NamJoo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

生誕リレー2015 ナムジュにHappyEnergyを!

4月15日はAPink生誕リレーの3人目、ナムジュ21(20)回目の誕生日です。

Happy Birthday Kim NamJoo 

昨年の4月15日は「Mr.Chu」でオールキルを達成した直後でK-POP界はまさにピンク一色でした。
当時のブログには番組観覧やサイン会に参加してみたいとは思うけれど彼女達に会うため韓国に行く事は難しいと・・・
だからひたすら来日してくれる日を待っていると・・・
そんな事を書いていました(笑)
あれから1年、まさかの日本デビューによってショーケースやファンミーティングに参戦できるとは、そしてメッセージカード手渡し会で彼女と会話ができるなんて・・・妄想はしても予想はできるはずがありません。



デビューしてからナムジュのキャッチコピーは「疲れないエナジャイザー」、「元気な子供」でしたが、昨年の来日ステージ辺りからは自己紹介で「元気な子供」とは言わなくなりました・・・
高校を卒業し成人した彼女 が次に目指したのは「子供」と言うイメージからの卒業だったのかも知れません。
それはゆっくりと少しづつ・・・6人で活動を始めた「Secret Garden」の頃から大人っぽい表情や仕草を意識し、可愛さと格好良さを併せ持ったスーパーナムジュに進化したのではないかと・・・Shusenjin(私)の妄想は止まりません。



念願の日本デビュー
成均館大学への進学
1年の間に彼女を取り巻く環境は大きく変わり、APinkのナムジュに大学生のナムジュが加わる事で彼女のさらなる成長が今から楽しみです。
しかし大ブレイク中なAPinkの過密スケジュール+大学生活は想像以上の負担に・・・ですがこれも彼女の選択、ピンクパンダとしてはスーパーナムジュ2に進化する時をそっと見守り応援するだけです(笑)




貴女の笑顔はAPinkの輝きです。

第21幕もナムジュスマイルでパンダを癒してくれると信じています。

そしてパンダ=Shusenjin(私)が貴女の笑顔のためにできるのはただ応援すること・・・幸せな気持ちになるHappyEnergyを送り続けることなのです


ではまた。
スポンサーサイト


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

お嬢も大人、ナムジュも大人

活動を再開したAPinkは歌番組やサイン会など忙しい日々を送っているようです。
番組観覧 サイン会 是非参加してみたいものです。
彼女達に会うため海外に行く事は諸般の事情から難しいのでひたすら来日してくれる日を・・・
ファンミーティングやコンサートで会える日を待っています

さて本題はここから。
昨日5月19日は「成年の日(ソンニョネ ナル)」、毎年5月第3月曜日は成人を祝う日であり我がAPinkにも大人になるメンバーがいます。


A PINK NEWS SEASON 2 EP04
今年の新成人
ちょっと意外な感じがしますが今年は1994年7月から1995年に生まれた方が新成人、なので94年9月生まれのお嬢と95年4月生まれのナムジュなんですね。
すでに6Pinkとなって1年が経ちますが、当ブログではいつまでも7Pinkを応援していくので気持ちを込めて2人にお祝いの言葉を贈ります。
Congratulations Hong YuKyung & Kim NamJoo

さて成人すると日本と同じように飲酒もできる事になっています。
一般的にアイドルがお酒を飲む姿を想像する機会は多くありませんが、ことAPinkではウンジとナムジュがイケるクチではないかと・・・(笑)
7人が揃って盛り上がっている宴会(女子会)を想像すると色々と楽しそうです(笑)


画像お借りしました。
source : http://ilovekabegami.com/
PinkRose
「成年の日」は家族や友人とお祝いする事はもちろんですが、カップルでは成人した彼女に3つのプレゼント「三種の神器」を贈るとか・・・
そのうちの1つが20本の薔薇  直接渡せないのが残念です。

残る2つは「香水」と「KISS」なのですが・・・Kstyleさんに記事があったのでリンクからどうぞ、ナムジュの名前もしっかり書いています。
5月19日は成人の日…本日新成人となったアイドルスターは誰?


yukyong namjoo
It Girl な2人 若いです

デビュー時に成人していたのはロンママだけでしたが、月日は流れ気が付けば未成年は末っ子だけに・・・
メンバーが大人になっていくのと同時にグループもまた成長を続けて行きます。
国内では人気、実力ともにトップクラスと言って良いほどのグループになり、活動範囲を海外に広げようとしています。
もちろん日本もそのうちの一つなのでファンは待ちきれない思いですし、彼女達が想像以上のステージを用意してくれると期待しています。


ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

ナムジュ大人の階段は1段目!

