011)_6
モラヨはショートVer.で終了、次のMY MYも2コーラスのチョロンパートからです。
もうかなり濡れてしまっていると思いますがいつもと何ら変わる事のないAPink です。


MCD Smile Thailand(121011)_7
いよいよ終盤で真ん中の出島に移動します。
観客もずっと雨の中で大変そうですが、魅せる側のAPink も頑張っています。
好きなアーティストを目の前にすれば悪天候など何のその!かえって一体感が増すというものだと思います。
少なくともshusenjin(私)の場合はそうです、ハイ!


MCD Smile Thailand(121011)_8
髪も衣装も雨で・・・


MCD Smile Thailand(121011)_9
このアングルも晴れていればいいショットなんですが。
こうしてステージは終了しましたが時々写るタイのピンクパンダと思われる方々もお疲れ様でした。
公式タオルだったり、オリジナルタオルだったり思い思いのスタイルで。

思うのはファン層について。
やはり女子率が高いのはどこの国に行っても共通なのか?
おじさんファンはどこの国にもいるだろうが(と思いたい)、ステージ最前列で叫んでいるような人はいませんね。
もし、もし次に来日する事があったらLiveに参戦する勇気が出せるだろうか?
なんて今考えても仕方ない事を考えて妄想に入ってます。
以前にも同じような事言っていますが、
やはり動画では無くこの目で彼女達の歌う姿を見てみたい。
そこは変わりないと思うshusenjin(私)なのでした(笑)

ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

APink@MTV Diary (121003)

今回はAPink のメンバーが揃っていないのですがそれでもキャプチャします!
メンバーはボミ、ユギョンちゃん、ナムジュ、ハヨンの4人しかいません・・・ハンディカメラらしいので画質もそこそこです。

MTV Diary Ep51 BTOB Cut (121003)_1
MTV Diary Ep51 BTOB Cut (121003)
秋夕なので伝統衣装です。


MTV Diary Ep51 BTOB Cut (121003)_2
ナムジュの目がクリッとして可愛いデス!
この2人はいつも元気です。疲れていてもいつも元気です!


MTV Diary Ep51 BTOB Cut (121003)_3
ボミのリアクションが好きです
彼女でなかったらわざとらしく見えてしまうかも・・・ボミだから成立するポーズ!


MTV Diary Ep51 BTOB Cut (121003)_4
これがAPink マンネーズ

MTV Diary Ep51 BTOB Cut (121003)_5
ユギョンちゃんのリアクション小技集。
いつもはハヨンがよくやってますが、ユギョンちゃんだってやる時にはやるんです!


MTV Diary Ep51 BTOB Cut (121003)_6
ハヨンの自分撮りは安定して同じ表情だと定評があります(笑)
後ろの彼もマンネだと言っているみたいですが・・・知らなくてスミマセン。


MTV Diary Ep51 BTOB Cut (121003)_7
最後はナムジュとハヨン
楽しめましたか?と聞いていますが、内容が分かりません!!
今回も彼女達の表情を見ているだけのイメージ映像でした(笑)
それともう少し字幕があるといいのですが・・・

次はメンバー全員の映像が欲しいと思うshusenjin(私)でした。

ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

APink カムバック促進!MY MY ティザー

APink のカムバックが待ち遠しいとワガママを言い、強引にも「MY MY」の初タイトルまでさかのぼって書き散らしましたが・・・
こうなったらもっとやってしまえとばかりにティザー映像まで引っ張り出して・・・幸せな気持ちになりました。

Apink MY MY Teaser(111120)_0
Apink MY MY Teaser(111120)
今までの「몰라요 -I Don't Know-」や「It Girl」とは違って衣装の露出が高くなり、振り付けも特徴的でかなり印象を変えてきたと思ったものです。
なによりウンジのボーカルだけが光るのではなく、メンバーそれぞれが自分のパートで存在感を出せるようになった事、ここに一番の成長を感じました。
まぁ、そうは言ってもウンジのスーパーな歌声はますます磨きがかかり、APink 不動のメインボーカルに違いはないと・・・


Apink MY MY Teaser(111120)_1
このティザーですが30秒でこんなにお得で良いのでしょうか?
曲もサビの部分なども入っていてダンスもちゃんと披露してくるサービスぶりですから。


Apink MY MY Teaser(111120)_2
ボミから始まり2人ずつ段階的に振り向いて来る曲の入り方が気に入ってます。
スタジオとかではピンクパンダの方々が「3・・・2・・・1・・・Go!!」と大声で応援してくれていますが、画像を見ていると掛け声が聞こえてきそうで一層期待感をアップさせてくれます!


