FC2ブログ

HaYoung

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

生誕リレー2015 待望のオトナハヨン

言い訳も思い付かないほど遅れた必須のエントリー、今更感が溢れていますがAPink生誕リレー後半戦の始まり・・・彼女達のお怒りは覚悟の上で時間差バースデーメッセージを送ります
リレーも2月の姫誕から数えて4人目、今回誕生日を迎えた末っ子ハヨンは7月19日で20(19)歳となり、とうとうAPinkから未成年が居なくなる特別な誕生日となりました。

Happy Birthday Hayoung 
Remember 0_3
もう毎日が熱いK-POP夏の陣・・・季節感を前面に出してきたAPinkの夏

15日にカムバックした夏歌「Remember」のMVにはいつもと変わらない彼女達、その中で大人っぽい容貌に実年齢が追いついてきたハヨンに注目が集まっているようです 


Remember 0_2
これまで「ぽいけど・・・じゃない」ハヨンだと思っていたのに・・・成人ともなると「ホンモノ」になってくるのかと・・・
いやデビュー当時から最年長じゃないのかと言われていたし、shusenjin(私)の中ではお嬢の存在によって「あぁ、やはり末っ子なんだ」と思っていたし・・・
じぁ、実際のところ今のハヨンはどうなの

そんな事はAPinkを応援するのには関係ありませんが、評判の「オトナハヨン」をこの目で確かめるため現地に行って来ました


Remember 0_1

時は2015年8月8日、場所はMBC収録スタジオ、前日の募集で幸運にも彼女達を声援を送る事ができるパンダは200人
今回初めて音楽番組収録に参加する事ができ、Rememberの生パフォーマンスに合わせ日頃の応援練習の成果を発揮する絶好の機会を得たと張り切りました。
「Pink Paradise」参戦の時にも感じましたが、韓国のピンクパンダは圧倒的にナムジャ中心、しかも年齢は彼女達と同年代から高校生くらいまでが大多数です・・・ちなみに公式発表ではshusenjin(私)がこの日の最年長参加者でした(笑)

さて、事前収録は一発勝負ではなく複数回パフォーマンスを観る事ができますが今回のAPinkの場合、前に収録した数組のグループと比べてで完成度が高いと言うか余裕を持って収録jしているなと感じます。
2回の収録でOKが出たのであっという間でしたが、それでも数m先でRememberを歌う彼女達、とりわけファーストコーラスで憂いの表情を見せる末っ子は本当の「オトナハヨン」の表情だと思いました。

夏のカムバック大戦と言われる中で成功を期待される重圧、相応の成長をグループコンセプトに反映していく難しさ、パンダ達がこれまで以上のモチベーションを維持するための期待感・・・
1位に輝く事も大事ですが収録の時に魅せた「オトナAPink」と収録で全力を出して応援するパンダ達の声、これまでカムバックの度に心配になった音楽性やビジュアルを含めた方向性はここに一定の完成形になったと感じます。
当然まだまだ成長は続くのですが、これからもメンバー達の変身っぷりに期待したい・・・
末っ子のポジションは変わる事はないけれど「オトナハヨン」がAPinkの成長にどう関わって行くのかに期待したい・・・
そんな訳で目が離せない存在となったハヨン、彼女にとって素敵な1年でありますように


来週に迫った2nd Concert 「Pink Island」・・・
9月から始まる日本初のコンサートツアー・・・
またその先に彼女達が準備しているもの・・・

5年目の大イベントへのカウントが始まりましたよ(笑)
それではみなさんご一緒に せーのっ

Remember 0_4
Remember 0_5
Remember 0_6


ではまた。
スポンサーサイト


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

ハヨン卒業とその先にあるもの。

卒業シーズンの「おめでとう」には嬉しさだったり寂しさだったり様々な思いが込められています。
今年卒業されたパンダの方もいらっしゃると思いますが、APink最後の高校生である末っ子ハヨンもソウル公演芸術高校を無事に卒業したと報道されていました。
人気が出るにつれ高校にはちゃんと行っているのかと心配するときもありましたがとうとう黄色い制服ともお別れ、数多くアップされている笑顔の画像にはすっかり保護者目線で安心するshusenjin(私)なのでした。