4月13日はAPinkと彼女達に関わる全ての人々にとって嬉しくも驚きの日となりました。
当日の人気歌謡で「Mr.Chu」が1位に輝き、ついに1週間5タイトルを手中にすると言う自己ベストを記録❗️水曜からは2週連続で支持が得られるかが注目です。

ですがその前に大事な事を忘れてはいけません。
年が明けたら誕生日リレーのAPink、2月10日は姫、3月3日はロンママときて4月15日は自称「元気なこども」キム・ナムジュの誕生日です。

Happy Birthday Kim NamJoo
Namjoo_BD_1
1995年生まれなので20歳(日本では19歳)の誕生日を迎えたAPinkの元気印
去年書いた誕生日の記事には彼女の親しみやすいキャラクターは大きな魅力だとありました。
秘めた魅力を拡散するために必要なのは笑顔
この1年のステージで見せてくれた笑顔とパフォーマンスは自身のアイドル度をさらに1段レベルアップさせたと思います。


Namjoo_BD_2
前作をリリースしてから「NoNoNo」ではいつも変わらない元気娘を、「Secret Garden」では白が眩しい可憐な少女を演出して、これまでのナムジュがちょっと大人に見えました
現在活動中の「Mr.Chu」に至っては他のメンバーと同様にビジュアルから仕草まで苦しいくらいにキュートさが増して、ソロパートの「Dreaming Dreaming・・・」の眼差しやロッカールームでの後ろ姿を見てからナムジュにハートを奪われてしまいました(笑)



今回のカムバックはこれまでにない声援と成果を得ています。
しかしAPinkの様に多人数グループの場合は個性をアピールすることも大切で、初見であってもきちんと印象付けて覚えてもらわないとなりません。
ですからナムジュのこの笑顔です
そしてもっと彼女の魅力が広まる事を願ってます。



MVでのワンシーン、これまでに無く仕掛けが多く楽しませてくれる映像ですが・・・
今回はコレです(笑)

プレゼントの箱の中にいるナムジュが外の世界を見ようとふたを開けるシーン
意味深なのに可愛らしくてイイです(笑)



いつまでもこんな感じのアイドルでいてほしいと思っているshusenjin(私)、いつも安心して見ていられるグループ、見ていると癒されて元気をもらえるAPinkでいて欲しい。
そしてナムジュは・・・やっぱり変わらない笑顔でいてくれたら

箱を開けたら何が起こるのでしょう、「Mr.Chu」で開く未来という箱の中には何があるのか楽しみです。

APinkの進化とともに大人になる階段を上り始めたナムジュに注目です。
この1年が貴女の大切な年になりますように。

いつも通りに思うがまま書いていたらまずいですね・・・このまま書いていると日が変わってしまうので乱文のまま失礼してアップします。


ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

最近気になるキム・ナムジュ!

やるやると言いながら当日から6日経ってしまったナムジュの誕生日企画
えーい!もう思うがままにやってしまえと言いながら「ナムジュごめん」と反省もしているshusenjin(私)です。

彼女には子役時代のLG電子のCMや、週間アイドルでのピザ完食など伝説級の映像がありますが・・・
APink キム・ナムジュのステージパフォーマンスも素敵なので今回はおススメキャプチャの詰め合わせで行きたいと思います。
NamJoo_01
たまにアレッ?と感じるのは名前の英語表記、上の画像には「NamJu」とありますがウィキペディアには「NamJoo」の表記があるんです。
どちらも「ジュ」と読めますが「Ju ⇒ ジュッ」よりも「Joo ⇒ ジュ」の方が好きなのでこのブログでは「NamJoo」と書いています。


NamJoo_02
Wishlist
デビューステージのナムジュ
この曲の本当の歌い出しはユギョンちゃんなのですが、ショートバージョンなので彼女がAPink 第一声を担当する事に・・・