Apink MY MY Teaser(111120)_3
あと、「MY MY」と言えば何故かバスケットのジャージ着用してマス!
ナウン姫はロサンゼルス・レイカーズ、ハヨンはシカゴ・ブルズでどちらもNBAのチームですが・・・
ボミとユギョンちゃんは「APINK」です!どこのチームかと思いました。


Apink MY MY Teaser(111120)_4
でもって、こちらもバスケットチームのジャージです。
チョロンはニューヨーク・ニックス、ナムジュはボストン・セルティックス、ともにNBAなのに今度はウンジが何故かノースカロライナ大のジャージでした。スゴク有名なチームですけど大学なのでNCAAです。

結局何が言いたいのか・・・「みんな良く似合ってます!」

Apink MY MY Teaser(111120)_5
うっ・・・今までなかったローアングル!すぐにキャプチャしました!


MY MY Comeback Behind Story(20111126)
MY MY Comeback stage(20111126)
待ちに待ったカムバックステージから・・・


MY MY last stage(120121)_1
MY MY last stage(120121)
ラストステージまでの2カ月があっという間に過ぎ、この間に涙、涙の1位獲得もありました。


MY MY last stage(120121)_2
ラストステージ終了後にはウンジのペンギンダンスの大サービス有!

ここからはまたティザーに戻りますが(笑)
Apink MY MY Teaser(111120)_6
この映像の中でチョロンの安定した可愛さにはなす術がないのですが・・・


Apink MY MY Teaser(111120)_7
ナウン姫のこの姿はまさに「姫様」。
MVの中でもしっかりセンターで恋する女の子してます。

最後はやっぱりユギョンちゃん
Apink MY MY Teaser(111120)_8
ユギョンちゃんの雰囲気が少し変わったのはこの曲からかも?
次の曲ではどんな姿を見せてくれるのか楽しみでもありますが、あまりに変身されると戸惑ってしまいそうで心配でもあります。
が、そこは彼女達も言うように年相応の成長した姿を見せてくれると思いますので今はただ待つのみです。

今回はティザーでしたが「MY MY」にはまだメイキング映像があるのでこちらは次の機会にしておきます。



ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

タイトル獲得祈願!Comeback情報求む!

APink の時期活動が待ち遠しいshusenjin(私)ですが、これと言った情報がないので悶々とする日々を送っています(笑)
11月といっても前半なのか、後半なのかもわからないので過度な期待はせずにいようと思います。
でも・・・気になります。
順位がすべてではありませんが、やはり1位を目指してAPink とスタッフさんも頑張っているでしょう。

そんな思いもあって今回はAPink が初めて音楽番組で1位を獲った様子を記事にしてみました。
APink 1st Win@M Countdown(120105)_1
APink 1st Win@M Countdown(120105)
この日のM Countdownではスペシャルステージとして「It Girl」を披露し、活動曲の「MY MY」を・・・
「it Girl」は久しぶりです。あの頃よりさらに成長しています。 ← 当たり前か

APink 1st Win@M Countdown(120105)_2
この日はAPink にとって記念すべき日となりました。


APink 1st Win@M Countdown(120105)_3
「1位候補」って出ています!
余計に緊張してしまうと思いますが、こういう情報は本人達も知っているんでしょうか?
普段は1曲しか歌わないのに1位になる時は複数曲を歌うみたいな事ってあるのかな、なんて思いました。

そして運命の1位発表の時・・・
APink 1st Win@M Countdown(120105)_4
まだ余裕の表情のAPink


APink 1st Win@M Countdown(120105)_5
その瞬間!
反応が早かったのはナムジュかな?
チョロンは思わず顔を覆ってしまうほど感激していますが、右の3人には少し時間差があるようです(笑)


APink 1st Win@M Countdown(120105)_6
リーダーを始めジワジワ感激に浸るメンバー達ですが、とてもコメントを出せる状況ではありません。
お約束のようにウンジがみんなにお礼を言います。ホント頼りになります チョン・ウンジ


