Mr.Chu

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

次はグローバルAPinkへ

6月14日に日本デビューを発表したAPink、あれからもう一週間が経ちます。

「日本のみなさんAPink知っていますか
動画の中で姫が問いかけます。
ほとんどの視聴者が「知ってる」と答えるはずですが、彼女達のメッセージはAPinkを知らない人やこれからファンになってくれる人にも届いて欲しい言う願いが込められているようです。
K-POP界で「妖精アイドル」と言えば、今年度最初のオールキル「Mr.Chu」と言えば・・・クイズにもならない質問ですがまだまだ日本には彼女達を知らない未来のパンダが大勢います。
「初めまして」の一言から始まる日本デビュー、時間をかけて準備をしてきたAPinkのワールドステージがスタートします


今回も字幕が嬉しいMnet JapanのMcountdown Back Stageからのキャプチャ
140530 BACK STAGE_1
legend songと呼ばれる「赤い夕焼け」と間違いなくAPinkの伝説の1曲となる「Mr.Chu」の2本立て、衣装も曲に合わせて白が基調ながらも花柄とツートンでどちらも素敵です
昨年来日した時の衣装はパシフィコ横浜では青と白の「BUBIBU」、また日比谷公園ではクマのマークの「NoNoNo」と最新の活動曲に合わせたセレクトでした。
次のショーケースにはどんな姿で登場するのか・・・恐らく「Mr.Chu」を前面に出してくるでしょうから衣装もしかり、制服なのかテニスルックなのか、いずれにしても「Mr.Chu」日本初披露になるので考えるだけでもワクワクします
ただshusenjin(私)的にステージ衣装にはついて一言があり・・・
それぞれの曲と衣装とはイメージが重なるものでありいっそ曲を特定しない完全オリジナル、記念すべき「初ショーケースVer.」何て言うのも良いかもと1人妄想したり(笑)
こんな感じで8月4日参戦意欲が高まってきます


140530 BACK STAGE_2
話を動画に戻しますがAPinkが達成したオールキルはもちろん自己最高成績であり、彼女達の努力とファンの応援が1つになった結果だと思います。
全てのグループ、歌手が頂上を目指している中での今回の成績は偶然や幸運なのではないのにステージを降りたAPinkにとんでもない暴言を吐く動画の中のインタビュアー
「可愛いだけかと思ったら歌も上手ですね」・・・って


140530 BACK STAGE_3
えっ あっ うっ と思わず目が点になってしまう妖精達
Mnetへの抗議モノの質問でしたが大人のウンジがさらっと流したので編集されずに済んだのだと思ってみていました。
「歌手ですから」・・・ハッピーウイルス会心の一撃
当たり前の事ですがウンジが言うと言葉の重みを感じます。
アイドルグループの本業は歌手ですからね、この地雷を踏んでしまったインタビュアーの顔を見てみたいものです。
他のメンバーも苦笑いですが、1人反対を向いているロンママの背中が怖い・・・(笑)


140530 BACK STAGE_4
「Mr.Chu」のステージも終了し再びインタビュー。
「韓国での活動を終えたら海外にいくそうですね
よくカムバックの時は具体的な話が無いまま「噂話」に振り回されるのがピンクパンダのお約束ですが、海外進出については所属事務所の方針が明らかになっているので具体的なところを探ろうとしているようです。
最近はロンママでなくてもボミとウンジの93lineが広報役としてサポート


140530 BACK STAGE_5
「海外での仕事が入りそうです。まだ確定していませんが多分入るだろうと思います。」
今見るとこの時には日本デビューも決まっていたのかもしれませんが広報係のウンジからでも公式発表を前に情報漏洩はありません(笑)
インタビュアーはAPinkを「グローバルな人気ですから」とか褒めていますが・・・海外進出するのにリサーチはできていても人気を獲得するのは彼女達のこれからの活動に掛かっています。
「そうなるように活動するんです」
やっぱりウンジって娘はチームにとって大きな原動力・・・どんなに人気が出てもいつも謙虚な姿、大きな夢を持ち続けてそれを実現していく姿にファンは魅せられそれがAPinkを応援する原動力に繋がっています。



140530 BACK STAGE_6
海外組へのメッセージもしっかりあります。
「(撮影時は)まだ韓国で活動中なので皆さんに会えませんが、終わり次第駆けつけますのでもう少し待っていて下さい」
そしてファンミーティングのあった6月14日、深夜のAPinkNewsと繋がって行くのです。

何の迷いも躊躇もなくPANDA JAPANへの申し込みをし、できれば日本での初ショーケースにも参戦したい思っているshusenjin(笑)
はたして1,800人規模のスタンディング会場のチケットが手に入るのか、平日の月曜という非常に困難なスケジュール調整ができるのかはまだわかりません。
しかしこんなにもワクワクするイベントは久しぶりです。
期待を胸に来日するAPinkとその彼女達に会うために集まる全国のファン達が同じ空間で一緒にお祝いできるなんて・・・

チケットの先行予約は今週6月27日からです



source : YouTube kj kamiliaduck

140530 Apink 에이핑크 (Mcountdown Back Stage)
0'13" レジェンドソング用の衣装は可愛い花柄、特にナムジュが(笑)
1'44" メンバーが分からない音響さん、誰もが知るグループにならないとね!
4'38" ステージから降りてきたナムジュの喜ぶ顔が素敵過ぎます♡
5'03" 問題の「歌も上手いですね」発言
6'19" いたずらっ子にロンママのお仕置き!
8'14" ラストカットに「期待してください」のメッセージ