トソヌルチャプコ(両手を取って)
ネトゥヌヌル マジュボミョ(私の目を見つめて)
ネエギエ ウソジュヌンサラム(私の話に笑ってくれる人)


少し緊張した表情ですがそれもOK!
ちなみにshusenjin(私)がAPink のメンバーを調べた時、ナムジュは直ぐに名前を覚えました。
言葉の響きが良かった事と「NamJoo」の「Joo」が気に入ったからでしょうか。
それに他のメンバーはチョロン、ナウン、ユギョン、ハヨンと「ン」が付く名前が多くて・・・今にして思えば笑い話のようです(笑)


NamJoo_03
I Don't Know または 몰라요 - モラヨ
APink のデビュー曲にして永遠の名曲
この頃のナムジュはウェーブのかかったヘアスタイルが多いのと前髪を三つ編みする「稲穂ヘアー」が印象的です。


NamJoo_04
それと自分のパート以外も歌いながらパフォーマンスしていますが、ナムジュは誰よりも大きく口をあけて歌っているのでとりわけ目立ちます(笑)

ハルエドスベクポン(一日に数百回)
ニセンガッゲモルゴル(あなたのことを考えて分からなくなる)
オッチョムイロケド ネマムモルニ(こんなにも私の気持ちが分からないなら)
ハヌンスオプジムォ ネガゴベゲ(仕方ないわ私が告白するわ)


ナムジュのセカンドコーラスの歌詞はユギョンちゃんと同じなんですが、ネガゴベゲ~~エ とトーンが上がります。
ユギョンちゃんのそれも良いのですがナムジュの伸びる声は気持ち良く響きます。


NamJoo_05
It Girl
この曲もナムジュパートがとても好きです

パッチャク パンッチャク ピンナヌン(キラキラ輝く)
ネガ プックロプチ アンケ(私が恥ずかしくないように)
モリブト パルッカジ(頭からつま先まで)
You have to change the your style


ロンママの「あぷろが!」も大大大好きですが、今回はナムジュ専用エントリーですので・・・

yeah yeah yeah oh!で自らジャンプするシーンが可愛らしい


NamJoo_06
過去PANCOAT の衣装には思わず暴言を吐いてしまった事もありますが、このパフォーマンスはピカイチです!
とにかくナムジュが可愛い
仕草や表情はメンバーそれぞれに魅力的ですが、ナムジュの笑顔レベルが高いこと(笑)


NamJoo_07
MY MY
もはや説明不要(?)の代表曲で、恐らく一番目にした回数が多い曲なんじゃないかと思います。
MVは姫の片思いストーリーが中心ですがステージではまた違う雰囲気でナムジュのパートもバッチリです。

ナンチョンマル サライ(私は本当に愛が)
オットン ゴンジ モルゲッソ(どういうものか分からない)


特にこの時の指ではぁとマークを描く彼女の振り付けがもう、もう・・・


NamJoo_08
しかもこの曲でMCountdown 1位を獲得!
APink はメンバー揃って涙もろいので有名(?)かどうかは別にして、1位決定直後のナムジュ号泣シーン
今度は地上波1位を獲りに行くのでその時は・・・みんなで笑顔で


NamJoo_09
4月19日
デビューした日をそのままタイトルに、しかもファンのためにロンママが作詞をしたコンサートでは定番となる予定の1曲。

なんとカムバックした彼女はセミロングの髪を・・・ユギョンちゃんと同時期にショートにして少し大人っぽく変身したナムジュでした。

My love ットシジャギヤ(My love また始まるよ)
ウリガハンッケハルシガン(私たちが共にする時間)
イジェドボヨジュルケ(これからも見せてあげる)
バドゥンサランボダド(受け取った愛よりもっと)


もしコンサートで披露するのならラストの1曲前などどうでしょうか、観客席では感動して涙しながら聴き入るパンダの姿が・・・shusenjin(私)もそこに居たい・・・


NamJoo_10
HUSH
アップテンポでモラヨからの路線を少し変えてきた印象の曲ですが、これはこれで良いと思います。
衣装もふくろう柄(上から2番目と4番目)とか良いですね新鮮で(笑)

ホクシラド ナルモラポカバァ(もしかしたら私を知らないかと思って)
ネマムリロケスムギゴイッヌンデ(私は気持ちをこうやって隠している)

↑ 1stコーラスのメロディとナムジュの歌う歌詞も良いのですが、

ホクシラド ノルマジュチンダミョン(もしあなたに出会ったら)
ドラソソアムマルモタルテンデ(背中を向けて何も言えないのに)

↑ 2ndコーラスの「ドラソソアムマ・・・」のところはお気に入りです。
ドラソソのソソが特に!

