FC2ブログ

I don't know

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

あのトレーナーのAPink(モラヨ + It Girl)

以前「It Girl ジャンプ大会」と称してステージでジャンプするメンバーについて書いてみました。
その中で紹介したステージでshusenjin(私)的に「ありえない」衣装がありました。
それがコレ!
I don't know + It Girl@釜山KT Basketball Opening game(111016)_1
I don't know + It Girl@釜山KT Basketball Opening game(111016)
sourceはDONGYUNPARKさんのYouTubeチャンネルから
初めてこのFancamさんの動画を観た時は衣装にものすごく違和感があり「何だこれ、責任者出てこい!」の勢いでしたが、フリフリのスカートと彼女達の笑顔に眼を奪われ、トレーナーについては苦笑い程度で済ませる事にしました(笑)

shusenjin(私)、あちらのファッション事情に疎いため「何だこれ!」と思ったトレーナーは「PANCOAT」というブランドだとネット検索して分かりました。これについてはまたあとで・・・

I don't know + It Girl@釜山KT Basketball Opening game(111016)_2
そんな訳でパンコートファッションでのステージ、初めは「モラヨ」
会場は見ての通りバスケットコート、「釜山KTソニックブーム」と言うチームの開幕戦でのステージです。


I don't know + It Girl@釜山KT Basketball Opening game(111016)_3
「モラヨ」と言えば姫から始まるターンと蝶ダンス
振り向くたびに笑顔の数が増えて行くこのダンスシーンが好きですね。(おじさんの後頭部がちょっと残念ですが・・・)
ところで釜山と言えばウンジの故郷、ウンジスマイルも一段と輝いて見えます。


I don't know + It Girl@釜山KT Basketball Opening game(111016)_4
ナムジュの指差し
とってもキュートなのでキャプチャしました!



I don't know + It Girl@釜山KT Basketball Opening game(111016)_5
お次はウンジブースター!
このシーンで笑顔が見えるのはウンジ・ナムジュ・ボミは確実として、姫とハヨンはケースバイケース、チョロンとユギョンちゃんは絶望的なポジションです・・・
しかし盛り上がるサビのパートであるのと同時にウンジを囲むメンバーのパフォーマンスが決まる見せ場なのでOKです。


I don't know + It Girl@釜山KT Basketball Opening game(111016)_6
最後の〆に向かってのシーンですが、
94ラインの2人がいません!
両端に開き過ぎなのか、これはちょっと寂しいですね。


I don't know + It Girl@釜山KT Basketball Opening game(111016)_7
最後はしっかり決まるAPink
この時もハヨンは最後まで決めポーズのままで、ボミが立ち上がるとやっと自分も立ち上がります。
立つタイミングが遅いのであればユギョンちゃんが教えてあげると思うのです。
これはハヨンの「間」であり、ちゃんと自分のタイミングを持っているに違いありません!・・・たぶん。


I don't know + It Girl@釜山KT Basketball Opening game(111016)_8
ここで会場のみなさんにご挨拶
いつもと同じチョロンの「ハナ・ドゥ・セッ」の掛け声とマイクを両手で持つ仕草がとても好きです。


I don't know + It Girl@釜山KT Basketball Opening game(111016)_9
2曲目は「It Girl」


I don't know + It Girl@釜山KT Basketball Opening game(111016)_10
「ぶーっ ぷっく ぷっく」だったり、


I don't know + It Girl@釜山KT Basketball Opening game(111016)_11
ツインボーカルだったり、


I don't know + It Girl@釜山KT Basketball Opening game(111016)_12
「yeah yeah yeah oh」はみんなでジャンプだったり、
(上は1回目でナムジュだけ、下が2回目で全員で・・・)


I don't know + It Girl@釜山KT Basketball Opening game(111016)_15
ユギョンちゃんのドリブル + ナムジュのドリブルからダンクのサービスも付いて・・・


I don't know + It Girl@釜山KT Basketball Opening game(111016)_13
わーっ わーっ 最高~!