日本の卒業式と言えば3月ですが韓国では少し早くファンミーティングや「Mr.Chu」リリースで来日した時にはすでに卒業した後・・・豊洲の手渡しでは舞い上がってしまいお祝いの言葉をすっかり忘れていました(笑)
すでに1ヶ月が経過しましたが改めて
「みんなの末っ子ハヨン、卒業おめでとう
今は芸能活動重視のためか進学しないようですがナウンやナムジュのように準備期間を取ってチャレンジするのも良いと思うし、視野を広げてより多くの可能性を引き出してもらいたいと思います。



ボミとウンジが高校卒業した年に中学卒業したハヨン、当時の3歳差はとても大きく感じましたが今は容貌だけでなくコメントや行動にも6Pinkを構成するメンバーとしてその存在感は増すばかり(笑)
日本デビュー時に「いちごいちえ」のメッセージを手渡してくれた笑顔はいまだに鮮明に覚えているくらいに。
これから成人し彼女の持つ独特の雰囲気がグループの中でどんな反応を引き起こすのか楽しみでもあり、またそうあって欲しいと願っています。


いよいよ海外でコンサートを開催するまでに成長したAPinkが次に目指すもの・・・
メンバー全員が成人する事でまた1歩大人に近づき独自のスタイルを作っていく・・・
もはや作られたコンセプトは不要となり彼女達の成長に応じた自然な姿で勝負していく・・・
彼女達同様に年を重ねているピンクパンダもまたAPinkと一緒に・・・


カムバックのたびに彼女達は大きな変化ではないけれど自分たちの成長に合った姿を見せたいと言います。
奇をてらったり、ブームに流されたりしないのが今のAPinkスタイル、5年目は次の目標へのスタートの年となるだろうし、またそこには彼女達自身の意思によるグループの存在があるでしょう。
日本を含む海外進出や本国での活動など、今まで以上に多忙な活動になればファンにとっても我慢する時も・・・しかしパンダの皆さんはお分かりだと思います。

APinkとは作られるのではなく、彼女達が作って行くグループである事を。

そしていつも思います。
パンダを自称する一個人として、それをまるごと受け入れられる存在でありたいと・・・


ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

末っ子の夏、APinkの夏

1日遅れですが7月19日はAPinkの末っ子 オ・ハヨン(오하영・Oh HaYoung・吳夏榮)の誕生日でした。

Happy Birthday ハヨン
hayoung20140719
オフィシャルブログに投稿された今回の主役
1996年生れの19歳(18歳)、「これがAPinkの末っ子レベル」と勝手に納得しているので驚きの表現を使う事もなくなってきました。
APinkのデビュー時はロンママ以外の6人は通学しながら芸能活動、演出された「少女らしさ」ではなく「そのまんま」の自然体がshusenjin(私)のアイドルセンサーに反応したのでしょうか(笑)
中学3年生だった末っ子も今や高校3年生、「大人過ぎるマンネ」も本当の大人の女性に・・・
姉達の活躍が彼女を後押ししてくれる事を、これから1年間の彼女の成長がAPinkに2倍3倍の成長をもたらす事を願っています。


さて昨日YouTube APinkチャンネルに「第2期ファンミーティング Apink × PINK PICNIC」の動画が上がりました。
Apink Fan Meeting Behind_1
公式ファンクラブの2期会員が参加したイベントのようですが、そもそもファンミーティングって何ですか?
コンサートやショーケースとは違うみたいですが・・・
歌あり踊りありトークありとファンサービスの嵐
コンサートより近い距離感、彼女達と気持ちが重なる一体感・・・
こんな感じなのかと妄想中(笑)
いつか日本でもやって欲しいですファンミーティング