APink 1st Win@M Countdown(120105)_7
会場のピンクパンダからも「LOVE」


APink 1st Win@M Countdown(120105)_8
エンディングが近づいてきました。
ボミはMCもやっていたんですね!
みんなと一緒に感動を分かち合いたいところですが、しっかりと務めを果たします。


APink 1st Win@M Countdown(120105)_9
最後はアンコールで「MY MY」を歌うのですが・・・
今度は歌いだしのボミが感極まって歌う事ができなくなり、ナムジュが助っ人で歌います。
少し前のMCをキッチリやっていた姿を見るとこっちも感情移入してウルッと来てしまいました(涙)


APink 1st Win@M Countdown(120105)_10
それぞれ泣いたり笑ったり・・・番組は無事に終了です。


APink 1st Win@M Countdown(120105)_11
ステージを降りて控室に戻っても興奮覚めやらず、もう疲れてしまっているみたいです。
とにかく念願の1位獲得、おめでとう。

またまた最後の〆はユギョンちゃん
APink 1st Win@M Countdown(120105)_12
今度は地上波で1位!・・・ですよね!


と、かなり過去の話になってしましましたが、次の曲も活動時期は同じくらいですのでshusenjin(私)お得意の何でも強引にネタにする手口だと思ってお許しください(笑)
あ~もう!早くAPink のウィンターソング(?)が聞きたいデス!

ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

BUBIBU@6人のAPink

今回も大好きなBUBIBUです。
「MBC KOREA DRAMA AWARDS」のステージですが、タイトル通り6人のAPink で魅せます!

BUBIBU@MBC KOREA DRAMA AWARDS(121006)_0
BUBIBU@MBC KOREA DRAMA AWARDS(121006)
ステージが大きいですね。
ナウン姫は他のお仕事のようで不在ですが、ナウン姫のパートはチョロンが代わりに担当しています。

BUBIBU@MBC KOREA DRAMA AWARDS(121006)_1
今回の帽子担当はボミ、ウンジ、ハヨンの3人です。
帽子担当はMAX3人と決まっているみたいで過去ナウン姫とハヨンの2人だった事はありますが4人だった事はありません。
またハヨンは帽子担当として皆勤賞をあげたいくらいなのですが、なぜかチョロンだけは1回も無いんですね。

おなじみのshusenjin(私)の萌えポイントです。
BUBIBU@MBC KOREA DRAMA AWARDS(121006)_2
年上組のポーズは毎回ちょっと変わります。
このシーンでのチョロンとボミのポーズは安定してカワイイのです
カメラさんにはいつもベストショットをお願いしたいところです。

BUBIBU@MBC KOREA DRAMA AWARDS(121006)_3
このポーズも7人揃えば完璧なんですが・・・

BUBIBU@MBC KOREA DRAMA AWARDS(121006)_4
最近のお気に入りはボミの「いるむまん とぅろど ちょあ!」のシーン。
横を向き左手をくちばしのように上げる仕草が好きなのです。

BUBIBU@MBC KOREA DRAMA AWARDS(121006)_6
このステージのカメラは引きで全員を撮るカットが多いので拍手をあげたいですね。
アップも必要ですが全員の動きがわかると彼女達の魅力も増すでしょうから・・・

BUBIBU@MBC KOREA DRAMA AWARDS(121006)_7
ハイ!みんなで決めポーズ!

いや~!6人でのステージでしたが素敵なパフォーマンスをありがとう。

しかしですね、このステージのカメラワークにはまだ称賛すべき点があるんですね~。
それは・・・
BUBIBU@MBC KOREA DRAMA AWARDS(121006)_8
ユギョンちゃんのカットが良い!!

という事で、ここからはユギョンちゃんをキャプチャした画像をどうぞ。
BUBIBU@MBC KOREA DRAMA AWARDS(121006)_9
「ぶ~び~ぶ~っ」とか・・・


BUBIBU@MBC KOREA DRAMA AWARDS(121006)_10
「おっとけ~」とか・・・
ウンジの表情もこれまた良いけど・・・


BUBIBU@MBC KOREA DRAMA AWARDS(121006)_11
「散歩も・・・」「ピクニックも・・・」 是非行きましょう!!