ただ1つを除いて・・・
I don't know + It Girl@釜山KT Basketball Opening game(111016)_16
チョロンの「あぷろが!」が・・・
まぁ、仕方ありませんが・・・Fancamさんもさぞ残念だったでしょう。


ここからはパンコートファッションについて、
何でも「韓国の有名なストリートブランドで、多くのK-Popスターに愛用されている」とのこと。
確かにネットショップには色んな芸能人の写真が掲載されていました。
今回APink 着用モデルを探した結果は下の4つ。

その1 ボミ着用モデル(バンビですよね?) 
pancoat_1


その2 ウンジ着用モデル(キツネだそうです。)
前回ドラゴンですかと書いてますが、キツネと言われれば・・・
pancoat_2


その3 ハヨン着用モデル(アヒルです・・・)
しかも、あのサニー嬢も番組で着ていたみたいで・・・
このブログでAPink 以外の女性は彼女が初です。

pancoat_03


その4 ユギョンちゃん着用モデル (間違いなくヒツジです)
pancoat_04
チョロン着用モデルだけがどうしても見つからず・・・
それにしても日本でも購入している人が多いようなので注意してみれば着ている人に出会うかもしれませんね。


I don't know + It Girl@釜山KT Basketball Opening game(111016)_14
冒頭「何だこれ」とか言っていましたが、結果的にはパンコートを身に着けてパフォーマンスしたAPink はK-POPスターの仲間入りをしたということです!
「がんばるぞ~!!」
ボミのひと際高く振り上げた右腕に勢いを感じるshusenjin(私)なのでした(笑)


ではまた。
スポンサーサイト


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

野球もできるAPink(実は始球式とモラヨ)

突然ですがみなさん野球は好きですか?
前回と同じような質問でもう今回のネタがバレバレですが・・・
そうなんです!今回のAPink は野球場でのモラヨのパフォーマンスのほか色々やってます。
ちなみに色々というのは、
①ウンジの独唱
②ボミと姫の始球式
③みんなでモラヨ


デビューから2カ月で結構な大役を任された彼女達、6月の爽やかな空の下で微笑むAPink をどうぞ!
I don't Know @LG vs SK Baseball(110619)_1
I don't Know @LG vs SK Baseball(110619)
バックスクリーンにはAPink のメンバーが映し出されていますね
まずは試合前にAPink が誇るメインボーカル チョン・ウンジが国家を歌います。


I don't Know @LG vs SK Baseball(110619)_2
①ウンジの独唱
人気球団であるLGツインズのホームタウンとあって観客も多いのですが、そんな状況下でも堂々としています!
ユニフォームも特別製でウンジはAPink News のチャリティーオークションでこのユニフォームを出品、本人も驚く高値で落札されました。


I don't Know @LG vs SK Baseball(110619)_3
②ボミと姫の始球式
続いてはAPink の誇るビジュアル担当による始球式です。
ピッチャーはナウン姫、対するバッターはボミ、この頃のAPink は彼女達が前面に出る機会が多いようです。
周りのマスコット君やマイクを向けるおじさんのユニフォームがオフィシャルだと思われ、彼女達のユニフォームはまさに「APinkモデル」
さすが大企業のチームは手抜かりなく盛り上げ要素がたっぷりです。


I don't Know @LG vs SK Baseball(110619)_4
なんとキャッチャーのサインに首を横に振る姫、なかなか決め球が決まりません!

I don't Know @LG vs SK Baseball(110619)_5
やっと頷く姫星飛雄馬 対 花形満のような名シーンの予感・・・いよいよ勝負の時です!
大きく振りかぶった姫、きれいなフォームです



I don't Know @LG vs SK Baseball(110619)_6
あ-っと!ボミ可愛く空振り大リーグボールみたいな消える魔球に歯が立ちませんでした!
・・・とまぁふざけてしまいましたが、無事に始球式も終了し残るは歌うのみです。


ここから「モラヨ」のステージ開始なのですが、やはりFancamさんは神のようです(笑)
TVカメラは到底入ってこないところで彼女達をカメラの中にちゃんと収め、しかも私達にもその感動を分けてくれるんです。
そんな感謝の気持ちを込めて今回もFancamさんの映像にお世話になります。
I don't Know @LG vs SK Baseball(110619)_7
③みんなでモラヨ
モラヨ開始前ですがちょっと妄想しながら観て行きます。
ナムジュ「今日は特別だからとっておきのヤツやろうか?あっちいったり、こっちいったりするパターンDを・・・」
チョロン「ちょっと!そんなの練習してないでしょ!」
ちょうどこの時のチョロンは眼の炎症でサングラスを掛けているんですね。