再び今回の主役、麗しの末っ子の登場
Apink Fan Meeting Behind_2
我らがマンネはとても大人びて見えますが笑顔が眩し過ぎの美少女
例えるならAPink2人目の姫、そうリトルプリンセス (//▽//)



Apink Fan Meeting Behind_3
メンバーの最後に成人する彼女、階段を登るように少しずつ大人になってくれたら。
それぞれに個性的な姉達に囲まれている末っ子がどんな目標を持っているのか、目指す先にあるオ・ハヨン流APinkがどんな姿なのか聞いてみたいと・・・あっオフィシャルブログにあった質問募集に応募すれば良かったのにすっかり忘れていました


Apink Fan Meeting Behind_4
こらそんな目で見てはいけません


Apink Fan Meeting Behind_5
髪の色は黒が良いと本人はコメントしています。
個人的にはダーク系が年相応に見えると思うのですが・・・こうやって見ると明るい色もよく似合っています。
動画ではちらっとしか見えませんがセルフ回数トップと言われている撮影会のようです。
デビュー当時いつも同じ角度で自分撮りする事が(ちょっとだけ)話題になった末っ子、グループ内での立ち位置は端っこが多いけどカメラを手にしたら姉の撮影はそこそこにセンターを独り占め(笑)


Apink Fan Meeting Behind_6
だからそういう目でオジサンを見てはイケないって言っているのに・・・


Apink Fan Meeting Behind_8
これまた素晴らしいツーショット
ビジュアル担当の「姫レベル」は相当高いのですがリトルプリンセスも一文字に結んだ唇とグッと力の入った拳が頼もしい


Apink Fan Meeting Behind_9
時にはダンスクイーンのようなパフォーマンスを見せたり


Apink Fan Meeting Behind_10
時にはパッと見でリーダーと末っ子が逆転したり


Apink Fan Meeting Behind_7
華のJK最後の夏が始まります
一生の記念となるような夏になりますように・・・



Apink Fan Meeting Behind_12
そしてロンママ・ボミ・ウンジ・姫・ナムジュも・・・
もう直ぐ初めての日本単独ステージ。
オールパンダの会場を堪能してください


ファンミーティングとは・・・
そんな問いに答えてくれる3分半のビハインドストーリー
sauce : YouTube Apink (에이핑크)

Apink 에이핑크 Fan Meeting Behind


ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

ハヨン始動!【MV】KKONGKKONG

このところの当ブログはAPink Diaryを中心にエントリーしておりますが昨日のacubeからのツイートにより少し寄り道したくなりました。
シンガポール編の前編、後編の挟間にも関わらず今回寄り道してエントリーするのはコレです。

신보라 「꽁꽁」
シン・ボラ(SHIN BORA)さんと言う女性お笑い芸人兼歌手のリリースしたKKONGKKONG(かちこち)(かちかち)と言う曲。
この曲のミュージックビデオにはホ・ガク兄貴の1440に続いて我らが末っ子が出演していると言うニュース・・・「次はハヨンだ」とacubeの声が聞こえてきそうな意気込みが感じられます。
いつもコメントを残してくれるムンジュンさんからの情報もありがたく頂きました。


SHIN BORA KKONGKKONG_1
映像はレトロな感じがする世界、良い雰囲気ですが設定は現代のようです。
高い天井に大きな鏡、コンセントボックスも良い味出していますがミシンが新しくて浮いているような、個人的には少し残念です。
ですが今回ハヨンの重要アイテムはメガネ、彼女のメガネ姿はとても好きです


SHIN BORA KKONGKKONG_2
この方がシン・ボラさん。
バラードをリリースするお笑芸人さん、あまり聞いた事がありませんし聞かされなければ歌手だと信じて疑わないでしょうね。
ミュージックビデオの中で2人の前に現れたもの彼女・・・ですよね(笑)


SHIN BORA KKONGKKONG_3
安定の美しさ でもまだ高校2年生 


SHIN BORA KKONGKKONG_4
そして共演しているのはこの方、すぐにピンときました
何故って・・・それは「6.30パシフィコ横浜」で会いましたから(笑)
We are Friend Concertのトリを取ったB1A4のシヌ君は1番印象深いメンバーだったので。