イロケコメソラド ハムケラミョン(こうやって夢でも一緒なら私嬉しい)
画像の3番目でこの曲唯一のバラード調のパートをナムジュが魅せます

もうこの曲だったら盛り上がり必至です(笑)是非コンサートのオープニングをHUSHで!!


NamJoo_11
BUBIBU
曲名の意味すら不明なshusenjin(私)推しまくりの最新曲(2013年4月現在)です。
推しポイントの中でも右上の年下組4人で先頭に立つシーンと、左下の7人縦列の先頭で愛嬌を振りまくシーンは最高レベル。

チョンチョニ ノエトゥボレBUBIBU(ゆっくり君の両頬にBUBIBU)
ニソン ッコッチャッゴBUBIBU(私の手をぎゅっと握ってBUBIBU)
ノマンボミョンナヌンカンジロ(君を見るだけでくすぐったいの)
クデルボミョンナヌンルルルラルラ(君を見ると私はルルララ)


デビューして2周年を迎えましたが、この曲に至るまで初期コンセプトをキープしているのはとても嬉しいです。

そして最近めきめきと魅力を拡散しているナムジュ嬢

3年目の活動でスーパーナムジュに進化するのでは?とshusenjin(私)注目のメンバー。
彼女の大きな魅力の1つは親しみやすさであり、笑顔の彼女は直ぐに受け入れられるキャラクターだと思っています。
これから海外活動にも力を入れると思いますが、こんな時にも母国語に中国語、さらには日本語も習得しトライリンガルを目指す彼女に注目が集まりそうです。


あれ?
ナムジュのお祝いメッセージとしてエントリーしたはずが曲紹介のようになってしまっています
画像は厳選してキャプチャしましたが文章がこれでは・・・
このブログもAPink と共に成長していけるといいのですが・・・そんな思いを込めて彼女達を追いかけます!!

ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

祝 ナムジュ嬢の誕生日

今日はAPink の元気印、自称「疲れないエナジャイザー」ナムジュ嬢の誕生日ですね

せっかくの記念日なので準備万端でエントリーに望むつもりでしたが、なんだかんだと止むを得ない事情で・・・PCに向かえませんでした。

今回は「おめでとう」だけを伝えるため、iPhoneからお祝いします。

ナムジュ_1
ナムジュ おめでとう

最近は彼女に魅了される事もしばしば(笑)
さらに素敵な女性になっていきますね。

彼女へのお祝いエントリーはまだ続きます。

ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

Guiyomi@APink in HK

年が明けAPink の面々は「AIA K-POP 2013 Live in HK」のステージに立っています。
イベントとしてはBEAST、4Minute の先輩グループとの共演になりますが、ミニコンサート並みのセットリストとMCの時間をもらってマイクパフォーマンスをしたり。
将来の目標である単独コンサート開催ともなれば観客との「一体感」も大事なスキルになるのでどんどん経験値を上げて行ってもらいたいものです。

このイベントの終了後には熱心なFancamさん達が続々と動画をアップしてくれています。
その中で正面かつ近距離で現地の感動を伝えてくれた動画をお借りしたいと思います。
Youyube:nono200731さんより
APink(130105)@AIA IN HK_1
APink(130105)@AIA IN HK
衣装は昨年12月29日「2012歌謡大典」で着たピンクのタイトミニです
「BUBIBU」も歌ったり・・・



APink(130105)@AIA IN HK_2
「HUSH」も歌ったり・・・ちなみにセットリストはこの6曲+MCタイム
①I Don't Know
②It Girl
③MY MY
④Like A Dream
⑤BUBIBU
⑥HUSH