I don't Know @LG vs SK Baseball(110619)_8
ボミ「じゃそろそろ初めよっか・・・」
ナウン姫「私、パターンDなんて知らないけど・・・」
ナムジュ「1人でもやっちゃうんだから、驚かないでよね!」


I don't Know @LG vs SK Baseball(110620)_9
ナムジュ「見て!これが必殺の単独行動!パターンDよ!!」
とまぁshusenjin(私)の脳内ではこんな感じですが、実際にはナムジュが立ち位置を勘違いしたのかフラフラとさ迷っているのです。


I don't Know @LG vs SK Baseball(110619)_10
今回のステージ、何か集中していませんね。
姫も振り付けがみんなと合っていなかったり・・・


I don't Know @LG vs SK Baseball(110619)_11
ウンジとナムジュは揃って後ろを振り向いたりしていますが・・・


I don't Know @LG vs SK Baseball(110619)_12
なんとか終了、姫のお言葉で締めくくります。

いつもと違う感じがするAPink ですがshusenjin(私)が見て彼女達の顔がいまひとつ冴えない原因はコレではないかと。
I don't Know @LG vs SK Baseball(110619)_13
それは歌っている場所!
今回のパフォーマンス、1塁側ベンチの上が彼女達のステージだったのです。
高いし、狭いし、落ちそうだし、むしろ良く頑張ったと褒めてあげたいくらいです。



I don't Know @LG vs SK Baseball(110619)_14
今度は左側から撮影してくれたFancamさん。
さっきまでその存在すら確認できなかったユギョンちゃんとハヨンのアップばかり
その嬉しさのあまりしっかりキャプチャさせていただきました(笑)

そして今回のLGツインズAPink モデルですが、やはり背中には名前と背番号がしっかり付いています!

サッカーの時に同じく背番号を見ると・・・
チョロン : 31
ボミ : 00
ウンジ : 07
ナウン姫 : 01
ユギョンちゃん : 02
ナムジュ : 03
ハヨン : 05

ボミの00も面白いですが、やはり1が好きなのかと01を付けている姫が目を引きます。
今度メンバーのプロフィールに「好きな数字」とか「好きな色」とか「好きな音楽」とか、「おじさんファンをどう思うか」とかを追加してもらえると色んな意味で楽しみが増えると思うのでACUBEさん是非お願いします!

それともう1つ。
これからも様々な会場でパフォーマンスを魅せてくれると思いますが・・・
APink もファンもヒヤヒヤするようなステージは心臓によくありませんよ(笑)

I don't Know @LG vs SK Baseball(110619)_15
最後はやっぱりユギョンちゃん
ロングヘアーもやっぱり良いかも・・・
HUSHの時からまた髪を伸ばしているユギョンちゃんですが、ここまでのロングは時間がかかりそうですね。
いきなりショートにしてしまう思い切りの良さに彼女のカッコ良さを感じるshusenjin(私)なのでした・・・

そう言えば94ライン、来年高校卒業する芸能人の大学進学についてのツイートが上がっていました。
APink ではナウン姫とユギョンちゃんが大学への進学準備をしているとありましたが、忙しい芸能人であってもしっかり頑張って無事進路を決めてもらいたいと思います。
ナウン姫は美術専攻かと想像できますが、ユギョンちゃんは・・・外国語でしょうか?
また卒業となると別れのシーズンでもあります・・・あの黄色い制服とお別れすると思うと寂しいのではないでしょうか(笑)
ともあれshusenjin(私)、何もできませんが海を越えて祈っています!

ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

まさに「モラヨ」なAPink ティザー

APink のカムバック情報いまだ流れずですが・・・
今回は彼女達がCDデビューに先駆けて公開された「モラヨ」のティザー映像まで戻って、
まだこの時点ではどんなグループなのかもよく分からない、
まさに「モラヨ」APink
をキャプチャします。
正確にはAPink Newsはすでに放送開始していたのですが、プロモーション映像として公開されたのはこれが始めてではないかと思います。

ティザーは2つあり、ひとつは「APink 」の、もうひとつは「モラヨ」の映像です。
Seven Springs of A Pink ( I don't know )Teaser_8
Seven Springs of A Pink ( I don't know )
デビュー直前のプロモーションなのでチーム「APink 」1度きりのお披露目ティザーになりますよね。
内容は「SEVEN SPRINGS OF APINK」のMVそのもので、1分33秒掛けてメンバーを紹介するという大作ティザーなのです!