SHIN BORA KKONGKKONG_5
このシーンも良い雰囲気
2人がどんな仲なのか、ここでは分かりませんが「まだ」恋人同士ではない事は伝わって来ます。
曲調からは切ない結末になるのかもしれないと思いながらも「まだ」と書くのはshusenjin(私)の気持ちです。


SHIN BORA KKONGKKONG_6
チームの中では表情の変化は少ないハヨン、ボミやナムジュを筆頭に表情豊かな姉達より落ち着きすぎの感もある末っ子。
ミュージックビデオで演技する彼女はいつもとは違う役者の表情、ゆっくりと心境とともに変化しているように見えます。
上段は普段見せないレアショット


SHIN BORA KKONGKKONG_7
このシーンのセットもイイ感じなのに唯一気になるのは左の加湿器 しかもペットボトル
1人部屋で過ごす寂しげな姿がリアル・・・シヌ君と電話で話すとこんな笑顔になるのかと考えてしまいますが、あまりに爽やかな2人にジェラシーのような感情はかけらも湧きません・・・演技ですから(笑)


SHIN BORA KKONGKKONG_8
秋から冬へ季節が変わる中を歩く2人、ハヨンは冒頭からずっと風邪を引いているのでマスク着用、シヌ君の優しさが光るシーンです。
「大丈夫、大丈夫」と言っていますがちっとも大丈夫そうではないのです・・・
ここで登場するのはシン・ボラ本人(?)、察するところシヌ君の元カノの設定でしょうか、ハヨンもそれを知っているようでとっさに隠れてしまうところは次に続くストーリーを期待させるのですが。


SHIN BORA KKONGKKONG_9
だんだん良い雰囲気になりそうな展開。
距離感があった2人に変化が起こりそう・・・しかし急と言えば急な展開で・・・
こんな近距離でハヨンと一緒なんて何と羨ましい


SHIN BORA KKONGKKONG_10
クライマックスに向けて。
風邪に加えてうたた寝すれば具合も悪くなります・・・そして目を覚ますとシヌ君の顔が飛び込んで「キャー」とばかりにグーパンチ(きっとグーだと思います)。
シヌ君必死に状況説明しているようです。
「電話しても出ないし、心配だから来て見たら苦しそうだったし」とかなんとか。


SHIN BORA KKONGKKONG_11
そして・・・
良かった・・・悲しい結末にならなくて
とびきりのハッピーエンドではないですが実にホンワカしている2人の姿に癒されます。
まだ歌詞の内容が分からないので映像とどう結び付くのか興味が尽きませんが、このキャスティングは正解だったようです。


SHIN BORA KKONGKKONG_12
最後はキャプチャしたものの使わなかった画像の中からAPinkのハヨンぽくない表情を集めてみました。
普段ウンジの様にポジティブにとか、可愛らしいところが無いとか、なかなか自分を表現するのに苦心しているハヨン、今回の様に表情でストーリーを伝えたり体当たりで演技したりする事で周囲の注目度が上がっていくのではないかと思います。

この曲は歌番組でも歌うそうですが幅広く聞かれるようハヨンとともに願っています。


source : YouTube YMCent

신보라 꽁꽁_ SHIN BORA KKONGKKONG
0'23" 足元はおなじみのコンバース
2'02" シヌ君の帰った1人の部屋でため息1つ
3'23" クマ+メガネ=シヌクマ
4'07" ♡


ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

1周年と18歳の「実は末っ子」

しばらく更新が滞っていましたが、書き出しから私事ですみません。
なんと!
2012年7月26日から書きはじめた当ブログが1周年を迎える事ができました。
初めてのエントリーは1枚の画像と9行の記事で、「BUBIBU」活動中の彼女達に夢中になっていた頃でした。
アップはしたもののこの記事を誰が見てくれるのか・・・
どうやってこのブログを見付けてれるのか・・・
続けて行けるのかさえ分からない中でAPinkへの想いを書くうちに、アクセスしてくださる方やコメントしてくださる方に励まされここまで続ける事ができました。