ではまた。
スポンサーサイト


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

MnetのAPink録が素敵です。

APinkの名前の由来は「所属事務所ACUBEのA+少女らしさを表現したPink」だそうですが、彼女達を応援し始めてからは「Pink」の文字を見ると嬉しくなりました。
そしてAPinkのファンになるともれなく「Pink Panda」と呼ばれます・・・公式ファンクラブに入っていなくても、ピンクパンダだと自覚がなくても「ピンク」とか「パンダ」を意識するようになっているハズです(笑)

今回は「Mr.Chu」で活動中のAPinkと彼女達を応援するためスタジオに集まったピンクパンダ達の動画をキャプチャしました。

Mnet Japanって素晴らしいです。
何と言っても日本語字幕の効果は大きく、翻訳効率が悪いshusenjin(私)にはとても有り難いプログラムです。
この日の衣装は白黒ツートンの制服Ver、シンプルだけどトップ3に入るお気に入りで中でもボミの襟につけたキスマークがなんとも可愛らしい
また目立った違いはネクタイだけでもしっかりキャラ作りがされているのもお気に入りのポイントで、スキのない身だしなみでみんなのお手本のようなロンママ、上級生の余裕か開放的な93line、服装が乱れたら周りが心配してしまう姫、リボン一つで可愛さアップに気付いたナムジュ、まだ可愛く見せたいのに大人びてしまう転校生の雰囲気ハヨン
などなど妄想の世界も広がります(笑)



おなじみのエレベーターとスタジオに続く狭い廊下のバックステージ。
いつも自由行動のようなAPinkですが先頭のロンママはチームが目指す道を進み、ボミは最後尾から迷子になる妹がいないか見守っているかのようです。



動画の中ではインタビューされたり・・・
「デビュー3周年ですね」聞かれたウンジが「どうして知っているの」と聞き返すシーン、
「そのくらいは知ってますよ
少しカッコつけてるインタビュアーにジェラシー感じます(笑)

「1位を取りますね」の問いはAPinkには適切ではなく、ロンママと姫は「頑張ります」といつも通りのつつましさ。
激しい競争の中でも輝きを失わない新鮮な姿も魅力のひとつ、人気が出てきた今もデビュー当時のような謙虚さで活動している姿をみるとますます応援したくなります。



ピンクパンダには同年代の方が多いと思いますがshusenjin(私)を含めてかなり大人のパンダもいたりします。
収録後に見送りまでしてくれるアイドルから大人パンダに嬉しい一言・・・
「おじさん、さようなら」



最後はビジュアル担当があまりに素敵なのでたくさんキャプチャした中から厳選した4枚
どうみても「ぶりっこ」の仕草なのに姫の場合はいたって普通に見えるのて不思議です。
これもピンクパンダの習性なのかもしれません(笑)
Mnet Japan の動画はこの他にもいくつかアップされているので後々エントリーしていきたいです。


最近は日本での活動についての情報が流れていたり、公式ブログが開設されたりと近く何かが起こりそうな雰囲気です。
火の無いところに煙は立たずと言いますが、今は公式発表があるまで「騒がず慌てず」です。
そして
今日6月14日は延期していたファンミーティングの日です。
会場へは行くことができませんが情報を頼りに気持ちだけは参戦してきます。




source : YouTube FoR 에이핑크Apink

140425 에이핑크 M COUNTDOWN BACK STAGE バックステㅡジ Mnet Japan
1'00" スタッフさんと一緒に登場、ロンママの手を振る姿が可愛い
2'30" Mnet Japanと聞いて挨拶する日本語担当ナムジュと頑張っているハヨン
3'58" 姫
7'57" ウンジに目を見て話してって言われたい(笑)
9'05" ロンママ+姫を褒めまくるインタビュアー
13'25" 最後の最後はボミの「ありがとうございます


ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

APink争奪カフェデート

最近shusenjin(私)の通勤時間は「Pink Blossom」と決まっているのですが、今日はAPinkのタイトル曲と後続曲だけをメドレーで聴いてみました。
iPhoneで作ったプレイリストは7曲のミニアルバムサイズでタイトル曲が5曲と後続曲が2曲、ステージで活動したのは7曲とは多いような少ないような・・・
ですが聴けば確実に進化している事がわかるAPinkメドレー



「モラヨ」はボミとウンジが圧倒的ですが「It Girl」になると5人の声も前面に出てきて”セカンドシングル”っぽい感じの1st Mini Album

「MY MY」と言えば姫のイメージ 2nd Mini Albumから後続曲はなかったものの「Like A Dream」はライブで聞かせる1曲だと思います。

なぜか箱に入った1at Full Album、グループの路線が迷走気味だったころの「HUSH」、ダンサブルで良い曲ですが時期尚早だったのか・・・
そして後続曲は従来の妖精ドル仕様の「BUBIBU」、ユギョン嬢の優しい歌声に癒されます

現行のスタイルとなってからの彼女たちの成長が上手く表現された3rd Mini Album、生ライブで感動した「NoNoNo」で一気に人気が加速、やっとAPinkの時代が来ましたね(笑)

そして現行曲「Mr.Chu」を含む4th Mini Albumは4月からの愛聴盤(笑)