BUBIBU@MBC KOREA DRAMA AWARDS(121006)_12
仲良しマンネと一緒に・・・

という事でshusenjin(私)は大満足です

やはりステージでの姿が一番輝いていますね。次のステージはいつでしょう?
その時は7人揃ったステージが見れますように期待しています。

ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

Skinny Baby - APink & BEAST

APink のデビュー時のコンセプトはズバリ「妖精」です!
これは今もなお変わる事なく、BUBIBUの活動時にも「妖精ドル」と呼ばれているほどです。

そんなAPink ですが事務所の先輩であるBEAST の面々とコラボレーションした曲「Skinny Baby」があります。
カワイイ系のAPink ですが、エレクトロな曲にパワフルなBEAST の中にあっていつもよりカッコイイ系になってます。
Skinny Baby - A Pink & Beast_0
Skinny Baby MV _ APink & BEAST
7人+6人の総勢13人! 大人数出演のMVです。
 
Skinny Baby - A Pink & Beast_1
そもそもこの曲、制服ブランドのスクールルックスがモデル契約をしているBEAST とAPink を起用したもの。
みんな制服姿で登場、まだカワイイ系です。


Skinny Baby - A Pink & Beast_2
初めはボミとナムジュ ちっちゃい銃が面白いです。
衣装はスタイリッシュになっても仕草や笑顔はいつもの2人です。


Skinny Baby - A Pink & Beast_3
APink サイドでは一番尺が長いと思われるナウン姫
とにかくダンスとかより表情のアップが多いです!


Skinny Baby - A Pink & Beast_4
ここは控室ですね、みんなメーク中です。
手前からユギョンちゃん、ナウン姫、チョロン、ウンジ、ハヨン、ナムジュ、ボミでしょうか・・・?
奥のメンバーはほとんど確認できず、鏡に写った姿で想像してます。


Skinny Baby - A Pink & Beast_5
繰り返しますがこの時はまだ中学生です。とにかく大人びたマンネ
この先どんな成長をとげるのか楽しみです。


Skinny Baby - A Pink & Beast_6
あえてマンネと比べたくなるリーダーチョロン
クマのぬいぐるみを持ち出すとはあまりに計画的です!
チョロンだから可能な設定、他のメンバーではやはり違和感があって・・・そう思います。
このMVでshusenjin(私)イチオシのシーンです。


次のシーンも見逃せない・・・
Skinny Baby - A Pink & Beast_7
Oh! ユギョンちゃん!手を取り合って、見つめあってるし!
・・・これ以上のコメントは控えさせていただきます(笑)

ここからはMV のメイキング映像からです。
Skinny Baby - A Pink & Beast_9
振付の練習をしたり、変顔してみたり、もう少しで撮影も終わりそうです。
最後は全員でのダンスコラボなのでなかなか大変そうですね。


Skinny Baby - A Pink & Beast_10
撮影終了後のチョロン
満点の表情で見つめられると照れます。
手でハートを作るつもりがオニギリになってしまうチョロンが愛らしい・・・

そしてラストにユギョンちゃん!
Skinny Baby - A Pink & Beast_11
お疲れさまでした~

ちょっといつもとは雰囲気が違うAPink でした。
コラボ曲の場合、魅力が隠れてしまったりもしますが今回はそれぞれが良い味出してマス!
それはそうと次のComeback・・・
shusenjin(私)的にはBUBIBUがかなりのお気に入りなのですが、次の曲ではどんな姿を見せてくれるのか待ち遠しいです。

ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

APink ELLE Photoshoot (110323)

以前に「APink の企業CMを希望!」と題してAPink の出演CMについて書きました。
その中でCDデビュー前の企業広告に出演したことも書きましたね。
今回はELLEのジュエリーブランド「Cottiny」の撮影風景を記事にしましが、音楽活動前の彼女達はいろんな意味で「今との違い」があって興味深いです。

Elle Korea Photoshoot_ A-Pink with Cottiny(110323)_0
Elle Korea Photoshoot_APink with Cottiny(110323)
確かにAPink の7人です。
初々しいとも思いますが、メンバー個々のカラーと言うか、特徴が捉えにくい印象ですね。
今では顔が見えなくても想像できますが・・・(笑)

Elle Korea Photoshoot_ A-Pink with Cottiny(110323)_1
この時点から今では中段の3人、ナウン姫、ユギョンちゃん、ナムジュのイメージがだいぶ変わりましたね
まぁ、見た目のイメージと素(と思われる)の姿が違う事はAPink News で分かってましたケド。


Elle Korea Photoshoot_ A-Pink with Cottiny(110323)_9
カメラに向かってごあいさつ
ひょ・・・表情が硬い・・・固まってる?