これもAPinkを愛するみなさまのおかげだと感謝しております。
ありがとうございます


これからもAPink を応援し、APink の未来を楽しみに独り言やら妄想やらをブログに書いていこうと思います。


さて、今回のエントリーはと言うと、
オ・ハヨンHappy Birthday
いまさら感が漂う中、1週間前のお話ですが1996年に生まれたチーム最年少の彼女も18歳になりました。
ちょうど7月19日は「NoNoNo」がMusicBankで1位に輝いた日でもあり、彼女にとっては2つ同時の記念日だったんですね。
1年2か月振りのカムバック、そして「NoNoNo」が1位を獲得したりと盛り上がってしまい、彼女の誕生日に向けてのエントリーが遅れてしまった事は本当に申し訳ないと感じています・・・


APink MAYDAY_Hayoung
K-POPグループにおける末っ子のポジションは特別なものがあります。
メンバーが変わらない限り年齢の差は不変であり、グループを表現する時の「マンネ」の影響力はリーダーと同じように大きいと思うのです。

デビュー当時からその容貌と年齢のギャップが注目され、shusenjin(私)的APink成長っぷりランキングでは常に首位を争っています。
最近の大変身と可愛い声で今一番応援したいメンバーNo.1のロンママ
ダンスのキレもすごいけれど少し舌足らずな歌い方がたまらないボミ
感動的な歌声とあの笑顔を見るたびに元気になれるチームの強力な推進力ウンジ
最近では素敵になりすぎてファンも急増中、自信みなぎる姿でビジュアル担当を務める姫
自らを疲れないエナジャイザーと称し、いつも明るい姿に心和ませてくれるナムジュ

こんなに個性的な姉達の中でも、末っ子ハヨンはだれにも似る事無くしっかりと輝いています。
1440 MV
ホ・ガク兄の「1440」でMVに登場するハヨンは7人でいる時とはちがう表情で、世のハヨンファンだけでなくAPinkファンもドキドキしたことでしょう。
ドキドキしながらMVにジェラシー感じてしまうのはshusenjin(私)だけではないはずです・・・
こんな風にジッと見つめてくれる動画がどこかに無いものでしょうか(笑)


Apink 【MV06】NONONO
Apink 【MV07】SecretGarden
日を重ねるごとに成長した姿を見せてくれる彼女は時に美しく、時に可愛らしく、姉達の少し後ろを歩いています。
APinkが1年2カ月の空白期間を経ても人気を維持しているのは「ゆるやかな成長」をカムバックした姿に重ねている事が大きいとshusenjin(私)は考えています。
いつまでも少女ではいられませんが、成長過程での彼女達を応援できる事がAPink ファンの喜びなんだと、だから「Secret Garden」がこんなにも支持されているのだと思います。

ハヨンには末っ子に見られない容姿の中に18歳の少女の姿を感じます。
どうかこれからも他のメンバーと一緒にAPinkスタイルを大切に、そしてどのグループとも違うオリジナルのAPink に成長して行ってもらいたいですね。


そして最後は・・・
fc2blog_201307250622034c9.jpg
パシフィコ横浜の第2部で披露された
ナムジュ画伯による「マンネ18歳」です(笑)


ハヨンにとって実り多き1年となりますように・・・


ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

ハヨン in ホ・ガクMV(まだティザー)

今期のAPink はウンジや姫の女優のお仕事もあってか音楽活動が停滞ぎみです。
そんな中で年明けの「1年前に(A Year ago)」にはウンジのほかにナムジュがMVに登場したり、
スクールルックス「5 My Baby」でBEASTお兄さん達とのコラボがあったり。

CDがリリースされない代わりにビジュアル面での露出が増えているなと感じていたところ・・・
今度はマンネハヨンに白羽の矢が!