このブログ、音は出ませんので「SEVEN SPRINGS OF APINK」を口ずさみながら、または自分の頭の中で曲を再生して彼女達を見て行きます(笑)
Seven Springs of A Pink ( I don't know )Teaser_1
先頭に立ったのはナウン姫ワンピースが超ミニで心配になります ←(何がだ!)
ナウン姫はAPink のメンバー公開も1番目でしたが、やはりビジュアル担当としてトップバッターを務めます!
花畑ではなくお茶畑(?)のような広大な風景の中、逆に彼女が引き立っていると考えるのはshusenjin(私)だけでしょうか?
多くの人がそうであった(と思われる)ようにshusenjin(私)もナウン姫を見た時にはその容姿に釘づけでした。


Seven Springs of A Pink ( I don't know )Teaser_2
2番目に登場するのはリーダー・チョロン
花を拾い上げる姿を遠目で見ている映像ですが、何だかのぞき見しているような気持ちになりちょっとドキドキします。(笑)
若いグループなので20歳でリーダーを任されていますが、あえて強く感じさせないリーダーシップと自由な雰囲気がAPink を妖精と呼ばせ、それが不自然ではなく今に至っている要因のひとつだと思います。
ちなみにメンバー公開でも2番目だったのですが、デビュー前から他のMVに出演したりしたため注目度は高かったみたいです。


Seven Springs of A Pink ( I don't know )Teaser_3
3番目はスーパーマンネのハヨン
先の2人と見た目の年齢は変わらないように感じますが、最年長のチョロンとは5歳違いです。
これから6人の姉達と一緒にどんな成長をするのか・・・歌手、女優、モデル、お笑い(は無いかも)・・・可能性は無限大です!
これまたメンバー公開は3番目なので、何か作為を感じますね・・・。


Seven Springs of A Pink ( I don't know )Teaser_4
折り返し地点の4番目は”元気子供”ナムジュ
映像中の1カットが長いので顔の向きとか傾きとか動きの小さなキャプチャになってしましましたが、キャッチの通り健康的です!
さて注目の公開順序ですが、なんとナムジュはウンジとユギョンちゃんの後なんだそうです。ここまで来たらバッチリ合わせてもらいたかった・・・こんな暗号みたいな作りにハッと気が付いたら嬉しいと思うのですが。


Seven Springs of A Pink ( I don't know )Teaser_5
APink の中で生まれ順も5番目のユギョンちゃん
キャンバスが置いてありますが絵を書くのではなくユギョンちゃんは読書中です(笑)
やはり大人しいイメージに写っています・・・「深窓の令嬢」といったイメージでも良いのですが、彼女がときどき見せるはっちゃけぶりにギャップを感じて1人嬉しく思う事もしばしばです(笑)


Seven Springs of A Pink ( I don't know )Teaser_1
6番目に登場するのはウンジ
今やドラマで演技とお国言葉を絶賛され APink 屈指の注目株となっていますが、このティザーでは方言アイドルなど想像させない花束少女なのです。
この娘の笑顔はいつも変わらないナチュラルさが良いデス。これぞウンジスマイル


Seven Springs of A Pink ( I don't know )Teaser_7
そして最後の7番目のトリを務めるのはこの人、ボミ
はっきり言ってデビュー時のAPink の顔はナウン姫とボミというくらいメディア露出が多いのではないでしょうか。
彼女は何か不思議な(天然ではないですよ)雰囲気を持つ娘で気になります。美人だし。
衣装は春ですが景色はまだまだ冬の空と海じゃないですか。そんな中での無数の風車・・・シュールな感じさえ漂ってきます。

いかがでしょうか?
素晴らしい映像で言葉もありません・・・


ここからはいよいよ「モラヨ」のティザーに入っていきます。
Seven Springs of A Pink ( I don't know )Teaser_9
「寒い冬が過ぎて・・・」
のっけからボミとナウン姫のツートップで先制攻撃です!風になびく髪が美しい・・・