と聴けば聴くほど最高な APink
彼女達と出会って3年が経ちましたがこれほど好きになったK-POPアイドルはいないと言い切れるほどAPinkな毎日を送っています。
あっという間に終わってしまった「Mr.Chu」の活動後は海外進出とかコメント発表がありましたが本当なのでしょうか。
海外組ピンクパンダには直接ステージを見たり声援を送る機会はめったにないのでCDを聴きながら、動画を見ながら、「次はいつ」とその時を待っています。


そんな海外組の思いを知ってかAPinkとファンとの距離をグッと縮めるイベントが紹介されたので動画の中で気持ちだけ参加してきました(笑)
Apink CafeDating_1
Apink Coffee Break! Cafe Date
このイベントはAPinkのメンバー達と一緒にお茶飲みながらトークあり、サイン会ありと夢のような内容なのですが、参加したファンは相当なツキを使ってしまったものと思われます。
「Pink Blossom」のCDに封入されているトレーディングカードの中には「非常にスペシャルなカード」があり、それを引き当てたファン限定のプライベートイベントだったとか、さらに開催した5月18日はまだ活動中だったのでステージ衣装でイベント参加とどこまでも羨ましい様子が収録された動画です。


Apink CafeDating_2
大好きなアイドルと喫茶店でお茶してること自体が普通じゃないのにAPinkの皆さんはいつも通りのようです。
きっと彼女達がリードして緊張をほぐしてくれたに違い無く、例えば・・・
「メアド ダメダメ ニコッ」byロンママ
「えっ、私達変顔なんてしてません。」byボミ&ウンジ
「普段は黒一色です・・・」by姫
「悩み事なら私に話してみて」byナムジュ
「ホントに169cmしかないんです」byハヨン
以上、勝手な妄想タイムは終了します(笑)


Apink CafeDating_3_1
そして、このイベントで最も素晴らしいのはドリンクを持って並んだメンバーから1人を選ぶファンにはたまらない企画。
6人は目を閉じて選ばれるのを待つばかりなので楽しそうですが、もし選ぶ側になったらとても悩みそうです
動画の中では1人目の彼が右から2つ目のアイスティーを取ると・・・ロンママ大喜び


Apink CafeDating_3_2
2人目・・・ロンママ大はしゃぎ


Apink CafeDating_3_3
3人目・・・もう目を閉じている場合ではありませんがロンママのアイスティーは特別みたいです。
姫は飽きちゃったのか離脱中


Apink CafeDating_3_4
4人目・・・気のせいかもしれませんがアイスティーを受け取る彼が申し訳なさそうな、メンバー達の視線がそんな彼に集中しているような(笑)


Apink CafeDating_4_1
5人目の彼は一旦は通り過ぎてやっぱりロンママ
右の4人がアピール合戦を繰り広げている時、いたいけな末っ子のドリンクを優しく持ち上げてあげる姫


Apink CafeDating_4_2
「もうひど~い
とガッカリなハヨンと自分のイタズラにかなりウケている姫(妄想)


Apink CafeDating_4_3
白いパーカーの彼女はボミからグレープフルーツジュースを受け取るとボミの顔に安堵の笑みが
そして姫のおかげでガッカリしているかと思いきや、たくましい末っ子からドッキリのお返し
ハヨンの手で表情は見えませんが姫はかなり喜んでいるご様子(笑)


Apink CafeDating_4_4
姫の大げさすぎるリアクション&それを見たハヨンも大ウケ
ファンと一緒にいても自由過ぎる、いつも通りのナチュラルAPinkって本当に素敵だと思います。

shusenjin(私)は番組観覧もサイン会も参加の経験はありませんが今回のようなイベントに行ける事になったらやはり嬉しいでしょう。
普段は離れた場所から応援してので今のAPinkとの距離感には満足しているのかも知れません。
しかし去年のように日本でのライブやイベントがあれば見たい聴きたい応援したい・・・もう一度、いや何度でも(笑)

メンバー達も期待している(と思う)海外での活動はどのようなものか、これまで多かった合同イベントからAPink単独のイベントに移行していく事を願っているファンは国内外に大勢いるはず。
ショーケースやファンミーティングからスタートするのが定石ですが「Mr.Chu」のヒットを見ると競争率が一気に上がりそうな気がします(笑)

みんなが待っているライブステージ、APinkとピンクパンダだけのコンサートも夢では無いと大きな期待を持ちながら、近いけど遠くにいる彼女達からのメッセージを待っています。

アイドルは遠きにありて思ふもの そして輝きうたふもの
(有名な詩の一部のようですが決して盗作等意図的なものではありませんので)



source : YouTube PunKpop LiveHD

[Live_HD] 140528 Apink - Cafe Dating
0'35" 姫のハヨンのイケないイタズラが最高の笑いどころ
1'10" 久しぶりに聞いたウンジのモラヨ(笑)
1'36" ナムジュの悩み事相談室
2'33" 見ると幸せになるウンジのスマイル

ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

頑張る姫を応援します。

「Mr.Chu」を引っ提げて挑んだチャート争いと、華々しくも多忙な活動の日々を無事に終えたAPinkからお礼の言葉が・・・
ボミ→ウンジ→姫→ナムジュ→ハヨンで意味は通じますがロンママのは先頭か最後か迷います。