同じ事務所のおなじみホ・ガク君の1st Album「LITTLE GIANT」が2月5日にリリースされるのですが、ハヨンはそのリード曲「1440」のMVに出演しているのです。
1440 Teaser (LITTLE GIANT)_1
1440 Teaser (LITTLE GIANT)
どうやら正統派ラブストーリー?
ティザーでは明るい曲調に合わせてホ・ガク君が熱唱しており、これはハッピーエンドか?と期待が大きく膨らみます(笑)

何せ彼のMVは切なかったり、悲しい結末が多くて言葉が分からなくても心に響きすぎるのです。
我らが姫の出演した「僕を愛した人よ」や「痛い」は今見ても目頭が熱くなるほどで困ったものです。

これもまた前にエントリーしているので観ていただけると嬉しいデス。

APink のモナリザ ← 「僕を愛した人よ」について

ナウンと彼の涙 (続・僕を愛した人よ) ← 「痛い」について

話がそれましたので「1440」に戻ります。
まだティザーなので良く分かりませんが、冒頭ハヨンの写真を枕元に置くのは彼氏のようです。


1440 Teaser (LITTLE GIANT)_2
出ましたマンネ
何だかいつものハヨンと感じが違い演技(と言えるかは別として)が初々しいです。

タイトルの「1440」ですが数字は時を表していると直感したのですが、色々考えた結果はこうです。
1440とは1440分の事。
1440分=24時間=1日ということで、「1日中一緒に」とか「あなたとの1日」とか・・・
そんな意味を持っているのではないかと、勝手に想像しています。

とそんな事を思っていたら先を越されていましたね(笑)
Youyube のコメントで「I think you all day」(私は1日中あなたを想う)と解読している方がいらっしゃいました。

どうやらshusenjin(私)も解釈は間違っていないようです(笑)


1440 Teaser (LITTLE GIANT)_3
それでは彼について。
名前はト・ジハン君 1991年生まれの満22歳(数えでは23歳ですね)、チョロンと同い年でハヨンとは5歳違いの俳優さんです。
まだ若い俳優さんですが、映画「マイウェイ 12,000キロの真実」ではチャン・ドンゴンさん演じる主人公の高校生時代を演じています。
韓国映画ですが日本からはオダギリジョーさん、鶴見辰吾さん、佐野史郎さんらが出演していますので興味があったら観てはいかがでしょう?
ちなみにshusenjin(私)はWOWOWで観ました。

また話しがそれてしまいました(汗)
で、ハヨンの家に向かうジハン君ですが、途中で薔薇の花束を買って彼女にプレゼントするのです。
シチュエーションに照れてしまいますがshusenjin(私)こういうの大好きなもので・・・
それにピンクの薔薇を贈るのは偶然か意図的か?(APink だからピンクの薔薇とか)
今回はこのうつむき加減に視線をそらす仕草がベストショットです!


1440 Teaser (LITTLE GIANT)_4
ジハン君から薔薇を受け取るハヨン
身長169cmとチームで1番背の高く、ダイエットの目的には背が伸びなくなる事も含まれていると語ったハヨンですが・・・
身長180cmの彼の前では「見下ろされる彼女」になってます(笑)

そして見つめ合う2人、真っ白い部屋が花畑に変わって・・・
うわぁぁぁぁ!アツアツだぁ!!
これはサッカー漫画と思わせるタイトルに反し徹底的なラブコメ漫画の・・・「キックオフ」ではないのか?
「由美ちゃん」「永井くん」と心で相手の名前を呼び合っちゃうあの・・・(ネタが古くてすみません。)

「ハヨン
「ジハン君
MVではくれぐれも病気になったり、事故にあったりしないようにお願いします(笑)



1440 Teaser (LITTLE GIANT)_5
発売は明日です。
またFull MVが公開されるとハヨンの姿をしっかり観ることができそうです。
今やAPink では個々にメンバーが演技の道を歩み出しています。
ハヨンにとっても今年が始動の年となるのか、shusenjin(私)も注目していきます。

ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。