Seven Springs of A Pink ( I don't know )Teaser_10
「暖かい日差しに照らされたある日・・・」
大人でもあり、少女のようでもあり、コンセプト通りの姿に見入ってしまうのです。


Seven Springs of A Pink ( I don't know )Teaser_11
「春がやってきた。」
春とともにギグァン君もやって来ました。
爽やか過ぎる演技もこのMVの見どころかも・・・本編ではいきなり庭で寝ていることろをナウン姫に発見されます(笑)


Seven Springs of A Pink ( I don't know )Teaser_12
さてギグァン君ですが、
ナウン姫に待ち伏せされたり、ボミに通せんぼされたり
かなり羨ましいです!

Seven Springs of A Pink ( I don't know )Teaser_13
「いきいきとしたときめきと一緒に・・・」
そしてウンジは栞と一緒に釜山なまりで告白・・・ではなく恥じらいと一緒に栞をプレゼント
このウンジの笑顔は演技ではなく本気で照れているのでは?


Seven Springs of A Pink ( I don't know )Teaser_14
ウンジにつられたか、
ギグァン君を介抱していたナムジュは彼の額の汗を拭くだけで照れ照れ。
元気になったギグァン君に危うく(?)寝顔を見られそうになったユギョンちゃんも照れ照れです。

Seven Springs of A Pink ( I don't know )Teaser_15
ハヨンはクッキー(手作り!の設定で)を手渡しして・・・
チョロンは意味深な花占いの最中にギグァン君に見つかってしまう始末・・・でも嬉しそう・・・

Seven Springs of A Pink ( I don't know )Teaser_16
ボミはと言うと、通せんぼ作戦が成功し大喜びですが勢い余って後ろの扉に衝突!
とまさに主役級の役どころですが、やはり表情の豊かさと言うか見ていて楽しいボミの演技です。
ちなみにボミが壊してしまったセットもこの扉でした。

Seven Springs of A Pink ( I don't know )Teaser_17
「春はいつまでも私たちと一緒でしょうか?」
姫様・・・今日も笑顔が素敵です


Seven Springs of A Pink ( I don't know )Teaser_18
こうしていつまでも幸せに暮らしましたとさ・・・


shusenjin(私)が思うに恐らくMV本編をキャプチャしても同じ記事になってしまうのではないかと、それほどまでに「モラヨ」ティザーは「濃い」映像の塊です。
デビュー曲にして名曲と言われる事に対して何の疑問もありません・・・と思います!

今回も「モラヨ」の一言で長々と書いてきましたが、言いたかった事は、
「早く素晴らしい曲でカムバックして!」
ここ数日は「モラヨ」MVをリピートしているshusenjin(私)でした。

ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

APinkが紹介する「I don't know ~モラヨ~」

このところ連続して「MY MY」や「HUSH」について書きましたが、さすがに同じ時期の話が続くのはマンネリ傾向であります。
そこで今回はまだデビュー間もないくらいの時までグッと遡ります。
「THE STAR」のインタビューなのですが2011年5月あたりの映像のようです。

THE STAR Interview_1
APink TheStar Interview(20110519)

念願のCDデビューから1か月が経ったくらいですが、みんなで元気にあいさつから始まります。
デビュー曲「몰라요(モラヨ) -I Don't Know-」の代表的な振り付け「蝶ダンス」ですが、この頃は活動するいろんな場所でアピールしていたんでしょうね。
ジュエリーブランドの撮影の時よりアイドル度がグーンとアップしています。
過去の撮影風景は こちら をどうぞ!
メンバー1人1人が借りてきた猫のように大人しく(猫を借りる事あるのか不明ですが・・・)、清楚な「妖精アイドル」のイメージでスタートします・・・インタビューが進むにつれてメンバーの表情に強力な個性が見え隠れしているようですが(笑)

THE STAR Interview_2
APink は「キレイでカワイイ」妖精たちなので「クールでセクシー」ではなくひたすら笑顔です
背景のリボンなども当時の彼女達のイメージを表していますよね。