なぜ6文字のメッセージにしなかったのかと想いながらも、彼女たちの気持ちをストレートの表した結果が「 감사합니다 」と字足らずを埋める「 」なのでしょう。
Mr_Chu140525
ハートマークは最後に付けると効果的かなと思う一方、ここはリーダーが先頭だろうとの結論で 감사합니다 」

さて、
活動中は様々なステージ動画を見せてくれて楽しかったのですが「ファンとしては外せない」、「いつかきっと公開してくれる」と密かに期待していたモノをやっと見る事ができました。

「Mr.Chu」 Choreography Video

光り輝くステージとは違うメイクさんもスタイリストさんもいない練習室でのレッスン風景、ソロショットを追うことも無い定点での撮影、「完成された振り付けのために日々努力のAPink」を感じる素敵な映像だと思います。

Choreography_1
タイトルバックやメンバーの挨拶など一切無しで振り付けだけを見せるためのシンプルさ、これまでと違うのはウォーミングアップの段階からカメラがスタートしている点です。
ストレッチしたりコンセントレーションを高めたりするAPinkは普段は見る事が出来ないので新鮮です・・・またついでと言っては何ですがナムジュ(と上の画像にはいないボミ)の練習着が抜群のセンスだったりロンママのボーダーシャツはジーンズにインしていたりと振り付け以外にも見どころ満載です(笑)

始まったとたんに継ぎはぎの映像で驚きますが・・・
Choreography_2
「はんぼん ぼみょん とぅ ぼん と ぽご しぽ」
(一回会ったら二回 もっと会いたいの)
歌い出しを任された末っ子はこの曲で何かを掴んだのでしょうか、伸び伸びと歌う彼女には自信が溢れています。

Choreography_3
「めいる めいる ぶぁど なん と ちょあじょ」
(毎日毎日会っても 私はもっと好きになる)
リーダーの歌声に合わせてシンクロするシーン、ちょっとコミカルな振り付けがロンママっぽかったり、

Choreography_4
「っちゃりっちゃりたん ぬっきむ ちょるて まむ ぴょなじ あんぎ」
(ピリっとした感じ 絶対に心変わりしないで)
カワイイ系とカッコイイ系 対照的なチーム割が新鮮で、「Baby~」のナムジュにはトリハダものだったり、

Choreography_5
そしてラストに向かって横一線、決めポーズに入るシーン、
のハズなのに・・・ボミの後ろから姫が移動してきませんね
ラストまでもう少しなのに。
これまでと同様に振り付け動画は編集無しの一本撮りなのでココまで踊ってのNGは正直キツイ・・・

Choreography_7
この状況ではもう笑うしかない ^ ^

Choreography_8
みんなからは「え~~っ」、末っ子からも「おんにーっ」と言われる姫様の図

Choreography_9
反省中・・・・・・

Choreography_10
カメラを指差し「みんなにお詫びして」とリーダーからの追い打ち、しかし決して姫を責めているのでなくスタッフさん達に対する心遣いがロンママのスゴイところです。(想像ですが)

Choreography_11
ごめんなさい

Choreography_12
おっ アップもあって嬉しいなと思って見ているとウンジの後ろでうなだれている姫の姿が・・・
おしゃべりロンママ、スマイルウンジ、キメ顔ナムジュの3人のテンションとは天と地ほどの姫が・・・

がんばれソン・ナウン
APinkのセンターは光輝くポジションですから



では気持ちを入れ替え一曲入魂、一発勝負の撮影開始です。
Choreography_13
ウンジの後ろに5人潜んでいるとは・・・長身の年下組が見えないアングルは計算の上なのでしょうね。
そしてみんなが気になってるセンター位置のグローブ
彼女達がキャッチボールしている姿を想像すると楽しそうですが何故グローブなのかは謎のまま、こうなると次の曲も何を置くのか興味が湧いて勝手に期待してしまいます(笑)


前回「NoNoNo」で6人での振り付けに切り替え、今回の「Mr.Chu」でも7人の時の振り付けとは決定的に異なるフォーメーションがあります。
それが疑似シンメトリ、偶数(6人)でありながら奇数で構成する左右対称の陣形を多く取り入れています。
Choreography_14
Choreography_17
Choreography_18
今回の動画を見て改めて感じるのは疑似シンメトリの際にセンター真後ろに入るのがほぼ姫であること。
センターの入れ替わりで見えなくなるハヨンやナムジュ、段階的に移動するため一時的に後ろに入るボミも動きは同じですが姫の場合は何度かあるサビに向かうパート、ボミの「へいゆー」で必ず姿を消してしまうのです。
しかも不在時間が長い・・・
1度目は「へいゆ―」からウンジの「みすた~ちゅ」までの間の約20秒
2度目は「へいゆー」からロンママの「私のお願いきいて」までの約13秒
3度目は「へいゆー」からラストにつながる横一線に並ぶまでの約7秒
パフォーマンス中に画面から見えなくなる時間が40秒とは少し多いような・・・3分半弱の「Mr.Chu」で40秒・・・

冒頭の姫が出したNGシーンはこの3度目の疑似シンメトリの直後、ボミ~ウンジのソロで移動する2度目までのパターンに油断していたのかも知れません。
あまりに裏方的な場面が多いと不満も出てきそうですが、当のご本人はセンターの背後でしっかりパフォーマンスしているようだし、ファンとしては見えないと見たくなる心理もあって彼女のソロパートが一段と輝いて見えるのは気のせいではないと思います。

