スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

再び国際フォーラムへ!

APinkが日本で初挑戦しているのがライブツアー、本国で「Remember」の活動を終え名古屋を皮切りに4公演を終えて今日は東京開催。

APink 1st LIVE TOUR ~PINK SEASON~

約8ヶ月前にはファンミーティングをした会場で今度はライブステージ…日本での活動が加速している事を実感します。



shusenjin(私)は今日が唯一の参戦なのでこの日のために名古屋公演以降はネタバレ情報に注意してきましたが…それも今日でやっと解禁。
日本でコンサートをするために多くの楽曲を日本語で歌っているそうですが今後の事を心配するより今は目の前のステージだけに集中しないといけません(笑)

ペンライト、Tシャツ、マフラータオルの3点セットを装備したピンクパンダ、彼女達と同じ衣装でAPinkのメンバーになりきるピンクパンダ、今日初めてAPinkを見ることになるピンクパンダ・・・APinkを好きになり今日国際フォーラムに、各地の映画館に集まるピンクパンダの応援が彼女達を一層輝かせることは間違いありません。
素敵なパフォーマンスに魅せられたパンダの声がステージ上の彼女達の笑顔につながる・・・
そんな暖かいライブになると嬉しいなぁ・・・
そんな期待を胸に再び国際フォーラムへ行ってきます(笑)

- 特報 -
これまでイベントのたびにブログを応援してくれている方や一緒にAPinkを応援するピンクパンダの方々へお土産をお渡ししていましたが今回も少量ながら準備しました(いや、未だに準備中・・・)。
既にshusenjin(私)の外見をご存知の方もそうでない方も、ピンクパンダとわかったらGAPの紙袋から何かをお渡しするのでどうか貰ってください。

ではまた。
スポンサーサイト


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

お嬢の微笑み返し

お祝いの言葉を贈った翌日のこと・・・

맛있게 먹은만큼 힘내서 열심히 연습할게요!
행복한 생일 보냈습니다^^
축하해주신 모든분들께 감사드립니다


お礼の言葉をツイッターで見た時に久しぶりにお嬢の存在を実感し安堵の気持ちでいっぱいになりました。
「お祝いしてくださったすべての方々に感謝いたします」
いかにもホン・ユギョンらしいスマートな言葉ですが彼女の夢に向かって頑張っている姿が想像できるようなツイート。

ブログとツイッターでバースデーメッセージを贈ってはいるけれど果たして本人に届いているだろうか・・・
そんな事を思いながら「お祝いした人」に自分も含まれているだろうと思い込みその嬉しさに浸りました(笑)


表情はどんどん大人っぽくなってきますが、穏やかで優しい笑顔は少しも変わっていません。
デビュー当時と同じくらいに伸ばした髪もよく似合っています(笑)

1年に数回しかつぶやかないツイッターアカウントに112,000人のフォロワーがいて彼女の事を見守っています。
普通(じゃないかも知れませんが)の大学生がツイートしたら1,000人がリツイートするほど将来を期待しています。

それを知っている彼女からの返事は・・・
どんな言葉よりも素敵な微笑み返しでした。



ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

生誕リレー2015 お嬢に愛を!

1st LIVE TOURの大阪の陣も無事に終了し次はいよいよshusenjin(私)の唯一参戦する国際フォーラムです。
ですがその前にアップしなければならない事・・・それは生誕リレー2015の最終ランナーを務める彼女へのお祝い。

Happy Birthday Hong YuKyung

ウィキペディアでは「元メンバー」となっていますがこのブログの中では今も変わらない7Pinkメンバー、お嬢がいるからAPinkを応援するようになり彼女が歌うBUBIBUのファーストコーラスに魅せられ、そして何よりこのブログを始めるきっかけをくれた存在・・・

Dear boy , Your my angel
Let me show you a better day


6人とは違う道を歩み始めてから2年経ち・・・
普通の大学生となってからは彼女の情報はほとんどなく更新されないツイッターアカウントを見るのは寂しい限りですが、今もあの時と変わらない気持ちで夢追うホン・ユギョンを応援しています。
そして毎年この日になるとツイートされるハッシュタグに同じユギョンペンからのメッセージに独り胸アツになるのです!
そんなMilkの文字を見ると何故かグッと来てしまうハッシュタグはこちら(笑)
#MilkYookyungDay

月並みで毎年同じ言葉しか贈ることができませんが、この1年がお嬢の成長のための時間であり彼女の夢へ道標となることを願っています。
お嬢への愛を叫ぶと同時に6人とともに彼女を応援する気持ちはこの先も変わる事無く・・・

今日は久しぶりに観ました 7人揃ったパフォーマンス、お嬢の声、会場からの声援、いろいろ素晴らしいBUBIBUステージ
sauce : YouTube ChannelK101

HD | LIVE 121006 A-Pink - Bubibu @ MBC Korea Drama Awards


ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

生誕リレー2015 ウンジの故郷で

決して忘れていたのではなくお祝いのタイミングを外してしまったウンジの誕生日、本人が知ったらさぞガッカリするだろうなと(勝手に妄想して)反省しています。
そろそろ1ヶ月が過ぎようとしていますがこのまま生誕リレーを止める事はできないので気持ちだけでも8月18日にさかのぼって書いています。

Happy Birthday Jeong EunJi ♡


本来であればアップするエントリーは 「PINK ISLAND」とか「1st LIVE TOUR」をテーマに書くべきなのですが、ピンアイはお留守番組だしツアーは有楽町一本勝負だし・・・そんな更新意欲が低下したshusenjin(私)がここに戻ってこれたキッカケは韓国第2の都市「釜山」を体験した事でした。

ウンジと言えば釜山♡
釜山と言えばウンジ・・・はちょっとオーバーかも(笑)