さて今回注目したいのはMCで披露したウンジとナムジュのGuiyomi(グィヨミ)です!
検索してみると色んな芸能人の動画がありますがAPink モノはこれが初かもしれません。
APink(130105)@AIA IN HK_3
いわゆる手遊びで1から順に「1と1で(1+1=)・・・」に合わせて”愛嬌”っぷりを披露するもののようです。
初めはウンジが挑戦しますが5(オー)で恥ずかしさのあまりあえなく終了・・・かなり照れています

こちらは少し離れた席からですがバックの巨大スクリーンを撮影したFancamさんの動画です。
Youtube:forGENUINE さん
APink(130105)@AIA IN HK_11
ウンジの1、2、3、4!
なかなかキュートです



APink(130105)@AIA IN HK_12
ウンジの5、これほど照れるウンジは貴重はショットではないかと・・・


APink(130105)@AIA IN HK_13
よく頑張りました


今度はナムジュ
一番度胸がありそうなウンジを以ってしても困難なミッションに挑戦します。

APink(130105)@AIA IN HK_4
右端で控えていた彼女ですが「キム・ナムジュ」コールが掛かるとやる気満々でセンターに立ちます。


せーのっ!
APink(130105)@AIA IN HK_5
1(イル)、2(イー)、3(サム)、4(サー)、5(オー)と、難なくクリア。
隣で姫が苦笑しようとも、マイクを持つチョロンが顔を伏せてしまってもナムジュは決して止まりません!!
会場内からは(悲鳴のような)歓喜の声が上がり次第に熱くなって行きます(笑)



APink(130105)@AIA IN HK_6
6(ユク)は6本の指にKISSしながら最後の右親指で客席に投げKISS
チョロンはもはや直視できないほど受けてます(なぜか彼女が照れてます)。


APink(130105)@AIA IN HK_7
7(チル)は右手の2本指で鼻の下を触って左の掌に何か書いているみたいです。


APink(130105)@AIA IN HK_8
8(パル)はタメを作って特大投げKISS
とうとうマイク係のチョロンはギブアップしてその場を離脱してしまいます。


APink(130105)@AIA IN HK_9
9(クー)、10(シプ)はマイク無しでミッション完遂します(笑)


ん~どうもキャプチャと表現力の乏しい文章だけでは伝わりにくいかも・・・
この際なのでリンクも貼らせてもらいます。
Youtube:130105 APINK AIA IN HK CUTE DANCE! 귀요미 (HD FANCAM)
Youtube:130105 cute APINK Guiyomi Eunji & Namjoo

APink(130105)@AIA IN HK_10
他のメンバーが見守る中で多少暴走しているかと思いましたが、会場からの大歓声に満足そうなナムジュです。
最後は会場に向けて「Thank you
彼女は「ファンも楽しい」し「自分達も楽しい」と言う雰囲気を作り会場を盛り上げる事ができましたね。
こう言うキャラクターは貴重ですしAPink の中での役割みたいなものが出来てきそうです。
それに最近のナムジュは何か違います・・・次第に頭角を現してスーパー・ナムジュに変身するのかも知れません。

彼女に限った事ではありませんが成長し続けるAPink
コンサートも成功裏に終わったようですが次の予定はどうなっているのでしょうか?
いつになるのかも分からないカムバックへの期待も大きくなるばかりです。
APink 情報お待ちしております!

ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

Namjooの帰還ステージ(嬉)

2012年最後のエントリーは久しぶりのステージ動画のキャプチャです。
何と言っても嬉しいのは、
ナムジュ復活+7人フルのステージであること!!
ではさっそくいってみます。

APink(121229)HUSH@Gayo Daejun Live_1
APink(121229)HUSH@Gayo Daejun Live
今回のステージはSBS「2012歌謡大典」・・・年末の歌謡特番ってことですね。
そして動画を見てのトピックは次の3つ
①ウンジ シェイプアップ!
②HUSH 新しい衣装と振付!!
③ナムジュ ステージ復活!!!