Choreography_24
Choreography_23_2
ほら この通り




最後はおまけの1枚
Choreography_23_3
自分のパートが終わって後列に移動する姿が何とも素敵な姫。
曲は流れパフォーマンスは続いていても、慌てず優雅にウォーキングする姫はやはりAPinkのビジュアル担当です。

「Mr.Chu」の活動は終了しましたが延期していたファンミーティングが6月14日に開催されると聞きました。
公式ファンクラブ対象のイベントは海外組にとってハードルが高く、できる事なら参加される方にこの気持ちだけでも連れていってもらいたいものです。
ファンミーティングでは「Crystal」のミュージックビデオが公開されるとのこと、リアルタイムとは行かなくても一般向けの公開をワクワクしながら待っています


source : YouTube Apink (에이핑크)

Apink 에이핑크 'Mr.Chu' 안무 연습 영상 (Choreography Practice Video)
1'46" 姫のかくれんぼ第1回目
2'42" 姫のかくれんぼ第2回目
3'32" 姫のかくれんぼ第3回目


ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

ありがとうMr.Chu ゴールは間近!

4月4日にファンの大きな期待と共に「Mr.Chu」でカムバックしたAPink、途中自粛期間はありましたが今日25日に活動を終了します。
振り返るとティーザー映像でドキドキした日、お昼休みに公開されたMVをiPhoneで凝視した日から約2カ月・・・あっという間に流れた時間の中でオールキルを含む6度の栄冠や「SUNDAY MONDAY」、「사랑동화」、そしてお気に入りの「So Long」を披露してくれてとても中身の濃いカムバックでした。

終盤に入ってもファンの応援の声は途切れることはなく、まだまだ観ていたいと思う気持ちはshusenjin(私)も同じですが、次の活動を見据えて休養に入る彼女達のパフォーマンスを最後まで楽しむ事にします。


140522 Mr_Chu_0
今回キャプチャしたのは5月22日の「M Countdown」、以前にも書きましたが個人的にステージセットや照明、カメラワークなど1番好きな音楽プログラムです
このところの衣装はテニスルックパターンが続いていますが今回は水色のシャツに白のスカートとソックス、およそアイドルのステージ衣装には見えないほどのシンプルさに感心してしまいます。


140522 Mr_Chu_1
ありえないほどのナチュラル感、いつまでたっても新人のような初々しさ
時に迷走してもチームの進む道から外れず、ファンを思い成長する姿から目が離せないアイドル「APink

たくさんの記事やコメントにある通り「Mr.Chu」はこれまでのウンジ「4番バッター」スタイルから変化を持たせ、6人の力を引き出すことでまた1つレベルが上がりました・・・安定したパフォーマンスを魅せるグループに。
年上組の3人は言うまでもありませんが、続く年下組の実力が急上昇していると感じます。
歌い出しは誰かと思えばハヨンの抜擢
自信を持って歌う末っ子の姿を見て「成長したね」と保護者気分になってしまったお父さんパンダは私です(笑)


140522 Mr_Chu_3
デビュー当時からビジュアル担当と言われながらステージでは大人しかった姫が眩しいほどに明るく・・・新婚生活を経験してからかと思うと複雑ですが、まぁ「結果良ければ・・・」ですね
こんなに控えめで良いのかと心配もしましたがザ・アイドル APinkの永遠のセンターは・・・
異論は無いと決め付けて ソン・ナウン


そして超安定の一押し
140522 Mr_Chu_4
このキム・ナムジュの進化 解放された未知の力(笑)
時には食神、時には芸人、ですが真の姿はやはりプロのアイドルです。
理想の女性像についてこんな事いっていましたね。
「仕事には最善を尽くすカッコ良いプロであり、普段は気さくで素朴な可愛く愛らしい女性」
目指す自分にまっしぐらのナムジュが大好きです


140522 Mr_Chu_2
活動終了まであと少し、元気にゴールインすることを願っています。
グッバイステージを終えるとAPinkは休養期間に入ると言っていますが人気絶頂の彼女達は本当にゆっくり「休養」を取れるのか心配でもあります。

前回も紹介したKstyleの記事から
sauce : A Pink、次の活動舞台は海外!“日本からも熱いラブコール”

新曲「Mr.Chu」で音楽番組1位を総なめにし、名実ともにトップレベルのアイドルに跳躍したA Pink。そんな彼女たちの次の活動舞台は海外になる見通しだ。その中でも、日本からは連日熱いラブコールが続いているという。
→その通り海外組パンダも日々応援していますから

A Pinkは、音楽番組が本格的に放送を再開する来週から、「Mr.Chu」で活動を続ける。2~3週間ほど活動を続け、今の人気を固める計画だ。
→今ココもうすぐ終わってしまいます

その次の活動舞台はおそらく日本になると思われる。セクシーなガールズグループよりは清純で可愛いガールズグループを好む日本こそ、A Pinkにうってつけの市場との意見が多く出ている中、A Pinkもそれを受け、近日中に本格的に進出するものと予想される。
所属事務所A CUBEは、最近日本で様々な打ち合わせを行った。日本からの反応が良く、本格進出への期待が高まっている。
→この「本格的」、「進出」とは何なのでしょう 楽観的な言葉で心配になります