9月に入り思い立ったように韓国へ、そしてソウルからKTXに乗ること2時間半・・・
書いてしまえば1行ですが実際乗ってみるとなかなかの長距離、当時高校生だったウンジがソウルへ通った事を思いながら「歌手になる事への気持ちがどれほど強かったのか」などと考えたり(笑)

釜山に降り立ち最初に迎えてくれたのはソウルとは違う澄んだ空気と真夏の太陽、人と車でごった返す首都とは違い時間がゆっくり流れているような地方都市ですが、今回APinkもウンジもいないのに釜山まで来た理由・・・



KBS 開かれた音楽会 in 釜山
本来はソウルでの収録みたいですが地方で大掛かりなステージを組めるのもKBSならでは・・・できればAPinkメインボーカルが凱旋する姿を見たいと思いましたが、それはこれからの活動の中で実現していくことになるのでしょう。
よくウンジの魅力のひとつに釜山なまりが挙げられますが、韓国語を理解していないshusenjin(私)には何の事やら(笑)
しかし今回開かれた音楽会に参加してみて、周囲で話す(特に約8割を占めるお母さん世代の)釜山弁とソウルで聞く標準語では印象が違って釜山のお母さんたちの大きな笑い声にも愛嬌があるように感じました。
4時間並んでゲットした6列目の席は前後左右にお母さん達、言葉の壁があるのかと思うほど親切で席を空けるから詰めて良いとか、「キムパプ食べなさい(と言っていたハズ)」と海苔巻きをごちそうになったり、歌が始まればノリノリで体を揺らして大きな声で声援を送ったり。
こんな時もウンジがオーバーラップしてくるのは彼女の大らかでほのぼのとした存在があるから、アイドルグループとして頂点にも手が届く勢いであっても本質は釜山の生んだチョン・ウンジなのだと思うのでした。




今度は凱旋ステージになって欲しい!
そしてその時はAPinkのため、ウンジのために再び来たいと思った釜山の旅でした。

今回は生誕リレーと言いながらも釜山ツアーになってしまいましたが、この地でウンジの存在を感じることができたのはとても嬉しい事でしたし彼女が生まれ育った故郷に来たことでより親近感がアップした事は間違いありません。
グループとして大成したAPinkですが、個人活動も含め新たな目標も出てくる頃かと思うのでより一層の活躍を願うばかり・・・その中でもグループきっての個人技の持ち主ウンジには様々なチャンスが訪れるハズ。
この1年もウンジの思う理想に向かって頑張ってほしいです!


最後は釜山に来たら食すると決めてたテジクッパ(笑)
日本の豚骨スープよりクセがなく名物料理と言われるだけの事はありました。
ここでもお店のお母さんが食べ方の指導からご飯のおかわりまでサービスしてくれました。


また食べに行きたいなぁ・・・


ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。

生誕リレー2015 変わらないユン・ボミへ

月をまたいでしまったハヨン誕エントリーに続きAPink生誕リレーは5人目にバトンタッチ、今回は永遠の輝き「スパークリング・ボミ」の登場です
何と言っても8月は93Lineが5日違いで誕生したお祝い続きのAPink、ほらほら今日はもう歌姫の誕生日・・・(笑)
と言う事で記念日はちゃんとお祝いしたいと誓ったshusenjin(私)がお贈りする遅過ぎるボミ誕エントリーです
チョン・ウンジさん、Birthday Message が少しだけ遅れる事をお許しください

Happy Birthday Yoon BoMi  Bomi_1
いったいどうしたのでしょう
ピンクに染まった彼女を見て、「APinkだから」などと冗談を言う事もできないくらいの衝撃を受けましたが、不思議だったのはこれだけの変化があっても普段敏感なパンダ達の間であまり騒がれなかった事。
次第にオトナになって行くAPinkにあわせてパンダも彼女達の変化に寛容になって来たのか、それとも「愛」の名の下に彼女達の全てを受け入れる事が当たり前になったのか・・・(笑)
今やAPinkにとってユン・ボミの存在はボーカルやダンサーだけでなく、グループの方向性やカラーを表現するパフォーマーとしての存在が大きいと感じます。


Bomi_2
話は韓国で見た「Remember」の事前収録に遡りますが、APinkの収録前には数組のグループが収録を行っていてそれぞれ3回、4回とパフォーマンスを繰り返す中でお目当ての「Remember」は2回でOKが出て(無事に)終了・・・
参加しているファンとしては何度でも歌って欲しいところですがプロフェッショナルの彼女達にしてみれば少ない回数で最高の姿を見せる事が本分なので惜しむべきか喜ぶべきか(笑)
そんな中で収録が終わるまでパフォーマンスに集中していたボミはいつも見ている画面には見えないオーラを纏っているように感じ、またデビューから変わらない楽曲をリードしていくポテンシャルに「髪がピンクでも」「カラコン装着していても」、
「あぁ、彼女は変わっていない・・・ボミはボミなんだ。」
と改めて彼女の、APinkの奥深さを知ったのでした。


Bomi_4
走り続けるAPinkの先頭には彼女がいる・・・これからも 


Bomi_3
ふと気が付けば日付が変わり8月18日になっていました 
本来ならばウンジの生誕を祝うところですがようやくボミ誕を祝うエントリーをアップする事を反省し、最後は勢いを持って突き進むAPinkの次のステージ「Pink Island」の成功を願い、またこの1年でユン・ボミがさらなる進化を見せてくれる事を期待して


そして・・・
歌姫ことチョン・ウンジお誕生日おめでとう 
生誕エントリーは近日アップ・・・の予定です。


ではまた。


twitterではブログの更新をつぶやいています。







APinkが気になるパンダのみなさま
励ましのコメントをお待ちしています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。