APink(121229)HUSH@Gayo Daejun Live_2
今回のステージで歌うのはHUSHです。
さらに嬉しいのはスペシャルバージョンでの登場で、振り付けも少し変わっているサービス振り。

曲のスタートはウンジのサビパートからですが・・・彼女のスッキリした姿はどうでしょう!
公演中のミュージカルで歌い踊るうちに変身してしまったウンジ
カッコいいですね

APink(121229)HUSH@Gayo Daejun Live_3
前奏部分ではチョロンセンターでシンメトリに展開していく新しい振付でこれがまたとてもキュートです
そこで今回はここのパフォーマンスを観るためにリンクを貼らせてもらいます。(少しばかり音ずれしていますが・・・)
→ 121229 A-Pink - HUSH @ SBS Gayo Daejun 2012


APink(121229)HUSH@Gayo Daejun Live_5
衣装はごらんの通りのピンクのタイトミニでちょっと心配です
パターンはチョロンとウンジの半袖、ユギョンちゃんとハヨンのひらひら袖、ボミ、姫、ナムジュの袖なしと3種類が確認できますがshusenjin(私)の好みはひらひら袖でしょうか
もちろん肩を出してのミニスカートも、デパガ(古い?)っぽい半袖も好きですけど(笑)


APink(121229)HUSH@Gayo Daejun Live_4
そして久しぶりのナムジュが非常に魅力的です


APink(121229)HUSH@Gayo Daejun Live_6
何だか強力な目力を手に入れて戻ってきたみたいです!


APink(121229)HUSH@Gayo Daejun Live_7
かなりイケているナムジュ
年明け早々の1月3日にはBEASTヒョンスン君とウンジとナムジュの3人で新曲を発売するとか・・・
タイトルは「일년전에(一年前に)」だそうですが、来年の活躍を期待したいところです


APink(121229)HUSH@Gayo Daejun Live_8
着実に実力もキャリアも魅力も増しているAPink

今年になって初のブログ開設を果たしたshusenjin(私)ですが、不定期な更新や創作や妄想にあふれた内容にもかかわらず見に来て下さった方々のおかげで5か月余り続ける事ができました!
来年もAPink をもっと応援するという目的と共に彼女達のさらなる飛躍を祈っています!!

ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

まだ6人のAPink ・・・ナムジュカムバック!

前回までデビュー前のAPink News を観てあれこれ書きましたが、今回は現在進行形のお話です。
カムバックが噂されてから今か!今か!と続報を待つshisenjin(私)をよそにコンスタントなLIVEステージをこなしているAPink ですが、最近ちょっと気になる事があって。
お気付きの方もいると思いますが、「ナムジュがいない」のです!
聞くところによると11月9日の「論山(ノンサン)ドリームコンサート」の時から姿が見えないようで、ファンカフェでも彼女を心配する書き込みが上がっていました。
油断をして風邪をひいたshusenjin(私)と同じで彼女も治癒に専念しているのかと、心配する気持ちを小さくしようと勝手な想像をしています。

I don't know+HUSH+BUBIBU(121118)_1
source:cyidra.tistory.com さんからお借りしてます。
I don't know+HUSH+BUBIBU@ドンパフェスティバル(121118)

今回のステージもちょっと変わっていて、オンラインゲーム大国ならではのイベントステージのようです。
ゲームについてはよく分からないのですが、「ドンゾンエンパイト」というゲームがあるそうで、そのユーザーが対象で開催される「お祭り」なんだそうです。
なので略称「ドンパフェスティバル」(笑)


曲順は分かりませんが多分こんな感じかなと。
I don't know+HUSH+BUBIBU(121118)_2
初めはやはり「モラヨ」でお願いします
このところ6人でのステージが何度かありましたがAPink の「元気子供」、「疲れないエナジャイザー」の代わり名を持つナムジュがいないステージは考えられません・・・
ステージに立てないナムジュの分までみんなで盛り上げましょう!