Elle Korea Photoshoot_ A-Pink with Cottiny(110323)_2
チョロン
今とあまり変わらないチョロン、彼女の表情はいつもカンペキです!
さすがはリーダー、なによりプロ意識の高さが伺えます!


Elle Korea Photoshoot_ A-Pink with Cottiny(110323)_3
ボミ
今と比べて見た目が少し幼い印象ですが・・・きれいです
彼女がバラエティもこなせそうなキャラクターだと考えた人がいたのでしょうか?


Elle Korea Photoshoot_ A-Pink with Cottiny(110323)_4
ウンジ

ウンジスマイルも今と同じ。
でも、前髪ぱっつんは良いとして三つ編みお下げとは・・・カントリー風になってマス!


Elle Korea Photoshoot_ A-Pink with Cottiny(110323)_5
ナウン姫
APink のセンターにしてビジュアル担当だとshusenjin(私)は決め付けております!
普段グループの中で大人しいので表に出ると光り輝くのか?


Elle Korea Photoshoot_ A-Pink with Cottiny(110323)_6
ユギョンちゃん
今よりふんわりと言うか、ほんわかと言うか・・・クールさはまだ内に秘めたままみたいです。
オデコ全開のユギョンちゃんは珍しいショットです。


Elle Korea Photoshoot_ A-Pink with Cottiny(110323)_7
ナムジュ
明るさは今と変わりませんが、ナムジュが一番成長した感がありますね。
幼いころから芸能界にいたためか落ち着いて見えます。


Elle Korea Photoshoot_ A-Pink with Cottiny(110323)_8
ハヨン
この頃は中学生ですから!
お姉さん達に合わせてスタイリストさんが腕を振るうと完全な大人になってしまいますよ。
まだまだカワイイ路線でいいのに・・・と思います。


緊張の中での撮影でshusenjin(私)が選ぶのは・・・
Elle Korea Photoshoot_ A-Pink with Cottiny(110323)_10
こんなユギョンちゃん他では見れません


この撮影時は彼女達の緊張がヒシヒシと伝わってくるようです。
まだステージで歌う事もインタビューを受ける事も無いけど、これからデビューする希望と不安みたいなものが表れているのかも知れません。
今の彼女達がこれを見たら何を思うでしょう。
こうして4月のCDデビューに向かって徐々にメディアに姿を表すAPink なのでした。

ところでComeback情報はまだですか?
両国間の緊張は未だ続いていますが、前にも書いたようにshusenjin(私)はAPink というグループを、
「アジア全体で活動するAPinkを応援しています!!

ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

ボミとウンジとAPink パンパンラジオ2部

タイトルはさておき、前回のパンパンラジオの2日目です。
今回も字幕無しのトーク中心なので内容はさっぱりですが、そこは雰囲気を感じ取って観ましょう!
基本的に内容が分からない場合はプロモーション映像としてAPink をただただ見つめるのです(笑)

APINK Bomi PANPAN RADIO12
ボミのパンパンラジオ 2部(120823)

ヒジョーに素っ気ないタイトルバックですが、かえって彼女達への期待が増します。

APINK Bomi PANPAN RADIO13
初めは視聴者のファンから届いたお便りコーナーです。
それぞれ質問が書いてあり、それに答えているようですが・・・全くわかりません!
ここでは一瞬たりとも見逃せないボミのリアクションと、あまり表情を変えないウンジとのギャップを楽しむのが一番だと思います、ハイ。


APINK Bomi PANPAN RADIO14
前回に引き続いてメンバーが全員集合しました。が・・・
何故かすごく残念がっています。

そんな時はリーダーの出番です。
APINK Bomi PANPAN RADIO15
ボミのご指名でマイクを手にしたチョロンが話すと笑いがでますが、ナニイッテルノカナ?
チョロンが話ていてもお構いなしのボミ

それに比べて他のみんなはちゃんとリーダーの話を聞く良い子たち!
かと思ったら・・・
APINK Bomi PANPAN RADIO16
何気なくボミにいたずらするユギョンちゃん!
まるで眠っているように静かなナウン姫!
そして一番左スミでポーズを決めまくるマンネ!