所属事務所の関係者は「韓国活動が終わったら、日本を皮切りに、海外活動に拍車をかける予定だ。思ったより現地での反応がいいので、かなり勢いづいている」と語った。
→「思ったより現地での反応がいい」って何処情報なのか知りたいです。

さらに8月には新しいアルバムをリリースすると言う噂まで・・・
「Secret Garden」から「Pink Blossom」リリースまで9カ月を要したのにこれから2か月後のアルバムリリースは難しいでしょう・・・しかも順番から言って次はFull Albumになりそうだし。
海外進出のためのプロモーション準備と同時にアルバム制作などと、懸命なパンダ達は恐らく信じていないと思います。
えぇ、shusenjin(私)も信じていません、公式発表があるまでは冗談だと思う事にしています(笑)
できれば先に来日ステージをAPinkを観たい聴きたい応援したい
ってこれでは休養など取れないのでは・・・



Eunji_naver_jp
一方で現実的な話も。
売れっ子演技ドルと言えばチョン・ウンジ 彼女の次期主演ドラマがコレ
「トロットの恋人」

ふたたびKstyleの記事から
sauce : A Pink チョン・ウンジ「トロットの恋人」のヒロインに抜擢!

チョン・ウンジの演じるチェ・チュニは、父や妹を扶養するためにアルバイトなら何でもする実質的な家長で、トロット歌手だった母の才能を引き継いで次世代のトロット歌手に成長する人物だ。
チョン・ウンジは実際に抜群の歌唱力を誇っているだけに、劇中でトロットの女王として成長していくチェ・チュニ役に期待が集まっている。

「トロットの恋人」のある関係者は「チョン・ウンジの愛らしく親近感のある魅力と、自身の人生を自ら開拓し、克服していくチェ・チュニの堂々とした姿が調和を成し遂げ、これまで見たことのない新鮮な主人公が誕生すると期待している」と伝えた。
また「チョン・ウンジがいつにも増して作品への覚悟や情熱がすごい。多くの関心と声援をお願いしたい」と付け加えた。

「トロットの恋人」はトロットに人生をかけた一家の大黒柱チェ・チュニがトロットを軽蔑する最高のミュージシャンチャン・ジュンヒョン(チ・ヒョヌ)と出会うことで展開されるストーリーを描く作品であり、事件と対立の中で芽生える二人の愛と成長を届けるラブコメディドラマだ。

演歌が歌える現役アイドルと言えばウンジ以外ないと思えるほどのナイスキャスティング、「ラブコメディ」とつくとストーリーが読めてしましそうで彼女なら「サクセスストーリー」とした方がカッコ良いと思うのですが・・・
記事を読んで直感的に観てみたいと思いました。
ウンジのキャラクターが役にハマって大ヒット、「応答せよ・・・」と並ぶ代表作になるかもしれないので海外進出の一環として日本での早期字幕放送をお願いしたいものです。
あれでもこれではウンジは休めないのでは・・・心配は尽きません


sauce : YouTube ThanhnamKoreanTV

HD | 140522 A Pink - Mr. Chu @ M! Countdown
今回は話題を詰め過ぎてまとまりませんでしたが動画は最後のお楽しみです。
0'00" 入場シーンからファンサービス実施中!
1'27" 姫パート、歌い終りに歩く姿が印象的なシーン。
2'00" ボミの「へいゆ~!」がカッコイイです。
2'25" ナムジュ~♡
2'38" 再びボミ「みすたちゅ!」がこれまたカッコイイ(笑)

ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

Mr.Chuで再び!

APinkが帰ってきました。
今回6度目の栄冠に輝いた「Mr.Chu」と共に・・・
彼女達にとって「M Countdown」は特別なプログラム、APinkの始まり「モラヨ」デビューステージも、初めての音楽番組1位「MY MY」涙のステージもこの番組でした。

140508Mr_Chu_1
「Mr.Chu」は4月13日以来のステージ、自粛していた音楽番組の復活でもありファンの応援は無し、衣装もモノトーンで追悼の意を表しています。
これまでのように満点の笑顔や煌びやかな演出がないので本来のパフォーマンスとはいきませんが、リボンであったりリストバンドであったり、白いアイテムを黒に変えて歌うAPink(ACUBE)の姿勢には人を思いやる心が表れています。


140508Mr_Chu_2
声援は控えても彼女達を見守るファンの応援は変わっていません。
6度目の1位となり3週間を経ても「Mr.Chu」が支持され続けている事実はちょっとした驚きで、グループとしてのスキルはこの1年で急成長、ファンの数と彼女達への思いも急増中と長く愛されるアイドルと言う将来像に向かって成長した姿を見ているようです。
このステージでも安定のパフォーマンス今回ベストショットを選ばせてもらうとしたらカメラワークも良かったこのキメポーズ
M Countdownの映像は必要以上にカメラを振り回さず、特にアップや引きのタイミングが良いので好感が持てます。
なによりナムジュの露出が多くて嬉しい限り


140508Mr_Chu_3
デビュー当時からヘアスタイルのバリエーションの多さではダントツのナムジュ、HUSHで見せたショートもお似合いでしたが個人的にはアップが決まる今くらいのセミロングが好きです


140508Mr_Chu_4
カメラさんもナムジュ撮りに力を入れるサービスぶりにキャプチャ枚数も増えていくので久し振りのナムジュ祭りです(笑)
チームの中ではまだ若く、年下組に位置しているからか自己アピールと言うか押し出しがいまひとつ弱いと感じる事もあります。
ハイスペックなK-POP界にあって高い歌唱力やダンススキルだけでなく、アイドルレベルも高いナムジュ
また一緒にMYMYの練習をして下さい