I don't know+HUSH+BUBIBU(121118)_3
最近めっぽう多くなった白の衣装
同じデザインがない衣装ですが、ただ1つ共通のリボンのベルトがポイント。
個人的に気に入っているのですが、これからの季節には多少肌寒いかと・・・ノースリーブにそのスカート丈では冬は越せませんよ!
くれぐれも真冬の屋外ステージで使用しませんように・・・
ナムジュのいない「モラヨ」はどうなるのかと思いましたがナムジュパートはユギョンちゃんがフォロー。
本来のユギョンちゃんパート(1st Chorus)は、
「はぬんす おぷじも ねが こべけ!」
ですが、ナムジュパート(2nd Chorus)になると、
「はぬんす おぷじも ねが こべけ~~っ!」
と微妙に違いますがユギョンちゃんの歌声で聴けたのは良かった。


I don't know+HUSH+BUBIBU(121118)_4
モラヨの終了はチョウチョを作った手を胸に置いて決めポーズなのですが、音響さんがやらかしました!
まさに決めの直前にエンディングがストップ!さすがの彼女達も笑うしかありません(笑)
そんな中、ハヨンは決めポーズへの思いが強いのか、1人でファンに向かってチョウチョを作っていたのが印象的でした。
「そんなマンネの不思議な行動はとても好きです


I don't know+HUSH+BUBIBU(121118)_5
次の曲は「HUSH」が良いと思います。
ナムジュパートは誰が?と思いましたが「HUSH」はボミがフォローしています。
ナムジュの歌い方より抑揚があるので違いはありますが雰囲気は似ているように感じました。
ところでボミと言えばダンス! APink のダンス指南ですのでステージ上のキレ具合には惚れてしまいます。
MVでは違和感がないのにLIVEとなると激変する彼女のダンスは圧倒的です


I don't know+HUSH+BUBIBU(121118)_6
まさに三者三様
熱唱中のウンジ  ドッシリ構えて迫力の歌声を聞かせます。
笑顔のチョロン  ダンスパートは観客に向けて魅力拡散中です。
超集中のボミ  ファンサービスもスゴイですが、集中している時は自分の世界の中にいるようです(笑)
ダンスが好きだからこそのパフォーマンス。なによりボミは腰の入り方が違います!
APink の単独LIVEが実現した時のステージでは「ボミのダンスパフォーマンス」をお願いしたい・・・是非。


I don't know+HUSH+BUBIBU(121118)_7
最後は「BUBIBU」で・・・
shusenjin(私)推しのポイントの1つである、年上組と年下組に分かれるシーンのナムジュパートはユギョンちゃんのフォロー。
「いろんなる おっとけよ oh oh 」
歌詞も可愛いですがココは各メンバーのポーズに注目、特に姫+ハヨンの大きなハートと、ナムジュ+ユギョンちゃんの投げKISS


I don't know+HUSH+BUBIBU(121118)_8
最後のサビにつなぐナムジュパートはボミがフォローし、自分のパートまで歌い切ります。
ナムジュセンターの扇が開くパートもお気に入りの推しポイントですが、もしやカットされるのでは?との心配をよそにちゃんと6人のAPink はやってくれました。

しかもボミは歌いだしのナムジュパートで髪をかき上げるナムジュの仕草まで真似ているのに感心しつつ、メンバー思いの表れなのかと勝手に想像してはほっこりしています(笑)

I don't know+HUSH+BUBIBU(121118)_9
最近のLIVEステージではパフォーマンスに余裕も出てきたか、会場へのファンサービスも多くなってきたと思います。
それぞれ微笑んだり手を振ったりしますが、ハヨンは特に手を振ったり、ウインクしてみたりとまめに小技を繰り出しています


I don't know+HUSH+BUBIBU(121118)_10

しばらく元気の無い姿も感じていましたが、ココ最近に来て笑顔復活です。
ドラマに出演している姫はAPink のソン・ナウンとは違う姿を見せてくれています。
しょっちゅう怪我をしてしまう姫が心配なので張り切り過ぎずマイペースで行きましょう!


I don't know+HUSH+BUBIBU(121118)_11
ほらほら!スカートの裾が・・・
いつもの決めポーズのはずがキャプチャしたらこんなシーンでスミマセン。


I don't know+HUSH+BUBIBU(121118)_12
最後はハートを背にしたボミ
ナムジュのいない空間をユギョンちゃんと埋めてくれました。
今回はボミの存在がとても大きく感じ、ますます注目している事に気づくshusenjin(私)でした。
ありがとう、ユン・ボミ  前にも書きましたが、あなたの魅力に吸い込まれそうです(笑)
前に吸い込まれそうになった事は  こちら

カムバックを控え準備に余念のない(と思われる)APink ですが、今の状況では「ナムジュのカムバック」を第一に願っています。

ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。