THE STAR Interview_3
次に自己紹介など・・・画面のテロップを直訳するととても?な所もあるのですが。
チョロン → ロングママ リーダー チョロン ← なんとなくわかります。
ボミ → スパークリング ボミ ← ハジケテルってことですか?
ウンジ → メインボーカル ウンジ ← まぁ、事実です。
ナウン → 藤堂女(トドジョ) ナウン ← 意味がわかりません!スゴイほめ言葉だと思います。
ユギョン → 牛乳のような ユギョン ← ホントに色白です
ナムジュ → 健康子供 ナムジュ ← 健康美は良いですが子供は言い過ぎ!
ハヨン → 成熟した末っ子 ハヨン ← マンネも重要なポジションですからね。

THE STAR Interview_4
初めは1st Mini Album 「SEVEN SPRINGS OF APINK」のタイトル曲の紹介から。
モラヨの曲解説にこうあります。
「クラシカルなメロディーの始まりに少女たちの爽やかな春を知らせる曲」とコンセプトを説明して、
「少女たちの感性と潜在的な才能を最もAPink らしく表現した」と期待を感じさせる解説です。

THE STAR Interview_5
ところが・・・
当の本人達は妖精が歌って踊るこの曲を「別名 ハエたたき」と言ってます(笑)
どうやら、「オッチョムグリ-ド・・・」の後の頭の上で手を叩くアレらしいです!
オッチョムグリ-ド! パン!! ってね。


THE STAR Interview_6
そしてこのMVのキーマンがギグァン君。
共演するだけでなく、演技やカメラ目線などアドバイスをたくさんもらったとハヨンが感謝!
いい先輩がいることも彼女達には幸せなことです。


THE STAR Interview_7
調子が出てきたハヨン、撮影時にセットを壊してしまったボミ姉さんにツッコミを入れ、ボミ照れながら釈明する姿が良い雰囲気。ボミの表情とか見ていると気持ちのおおらかないい娘だなとつくづく思います。

THE STAR Interview_8
ここからはチョロンがマイクを持ちますが、いきなり日本語で「こんにちは!」
すでに海外を意識しているのかと感心しますが、日本語もっと使う機会が増えるとお互い嬉しいですよね
海外デビューを果たし道を開いてくれたキューブファミリーの先輩達に感謝し、APink も頑張ると決意表明!


THE STAR Interview_9
ナウン姫のデビュー時の思い。
一番みたかったテレビ局の控室のドアにある「Apink 」の名前。
「いよいよ私たちも・・・」と涙があふれそうになり、胸が熱くなったと。
なんともけなげなナウン姫


THE STAR Interview_11
APink の目標!
何とユギョンちゃんの口から大きな目標が・・・
「7人でAPink だけのコンサート」
スゴイよ! でも着実に目標に向かって歩いているとshusenjin(私)は思いますよ。
それにウンジは新人賞を取った時のために「涙の受賞」リハーサルまで!
ユギョンちゃん「やれやれ・・・」  ナムジュ「それやっちゃうんだ~」


THE STAR Interview_12
最後はチョロンの「視聴者のみなさん、APink でした~」
〆はナムジュ「後続曲も期待してくださいね
後続曲の It Girl  いい曲ですよね。


さぁ、オマケのコーナー
1つ目
THE STAR Interview_13
ナウン姫の表情と仕草

2つ目 分かってますよね。
THE STAR Interview_14
まだ魅力を出しきれない感じのユギョンちゃん
落ち着いて物事を見定めている彼女には何かを感じます。


さて、晴れて芸能人となった彼女達ですが、この頃のAPink News ではデビューまでの苦労や喜びなどが収録されていてなかなか楽しいです。
また過去に戻って彼女達を追いかけたいです。


ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

あの時のモラヨ♡DreamConcert(111006)

前回「M CountDown Smile Thailand」でAPink の登場シーンを「あの時のモラヨ」などと書いていますので、今回はそのモラヨについて書こうと思います。
何かに付けて過去にさかのぼりややこしくなったりしていますが、彼女達の成長ぶりを確認する事ができると思うのでご容赦を(笑)

APink I don't know@Hallyu Dream Concert(111006)_1
I don't know@Hallyu Dream Concert(111006)
「あの時のモラヨ」とは勝手に付けた名前ですが、昨年の韓流ドリームコンサートの時のことを言っています。
ちなみにこのステージはshusenjin(私)にとってはスタジオ収録以外で1番のお気に入りです。