140508Mr_Chu_5
今回はどこまでもキム・ナムジュ
「I'm falling falling for your love



140508Mr_Chu_6
ともあれ「Mr.Chu」では6回目の栄冠を手にしたAPink、プロモーションとしては大成功と言って良いのですが残念なのは活動期間が短い事、いまだに飽きることなくiPhoneでリピートしている「Mr.Chu」をまだまだ観ていたいのです・・・


140508Mr_Chu_7
栄冠を手にしながらも言葉少なに感謝の気持ちを伝えるロンママ、このようなシーンではやはりリーダーシップを発揮する頼もしさを持っていますね。


140508Mr_Chu_8
どこかに隠れているのかとウンジを探してしまいました・・・
現在彼女はグループの音楽活動とミュージカルのお仕事を持っているので5人でのアンコールステージとなりましたが次は6人揃ったAPinkが見たい・・・やはり1人でも欠けたらダメです。


今回カムバックのランキング争いでは十分な結果を出したAPink、彼女達がこれから進む道・・・
巷では「今の活動が終了した次の舞台は海外。(おそらく日本)」と噂されています。
sauce : Kstyle 
「APink 次の活動舞台は海外!日本からも熱いラブコール」
確かに海外のファンも多く、shusenjin(私)も日本でのライブステージを待ち望む1人ですが・・・活動の方向性にもよりますがくれぐれも選択を間違わないでもらいたいのです。

今は海外遠征で活動するK-POPアイドル「APink」で満足です。
もしこれが日本音楽市場へのデビューとか日本語歌詞で歌う「Mr.Chu」とか・・・目まいがしてきます
これまで自然な姿でファンの心を掴んで来たAPinkをこれからも応援して行きたいと願うばかりです。


最後は気を取り直してM Countdown
sauce : YouTube ThanhnamKoreanTV

HD | 140508 A Pink - Mr. Chu @ M! Countdown
0'33" 「めいるめいるぼぁど なんどじょあじょ」ロンママの振付が変わってます!
1'24" ウンジ会心の笑顔・・・というかドヤ顔^ ^
2'17" ロンママ~ナムジュが贈る最高のソロパート
3'20" 背を向け翼をひろげる天使のような6Pink


ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

Mr.Chu ダンス3選

ファンの期待を受けてのカムバック、そして5冠の「Mr.Chu」がどこまで支持されるのか楽しみだった3週目でしたが・・・
ナムジュ誕生日の翌日に起こった事故発生から活動は止まったまま、華やかなステージと笑顔を封印しているK-POP業界の活動再開はいつになるのか分かりません。
追悼の念を歌い励ますのも歌手だからできること、そうした活動が大切なのではないかと思うと同時に、APinkもそれができるグループであってほしいと願っています。
そしてこの場をお借りして今回の事故で亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。


エントリーも躊躇する事が多いのですがこれから少しずつ更新して行くことにしました。
しかし今はステージ動画が上がらない時なので今回キャプチャしたのはダンスパフォーマンスです。
いつもはMVとは別にダンスバージョンを用意しているのですがACUBEがじらしているのか公開するタイミングを逸したのか・・・そんな訳で「1theK」の「LET's DANCE」と言う動画をピックアップしました。

Let's Dance: Apink(에이핑크) _ Mr. Chu(미스터 츄) [ENG/JPN/CHN SUB]
Let's Dance Apink_1
「1theK」とはLOEN(レコードレーベル)が社名変更した名前だそうですが、「Pink Blossom」のジャケット裏面にはしっかりLOENと書いてあるのでつい最近の事なのでしょう。
内容は「Mr.Chu」の3種類のダンスをメンバー達がレクチャーしてくれます、さらに衣装は4月13日の人気歌謡で5冠達成のステージ衣装踊る人も踊らない人も楽しい動画です。
最初のソロショットから可愛いです目元キラキラでたまりません
タイトルは「APinkのMr.Chu 彼氏作りダンス」


1組目はウンジと姫の演技ドル組
最近この組合せを2Eunとかナウンジと呼んでいる方がいて語呂の良さに感心しています(笑)
Let's Dance Apink_2
落ち込むウンジに声を掛ける姫「どうしたの?」
「なうな~」がオトコマエで笑えるウンジ
ウ「好きな人がいるけど・・・すごく会いたいし・・・」
姫「告白したら?」
ウ「だめ!鏡見て自信なくしちゃった!」
姫「彼を虜にする方法を教えてあげる!」
(セリフは全てYouTubeの日本語字幕なのであしからず)


Let's Dance Apink_3
おっとけ~ 字幕では「何?何?」ですが「どうするの?」と言ったニュアンスでしょうか。
そしてドラマで鍛えられた演技ドル達、頑張るんだけど照れて笑ってしまう素直なウンジと実際には恋の指南はまだできそうにない姫、2人の立場が逆転したらありえそうな話だけど・・・よく考えて作っていると思います。
そしてこの2人がレクチャーするのはSTEP1「○○○ダンスで自分の気持ちを伝える」
なぜ○○○ダンスと書いているかと言うと・・・決まっていないから