人の話を聞きなさい!と注意するリーダー!
ではなく・・・
APINK Bomi PANPAN RADIO17
負けずに1人遊びに入ってますね・・・(笑)
ホント自由で良いよ、APink ・・・



APINK Bomi PANPAN RADIO18
最後はお祭り騒ぎです。
それぞれのキャラが表れている中で、ユギョンちゃんはいつにも増してハジケテマス!!


APINK Bomi PANPAN RADIO19
ボミの激しいパフォーマンスに耐えられなかったマイク・・・

大騒ぎで終了したパンパンラジオ、内容はほとんど分かりませんでしたが彼女達の笑顔とパフォーマンスで記事が書けてしまいました。
5分半の映像なのにA Pink News 級の楽しさです!

APINK Bomi PANPAN RADIO20
ボミとウンジ お疲れ様
そして、後ろでCOOLに決めるユギョンちゃん



ここからは少し脇道へ
4日前の日曜にやっと機種変更したiPhone5。
評判通りのLTEのスピードに嬉しくなったり、評判通りのMAPに・・・だったり。
画面が大きくなった恩恵もちらほら。

APink300
iPhone4だとジャケット画像が表示しきれなかったのにこの通り!
BUBIBU Remix Ver.をリプレイし続けるshusenjin(私)でした。

ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

ボミのパンパンラジオ(120822)

パンパンラジオというタイトルからして怪しそうですが、実は見えるラジオなんですね。
そしてDJはタイトル通りボミに加えてもう1人ウンジが担当します。

今回はその第1部です。
APINK Bomi PANPAN RADIO1
ボミのパンパンラジオ(120822)
まずはごあいさつ
パーティーグッズがあったりプレゼントがあったり、この2人は同い年で8月生まれで誕生日を迎えたばかりです。


APINK Bomi PANPAN RADIO2
で、2人でA Pink News さながらにニュースを伝える内容みたいです。
ちなみに2人の前にあるマイクもファンからのプレセントだそうで、しっかりマイクにはボミの写真が!
ウンジがマイクを引き寄せるとマイクがポロッと外れてしまい、ちょっと慌てる2人でした(笑)


APINK Bomi PANPAN RADIO3
では最初のニュース!惜しい正規1集最後の放送・・・
直訳すると??ですが、APink の1st フルアルバム「UNE AN​​NEE」を5月にリリースしてから「HUSH」、「BUBIBU」の活動が終了してしまったという事・・・でしょう。
確かにオリンピックもあって活動期間があまり無かったのが残念と言うか、惜しいと言うか、そう言う事です。


APINK Bomi PANPAN RADIO4
第二のニュース!チョン・ウンジ「応答せよ1997」大当り視聴率!
なるほど。確かにスゴイ人気だったらしいですね。shusenjin(私)は観た事がないですが・・・
とにかくこのドラマでウンジの知名度は一気に上がり、ソロ活動の機会も増えて行くんじゃないかと。
メンバーの活躍はAPink の知名度も上がっていくので良いことだと思います。


APINK Bomi PANPAN RADIO5
第三のニュース!ユン・ボミ、チョン・ウンジ20歳の誕生日
来ましたね!
1993年生まれなので日本では19歳ですが数え年で20歳となります。
またボミが13日、ウンジが18日で5日違いの誕生なんです。
2人の誕生日に書いたお祝いはコチラです。
→ ボミ
→ ウンジ

APINK Bomi PANPAN RADIO6
他のメンバーも参加してAPink 7人揃いました!

APINK Bomi PANPAN RADIO7
もう気分はA Pink News 並みになって来てます。
それもこれも2人の事をお祝いしたいんですよね。

APINK Bomi PANPAN RADIO8
ココは全員で合わせるところなのに、なぜにナウン姫はこちらを凝視しているのか気になってしまいます(汗)

APINK Bomi PANPAN RADIO9
みんなで出席チェック! と言っています。
どうやらファンのみなさんはAPink のイベントとかにスタンプカードを持っていき、出席(参加)するとスタンプを押してもらえるみたいな、ヒアリング不可なので想像ですけど。
見た感じスタンプは15個!!
みんなどれだけ参加してるの?!
みんなどれだけAPink 好きなの?!
ただただ羨ましいです・・・