APink I don't know@Hallyu Dream Concert(111006)_2
この時も会場入りにはレッドカーペットを歩きました。
インタビューにはナウン姫が答えていて、進行役から「今日の衣装のポイントは?」みたいな質問があったのですが、
「私たちはAPink なのでスカートはピンクにしました。」のようなとってもノーマルなお答えでした。(想像です!)
APink だからピンク」
ウケ狙いでも何でもない回答がナウン姫らしく、グループの雰囲気が伝わってくるようです。


APink I don't know@Hallyu Dream Concert(111006)_3
さて、タイでも同じ登場シーンでしたが、誰もいないステージに響く「いろじまよ~」の歌声。
そしてセリから登場するウンジ、ナウン姫、ハヨンの3人。


APink I don't know@Hallyu Dream Concert(111006)_4
出だしのナウン姫のパートが終了するといつの間にかチョロン、ボミ、ユギョンちゃん、ナムジュの4人が登場!
チョロンのパートに引き継がれて全員集合となるのです。
タイでのステージで思い出したのがコレだったんです。

そして少しアレンジされた間奏があったりしますが、初めて観た時は次のシーンに驚きます!
APink I don't know@Hallyu Dream Concert(111006)_5
ウンジブースターが発動すると曲がフェードアウトして・・・
でも他のメンバーは膝をついて静止したままです。

APink I don't know@Hallyu Dream Concert(111006)_6
そして、このウンジのドヤ顔!もとい素晴らしい笑顔!
曲も止まったままでどうなるのか気になってそのまま観ていると・・・!


APink I don't know@Hallyu Dream Concert(111006)_7
今度はボミが1人で出島に向かって歩き出します。
「なになに?どうするの?」「何するつもりなの?」
すると途中でボミは止まり、右手を高くあげ・・・


APink I don't know@Hallyu Dream Concert(111006)_8
いきなり!
「オッチョムグリ-------ド!!!・・・」と絶叫!?
曲の入り方とすると間奏が流れ → オッチョム・・・と予想していたので、それはもうビックリです!
もともと苦しそうな表情でこのパートを歌うボミですが、今回のこれはユン・ボミの存在感を強烈にアピールしたと思っています。
と言うのもshusenjin(私)がボミの姿を気にするようになったのはこれが始まりだからです(笑)


APink I don't know@Hallyu Dream Concert(111006)_9
ボミの絶叫とも取れる歌声にあわせて花火&照明オン!
曲の終りに向けてラストスパート!もうshusenjin(私)は鳥肌モノ。
何度観てもウンジブースターの辺りからドキドキしながら感動するのです。


APink I don't know@Hallyu Dream Concert(111006)_10
ステージの高さで撮影しているカメラですが、FANCAMさんがカメラを構えているようなアングルですね。
APink だからピンク」の衣装も素敵です こういうのも好きです


APink I don't know@Hallyu Dream Concert(111006)_11
「モラヨ」終了!最後もしっかり決めました。
この曲に関して言えばメインボーカルのウンジの歌声とボミ、ナウンの2人が前面にでるパターンになるのですが。


APink I don't know@Hallyu Dream Concert(111006)_12
映像的にはハヨンのアップが多めで、しかもメークが大人っぽくない所が良いと思います。
いつもと比べてより可愛らしいというかナチュラルというか・・・はいそうです可愛いです


ではオマケの画像
APink I don't know@Hallyu Dream Concert(111006)_13
舞台の奈落でリハーサル中の3人です。
みんな私服っぽいですが黒ばっかりですね。個人的にはナウン姫は黒が似合うと思います(笑)


APink I don't know@Hallyu Dream Concert(111006)_14
チョロンとユギョンちゃん


APink I don't know@Hallyu Dream Concert(111006)_15
チョロンとナウン姫


APink I don't know@Hallyu Dream Concert(111006)_16
最後はみんなで、お疲れさまでした~


この動画についてはいつか書きたいと思っていましたがなかなかタイミングが合いませんでした。
が、タイのステージでセリから登場するAPink を観た時に決めました。
「ココで書かなきゃ何時書くの?」と・・・
ずっと温めていたのでやっと思いが果たせて嬉しいやら寂しいやらですが。
嬉しさいっぱいの記事で自己満足になってしまった事は反省しつつ、またこんな風なものも書いてみようと思います。

ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。