そして姫のサービスショット
Let's Dance Apink_5
「まだダンスは名前が決まっていないので募集します」と字幕を入れれば済むのにあえて姫が解説、制作側の意図が見え見えですがこんな可愛い姿を見ていればダンスの名前は何でも良くなってしまいます。
肝心の応募はもう〆切ったのか、ダンスの名前は決まったのかは確認していませんが・・・姫はいつも可憐です


Let's Dance Apink_6
①カップルリングをつけたい手を上に伸ばす。
②ペアリングがほしいという表情で右の手をくるっと回してください。
③指を自慢してください。
④微笑みながら腕を組んで完成!
「あなたとカップルリング指にはめて、一緒にこの道を歩きたいの・・・」
とこのように歌詞と振付がマッチしていて姫の輝きが増していますただでさえ眩しいのに。


2組目はボミとハヨン、最近は師弟のような2人
Let's Dance Apink_7
ハヨンの怒った表情など今まであったでしょうか
ボ「ハヨンどうしたの?」
ハ「実は好きな人がいるんだけど、彼は私にあまり興味がないみたい! 彼を振り向かせる方法ってないかな?」
ボ「ある!私に任せて!」
嬉しくなるようなオーバーアクションですが次なる演技ドルは彼女だったとしたら・・・


ダンスのレクチャーまでの前振りが長いのですがお姉さんの演技が素敵なので全く問題ありません(笑)
チームAPinkには親しみやすく明るい笑いを誘う彼女がいます。
Let's Dance Apink_8
ずっと前からドキドキさせられています・・・
美しく成長しながら今もクルクル変化する表情にはドキドキです



ではSTEP2の「ドキドキChuダンスで彼の気を引く!」レクチャー開始
Let's Dance Apink_10
①敬礼するようにMr.Chuを呼ぶ!
②両手を腰においてかわいく肩を2回バウンス!
③親指を唇につけてからChu!
ココで大切なのは「愛を込めてChu!」だそうです
「みすた~」で敬礼、「ちゅ~」で指さしするシーンはまさにこの曲の中心となる振り付け、カムバック前にイメージした「KISS」とは違う「Chu」なのです。


3組目はお待ちかね強力に推したいロン+ナム
Let's Dance Apink_11
ロ「何してるの?」
ナ「明日のダンスパーティーに大好きな彼が来るの!」
  「これで魅力アピールできるかな?」
「だめだめ!」
  「ダンスにも駆け引きが必要よ!私が教えてあげる!」

さすがはリーダー、何でも知ってます

Let's Dance Apink_12
多少バラエティ向きと言われる事もありますが、誰よりアイドル感が高くファンサービスも山盛りのナムジュにはいつも元気をもらい癒されます、同時に誰よりピンクが似合い何をしても可愛らしいママと言う名の若きリーダーからも目が離せません。
そう言えば、今月から「まるごとマイ・ラブ」の再放送が始まりました・・・彼女の登場は6月に入ってからなのでその日が待ち遠しいです


STEP3の「駆け引きダンスで彼を虜にする」 リーダーお願いします
Let's Dance Apink_14
①右の方にステップを踏みながら両手は可愛くクロス!
②両手は腰において右側のヒップを2回バウンス。
③今度は左側に移動しながら両手をクロスさせる。
④左側のヒップを軽く回す。
⑤左脚の膝を曲げて右の手は頭の上に伸ばす。
⑥反対側ももう一度繰り返す。
ロンママのレクチャーもあってとてもキュートな駆け引きダンス、ステージでの「falling falling」はキュートさ6倍と言ったところです。


動画では「○○○ダンス」「ドキドキChuダンス」「駆け引きダンス」を紹介していますが、ここではさらに個人的に好きなシーンをキャプチャしてみました。
Let's Dance Apink_16
マンネ、姫に続くロンママパート
「めいるめいるぼぁど なんどじょあじょ」(毎日毎日会っても私はもっと好きになる)
で見せるこの振り付けが、手足をピンと伸ばしてステップを踏む6人のシンクロがお気に入りです。


そしてもう1つ
Let's Dance Apink_17
「まち Dreaming Dreaming つくむるっくぬんどぅつ」(まるでDreaming Dreaming 夢を見てるみたい)
ロンママの後ろからナムジュが入れ替わってセンターに・・・後ろ向きのメンバーの中から「Dreaming~」と歌いながら登場するするナムジュとお尻フリフリの5人にのシーン。


Let's Dance Apink_19
「Mr.Chu」はMVもステージも素敵なシーンが多くて一瞬たりとも目が離せません。
これからの活動も見えない状況ですが「Mr.Chu」だけでなく「Pink Blossom」を持って日本のステージでパフォーマンスして欲しいと思うのは日本にいるパンダの皆さん全員の願い、去年の「We are Friends Concert」のような企画をお願いしたいものです。
ぜひ「We are Friends Concert 2014」を


この動画には日本語字幕がついているので嬉しいです。
sauce : YouTube 1theK (former LOEN MUSIC)

Let's Dance: Apink(에이핑크) _ Mr. Chu(미스터 츄) [ENG/JPN/CHN SUB]
**********
動画のお気に入りのポイントを追加しました。
0'33" とってもオトコマエなウンジの「なうな~
2'59" 大人なマンネの「もうあなたは私のものよ
3'56" ロンママの「うわっ」何か得した気分・・・
4'31" めいるめいるぼぁど
4'38" Dreaming Dreaming


ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。