APINK Bomi PANPAN RADIO10
ここまでで第1部は終了です。
ボミ、ナウン姫、ハヨンの指先が見事に揃っていて思わずカッコイイ!とキャプチャしました。

APINK Bomi PANPAN RADIO11
次の日に第2部があるそうです。
なのでshusenjin(私)の記事も次回に書くことにします(笑)

ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

APink Chomi in 世界武術祭(120910)

前回、忠州世界武術祭でのAPink ステージとHUSH衣装の謎(?)について書きましたが、まだまだメンバーのキャプチャシーンが残っているので続きと言う事で行ってみます。
画像多めで文章少なめです!
120910 Chungju World Martial Arts Festival A Pink - Hush & BUBIBU & My My_0
APink Chomi in 世界武術祭(120910)
そしてキャプチャのターゲットは、
Chomi
そう、チョロン(ChoRong)とボミ(Bomi)のペアをそう呼びます(笑)

前にも書きましたがチョロンは忠清北道清原郡と言うところの出身、会場は忠清北道忠州なので凱旋Liveです。
120910 Chungju World Martial Arts Festival A Pink - Hush & BUBIBU & My My_201
チョロンその① MCはリーダーの務め。
音の出ないブログですがチョロンの声はいつも可愛いデス!


120910 Chungju World Martial Arts Festival A Pink - Hush & BUBIBU & My My_202
チョロンその② 声援に答えます。
地元のファンの声援っていつも以上に嬉しいでしょうね。
応援しているのは圧倒的に女子!女子!女子!です。しかもメンバーと同じか年下が多い様に見えます。


120910 Chungju World Martial Arts Festival A Pink - Hush & BUBIBU & My My_203
チョロンその③ ウンジと一緒に・・・
HUSH HUSH HUSH HUSH ・・・

ここからはボミの登場!
shusenjin(私)的にはこれが今回のメインだと思ってます。
120910 Chungju World Martial Arts Festival A Pink - Hush & BUBIBU & My My_101
ボミその① 恒例の指差し
今日ボミに撃たれた人は大丈夫でしょうか?


120910 Chungju World Martial Arts Festival A Pink - Hush & BUBIBU & My My_102
ボミその② いるむまん とぅろど ちょあ!
この振り付けとあえて正面を向かないボミが気になります。
と言うより色んな場面でボミの姿を追いかけるようになってしまいました(笑)


120910 Chungju World Martial Arts Festival A Pink - Hush & BUBIBU & My My_103
ボミその③ チョロンと・・・
まったく誰が付けたのか分かりませんが、ChoRongとBomiでChomiだなんて単純すぎて笑っちゃいますがなぜかしっくりくるんです。


120910 Chungju World Martial Arts Festival A Pink - Hush & BUBIBU & My My_104
ボミその④ マンネと
このペアになると何と呼べばいいのか分かりませんが、ボミは3歳お姉さんです・・・


まだまだ続きます。
普段は(かなり)控えめなAPink のセンターの登場です。
120910 Chungju World Martial Arts Festival A Pink - Hush & BUBIBU & My My_301
ナウンその① えっと・・・
神々しい姿に言葉を失っていますのでコメントは控えさせていただきます・・・


120910 Chungju World Martial Arts Festival A Pink - Hush & BUBIBU & My My_303
ナウンその② えいっ!
ユギョンちゃんとは同じ年に生まれましたがAPink での年の順はメンバー7人中4番目でこちらもセンターです。

では、最後はいつものお約束
120910 Chungju World Martial Arts Festival A Pink - Hush & BUBIBU & My My_401
ユギョンちゃん
いま気が付きました!
ユギョンちゃんだいぶ髪が伸びてきました。
11月のComebackまであと少し、このまま伸ばし続けるみたいですね。

みんな色々な表情でキャプチャするもの選ぶのも大変でしたが・・・とても楽しいデス。
またやってみます。

ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

チョロン凱旋@忠州世界武術祭Live(120910)

今回のAPink は「Chungju World Martial Arts Festival」というイベントでLive出演しました。
どんなイベントかと言うと・・・Chungju World Martial Arts Festival 直訳すると忠州世界武術祭 「伝統武術グループによってテコンドーやハプキドーのデモンストレーションを披露」だとか。
いろんな催しがありますね。
ですがもっと注目したいのは開催地が忠清北道(チュンチョンプクト)
ロンリダことパク・チョロンの出身地でもあります。凱旋Liveといったところですね。
120910 Chungju World Martial Arts Festival_1
APink Live@Chungju World Martial Arts Festival(120910)

久しぶりのHUSHの衣装ですが「HUSH」のほかに「BUBIBU」と「MY MY」を歌っています。

ところでこの衣装、HUSHでComebackした時にファッションデザイナーの手によるものだと言っていました。
120910 Chungju World Martial Arts Festival_2
おなじみ?の衣装 ↑

APink HUSH
で衣装だけの画像などもあって、そうそうこれだよ。・・・って思ったら・・・あれ?ちょっと変なことに気が付きました。
コンセプトモデルの様ですがLiveの衣装と違うものが2着あるのです。
7着の衣装のうち、上段左からナウン姫、謎の衣装その1、ユギョンちゃん
下段左からボミ、謎の衣装その2、ナムジュ、チョロン

と言う事でウンジとハヨンの衣装が変わっていることになります。
そこでshusenjin(私)、少し調べました。すると、
APink uneannee
ハヨンが「謎の衣装その1」を着ていました。
しかも1stアルバム「UNE ANNEE」のブックレットにも写真があったのに完全に忘れていました(笑)

これで「謎の衣装その2」はウンジ着用モデルであることが判明しました。
かなり凝った作りでカッコイイですが、少し動きにくい感じですし何より長袖なのが・・・
きっと様々なコンセプトデザインを経て今のステージ衣装となったんですね。

では、衣装の話は勝手に解決しましたのでいくつかステージでのキャプチャを。
120910 Chungju World Martial Arts Festival_3
まずは「HUSH」から。
どうしても魅せる脚に目が行ってしまします(汗)

120910 Chungju World Martial Arts Festival_4
続いて「BUBIBU」です。
やはりいつもの衣装(帽子付き)が良いと思います!

120910 Chungju World Martial Arts Festival_5
そして「MY MY」
3曲を歌って踊って約12分。
単独コンサートとなればもっと多くの曲を歌うので相当なパワーが必要ですね。
いずれ実現するであろう7人だけのステージに向かって成長し続けるAPink であります!

今回はこの辺でお終いですが、このステージではまだキャプチャ狙いのシーンがあるので次回に取っておきます。

ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

APink マレーシアLiveリハーサル(120929)

なんとAPink 御一行様はマレーシアに行っていました!
もうFANCAMさん達はその様子をスゴイ勢いでアップしていますが肝心のLive映像は・・・興奮しすぎの様です(笑)
応援の声も大きくて人気の高さを感じます。

現地の映像は29日と30日の2日ありますが、今回は29日のリハーサルを観てみます。
リハーサルと言っても本番さながら、それもFANCAMさん達が見れちゃうと言う幸せな環境ですね。

APink rehearsal@Live in Malaysia(120929)_1
(Source:slws08187's channel)
ちょっとマイクスタンドなどが邪魔ですが、それでも最前列でものすごい近距離です!
「BUBIBU」を歌ったり・・・


APink rehearsal@Live in Malaysia(120929)_2
「HUSH」はコンパスダンスしたり・・・


APink rehearsal@Live in Malaysia(120929)_3
「モラヨ - I Dont Know - 」も・・・


本番と合わせて2回観れるなんて何と言う幸せ。
ですが、ステージはあまり広くはないんですね、なぜか。

APink rehearsal@Live in Malaysia(120929)_4
横いっぱいに広がったり、


APink rehearsal@Live in Malaysia(120929)_5
縦もぎりぎりまで。
ハヨンがはみ出しちゃってますよね。
本番は夜のようでしたが、リハーサルの方が明るいし良かったかもしれません。


では最後は、
APink rehearsal@Live in Malaysia(120929)_6
「リハ中でも手を振ってくれるユギョンちゃん」の図

それにしても、諸々の事情で来日は微妙な時ですが、APink のアジアへの海外進出は着々と進んでますね。
これからマレーシアだけでなく色んな国に行くでしょうから、shusenjin(私)としてはバーチャルLiveを楽しみにしています。
でも・・・
いつか、どこかでリアルなLiveに行けたら・・・今はそんな思いです。

ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。